通勤アスリート

レースと通勤の記録。通勤は舗装、山道をRUN&サイクル。たまにヒルクラも。MTB:Neo-Cot、Road:KEBEL。

ぐるり奥武蔵

2009-10-05 12:40:59 | Trail Running
起床は3時半。おにぎりつくって装備などまとめつつ、軽くシリアルを食べる。今年は意識して朝食に白米よりもシリアルを多めに食べるようにしたおかげか、体脂肪率が緩やかに下がってきている
 5時頃に自宅を出発。まだ薄暗くヘッドライトを付けて巾着田方面へ。途中、パラっと雨が降ってきた。今日って晴れだよなぁ~、大してきにせず120~130bpmぐらいでウォームアップをしながら走った。
 今日はソロだし巾着田の7/11には寄らず、そのまま登山道へ。あたりまえだけど、こんな時間から登山客はおらず、散歩のおじさんぐらい。登山道もまだ薄暗いのでヘッドライトは付けたまま。硬く締まった路面はツルツルと滑りやすい使い古しのブラーのグリップではチト怖く、上りでも慎重に脚を進めた。日和田山の鳥居のところから巾着田、これから向かう方面を眺める・・・雲が厚く、進む方向は色が暗い秩父方面は雨雲か?山頂から自宅方面を眺めると雲が切れかかってはいるものの晴れやかな感じではない。イヤな予感を感じつつ、物見山方面へ。

ふじみ茶屋のベンチでヘッドライトをしまってから山頂への登り、やっぱり岩が滑りやすかった山頂の木製ベンチが焼け焦げている・・・標識も薄く剥がされている・・・マナー以前の感じだ。心拍計が異常値を示し、たびたび立ち止って確認。いきなり200台とおもったら、30台、そして零・・・イライラします何が原因か、また接点が錆びたかな?
 北向き地蔵で旅の安全を祈って顔振峠方面へ、ユガテはショートカットしてパスしたけれど雨音に気が付く。顔振当げまで2.75kmの看板のところ、木の下で雨宿りとなった。寒くもなってきたのでウィンドブレーカーを着こむ。心拍計も調子悪いしこの天気。雨具系はしっかりしたものを持って来ていないし、レース前で無理することもない。もう2時間走ったしいいんじゃないの?心が弱くなる。
 持参したおにぎりの2個目を食べ、エアリアマップで現在位置を確認。下山ルートを探す。・・・ユガテに出て、下ろう。荷物を背負ってそう決意したその時、ロードランナーが二人雨の中下ってきた。軽装で二人ともいいピッチで下ってゆく・・・いいの?このまま下山して。



集中力がよみがえり、顔振峠方面へ走りだした!(かっちょぇぇ~)

幸い、雨は上がりつつあって暗い雲も徐々に無くなってきた。顔振峠での展望は全くなく、近くの峰から立ち上るモヤだけが神秘的だった。先行き不安だけど、とりあえず関八州まで行こう。いまだに異常値を示す心拍計にイライラしながら脚を進めた。
 関八州には3時間35分で到着。雨は完全に上がっていたけれど、これから向かう方向は全く見えず、誰も居ないので孤独感たっぷりんーどうしよう、でもここで止める理由はない。
 とりあえず先の刈場坂峠へ。毬栗のカラがトレイルに散乱していて走りにくい、油断すると薄いサイド部から突き刺さった。異常値を示す心拍計を見るのは止めていた。心拍計を見るのがトレーニングじゃない、データなんてどうでもいいじゃないか。脚をしっかり前へ。やりたいことはコレでしょ。自分に言い聞かせるよう、体の隅々の動きを確認しながら刈場坂峠に到着、4時間36分。

やっと人に会うも車でドライブな方だけ。トイレだけ済ませて先へ。直ぐに正丸への分岐だ下り基調で虚空蔵峠へ・・・ところが広場っぽいところに出て道をロストエアリアを取りだして現在位置を確認、谷間にいるけど道は左側の道路と平行になっているので左側へズンズン。でも直ぐに道路に出てしまったあれ?ま、いいか。道路を下って虚空蔵峠から上り返して旧正丸峠へ、この道のりでやっと人(ハイカー)に出会った。

正丸峠(5時間39分)が近くなるとハイカーを多く見かけるようになった。峠のお店でお汁粉でも食べたかったけれど、高価だったのでパス。ハイカーに道を開けてもらって上る、上る伊豆ヶ岳へ山頂へは女坂を利用した。(スリリングな岩登りをするために来たのではない) 
 山頂(6時間2分)は賑わっていた。トレイルランナーは明らかに自分だけ。こっち方面は久しぶりなのでエアリア出してルート確認。アミノバイタルゼリー(緑)を半分飲み9分ほどