集団ストーカー・・・・気付かない弾圧

集団ストーカー活動を行っている「ある圧力団体」の告発。独裁を目指すために批判する者は口封じ・・裁判員も狙われています。

「集団ストーカー」は「マインドコントロール」が始まり

2010-07-01 12:20:52 | Weblog


■ 株主総会集中日
 
  6月の月末近くになると、株主総会が集中します。
  多くの上場企業の経営者は、対応に苦慮するといいます。

  本来であれば、株主から資金を集め、その資金をどのように運用したのか
  その運用の結果は、どうであったのか、今後の問題点、経営の方針は・・・・

  その内容を説明すべきものにもかかわらず、
  説明責任を果たそうとしない経営者が多いという話もききます。

  まともな経営者であれば、襟を正し、真摯に経営を行いっているはずですから、
  問題など出るはずがない・・・というのが建前なのですが、
  現実には、そうとばかりは、いえないようです。

  とくに、「株主に隠しておかなければならない事実」がある場合に・・・・


■ ある噂

  ある企業があります。とんでもない噂を聞きました。

  「脅された」という話をでっち上げたというのです。
  ことの経緯はこうです。

  株主総会で、株主から質問されました。
  ところが、その企業のトップは、その質問に対して、まともな回答ができなかった。
  そのほかの経営者の手前でしょうか・・・

  自らの経営能力がいたらないことを恥じるのではなく、
  総会で質問をしたものが、その企業を脅したと警察に訴えた・・・・

  そういう噂が流れました。

  この噂には、もう少し詳しい話がついています。
  質問されたが、答えることができない。。。。。一般的な質問であったといいます。
  しかし、警察には、「脅された」という話にした。

  
  かりに、この噂が本当だとすると、これは、あまりにもひどい。。。。
  「自分に都合が悪い者」を公権力を使って、社会的に排除しようとした。

  このブログの読者の方も、同じような感想をもつと思います。

  これでは、まるで、「水戸黄門」に出てくる悪徳商人とおなじ。
  「お代官様。あいつが悪いのです。あいつに脅されたからこうなったのです・・・・」


  構図はおなじ。
  権力を利用して、自らの身を守ろうとする。。。。。
  犯罪者は、「悪徳商人」なのですが、その力を利用して、自分が正しいと言い張る。
  そして、正しいものを犯罪者扱いし、「悪徳商人」が何をしたのか、闇から闇・・・・・
  
 
  こういう「悪徳商人」となんらかわらない。この企業経営トップは・・・・
  あまりにもひどい話だから、噂が流れ出したでしょうね。


■ でっちあげの犯罪と盗聴法

  しかし、この話、ただの噂話として聞き流すことができない側面があります。

  
  「犯罪者に仕立て上げれば、公権力をつかい合法的に盗聴することができる。。。。」 

  「盗聴法」は、その内容から、特殊な事例に適応することを想定しています。
  麻薬犯罪、やくざがらみの組織犯罪、組織的テロ・・・・

  組織犯罪であることが必要なのですが・・・・・

  先にあげた、「噂」を拡大解釈していきますと、「合法的」に「盗聴」することが可能です。
  
  「あれだれの会社を脅したというのであれば、一人ではできないはずだ。」
  「組織犯罪だから、盗聴法で対処しろ。」

  政治家が、圧力をかけて、そのでっち上げの話を実際の話に仕立て上げる。

  都合が悪いものの通信、電話、携帯電話、メールのやり取り、車での移動・・・・・
  などから、ターゲットとなったものが誰と接触し、何を話しているのかを
  合法的に掴むことができます。
  
  その情報を基にして、接触先に「圧力」をかけることもできますし、
  行動を監視して、言いがかりをつけることができます。

  「盗聴法」がいかに、危険な法律であるかお分かりいただけると思います。
  「自分の都合の悪いもの」を排除するために、犯罪をでっち上げて、盗聴するのですから。


  そのような「盗聴」を放置してもいいのでしょうか・・・・
  「悪徳商人」が、自らの犯罪を隠す目的のために、でっち上げた「嘘」です。
  それを可能にしてしまったら、大変なことになります。。。。。

  しかし、この話・・・・ただ単なる架空の話と済ませることは出ないかも・・・・


  「何もしていない国民」に対して「盗聴」が可能になる・・・という法律が存在している。
    

■ 奇妙な共通点

  話のポイントを見てみますと、「圧力団体」の活動と奇妙に一致します。
  「でっち上げの犯罪」を作り上げ、自らの利益を公権力によって守ろうとする。
  
  共通の手口です。

  犯罪のでっち上げ ⇒ 犯罪者だと噂を流す ⇒ 社会的排除 
  という構図は、「圧力団体」得意(特異??)の構図。。。。。
  
  どんな嘘でも相手が信じれば、いいんだ。
  「嘘」が、ばれたら仕方がない。。。。

  という考え方で、「圧力団体」を批判する人間を排除しようというのですから、
  まったくおなじといっていい。
 
  「でっちあげの話」を警察に通報して、警察を動かす・・・・
  これは、明らかに犯罪・・・・


■ 取り締まらなければならないもの
   
  そのように考えると、取り締まるべきは、「反社会的活動」を陰で行っている
  「圧力団体」そのもの・・・ということができると思うのです。

  「なぜ、そう考えるのか。。。。」ということを明確にしておきましょう。
  
  ---------------------------------
  マインドコントロールを施し、そのコントロールを利用しながら、
  「反社会的活動」を行っている「団体」だから
  ---------------------------------

  日本では、反社会的活動をする団体は、取締りの対象です。
  当然といえば、当然・・・・・
  日本国民は、安心して暮らすことができる権利がある。


■ 「圧力団体」と「マインドコントロール」

  「圧力団体」では、マインドコントロールしていることがわかっています。
  
  「マインドコントロール」するとき
 
  ・自分たちは、特別な人間である。
  ・自分たちの活動に誤りはない。
  ・日本の法律が間違っているから、自分たちは、間違えたように考えられて
   しまうが、本当は、日本の法律が間違っている

  と刷り込むのです。
    ※ 正しい答えは、「圧力団体」組織の上の地位のものが持っているということも
      刷り込んでいきます。

  と同時に、周りの日本人は、間違っているのだから、「圧力団体」の批判を許すな
  ということも刷り込む。

  
  私が、いままで、事実として訴えてきた、数々の人権犯罪を思い出してください。

  でなければ、「圧力団体」にとって都合が悪い人間は、
  ・万引き犯に仕立て上げたり、
  ・窃盗の容疑者に仕立て上げる。

  ・何を聞いても信用するな。 
  ・口をきくな、しゃべるな。
   
  などと、でっち上げの噂をばら撒いたり、社会的排除を目的として「圧力」をかける。

  しかも「圧力団体」の利益にそわなければ、「集団ストーキング」を繰り返す。。。。
  これは、「社会的行為」でしょうか・・・・「反社会的行為」でしょうか」・・・・

  一目瞭然です。


■ マインドコントロール

  話が横道にそれますが、簡単に「マインドコントロール」について説明します。
  「圧力団体」がマインドコントロールを巧みに使い「反社会的活動」を行っているので、
  「マインドコントロール」の特徴について説明する必要がありそうです。


  マインドコントロールは、もじどおり、心をコントロールすることです。
  本人に、気がつかないように、
   ・自分では、物事を考えられないように仕組み
   ・「圧力団体」にとって都合がいい考え方を刷り込んでいきます。

  その結果
 
  ・物事を自分で判断することができない。上のものの指示どおりに動こうとする。
   しかも、「より過激に活動」しようとする
   ⇒そのほうが、「圧力団体」内部での評価が高い

   人間が出来上がります。


   なによりも恐れることは、「真実」の姿・・・・
  「情報の遮断」が至上命題に浮上する。   

 
  詳しいことは、また、別の機会にまとめて説明します。今回は、手順を簡単に説明することに
  します。

  ・アルバイト先、サークルなどで、面倒をみた不利をして、
   自分のいうことを聞きそうな人間をピックアップする。
  ・その被害候補者を、圧力団体構成員の仲間に紹介する。
  ・その後、圧力団体の集まりがあるがこないかと誘い、入会させる。
  
  というステップのあとから、本格的なマインドコントロールを施しはじめます。


  ◆ 対象者がいままでもっていた、価値基準、判断基準を壊しにかかる。
  
     数人で取り囲んで、対象者の考え方を徹底的に批判する。
     「圧力団体」の考え方以外にはふれさせない。
     自分で考えたり、判断てきないようにしていく

     対象者は、それまで自分の行動を決める判断基準であった「社会通念」「価値基準」
     を徹底的に批判されるため、それまでもっていた「判断基準」が壊される。
  
     自分で意思決定できなくなっていく。考えることができなくなる。
     自分でかんがえることができないように、「圧力団体」批判の情報はすべて遮断する。


  ◆ 壊すと同時に、
    ・「圧力団体構成員」は特別な人間、優れた人間
    ・特別な人間だから、他の日本人より優れている。
    ・優れた人間の集まりである「圧力団体」の考え方は、間違いがない。
    ・「圧力団体」を批判するものは、考え方が間違えているからだ。
    ・日本の法律以上に、「圧力団体」の考え方は正しい。
    ・正しい答えは、「圧力団体」の組織の上のものだけが知っている。

    という「選民思想」の考え方を刷り込む。

  ◆ 「圧力団体」に都合がいい考え方を刷り込む
    ・「圧力団体構成員」は何をやってもまちがいがいない。
    ・正しい答えを知っている「圧力団体」の上のものの指示に従うことがよいことだ。
    ・どんな嘘をついても、相手を説得することが、正しい考え方だ。
    ・間違えているのは日本の法律であり、他の日本人の考え方。
    ・自分たちに間違いがないのだから「どんな批判も見逃すな。戦え。」

    など「圧力団体」に都合がいい考え方を刷り込む。
 

  ◆ 情報の遮断と「マインドコントロール」強化行動    
    
    マインドコントロールは、弱いコントロール。
    対象者が、一般社会にもどれば、また、自らの価値判断で意思決定するようになる。
    「圧力団体」の考え方が間違いであることに気づく。

    そのため、たえず、「圧力団体」からの指示で行動させ、マインドコントロールから脱出でき
    ないシステムを構築している。

    そのひとつが「集団ストーキング」である。

    「圧力団体」を批判するものを、繰り返し攻撃する。
    その攻撃を自らの考え方として正当化するという行為を繰り返す。

    「圧力団体」の批判に耳を傾けなくなる。
    「圧力団体」を批判するものを、排除するため、犯罪をでっち上げる・・・・

    「圧力団体批判」を封じ込める活動だから、「情報の遮断」もできる。
    一石二鳥の行為が「集団ストーキング」である。
  

    こうして、どんな「人権犯罪」をしても、犯罪の意識がない人間が出来上がります。
    上からの指示に従い、組織的な「人権犯罪活動」である「集団ストーキング」に参加
    する人間が出来上がります。

    何も知らずにまきこまれていく日本人からしますと、大いに迷惑な「圧力団体」の活動です。



■ 監視されたときどう対峙するのか

  さて、今回、
  なぜ、「圧力団体」を批判するのか・・・
  「圧力団体」には、なぜ、「集団ストーキング」が必要なのか・・・・
  
  を「マインドコントロール」という観点で説明しました。

  さて、次回からは、「監視されたとき、どう対峙するのか・・・」の説明に入ります。

  「圧力団体」を批判させないために、監視をする。。。。。マインドコントロールから開放されてしまう。。
  「圧力団体」が一番・・・という神話が壊れる。。。。だから、邪魔をする。

  マインドコントロールの流れの中で、説明をしていきます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「由々しき事態」かもしれな... | トップ | ブログ更新・・・民主党はポ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。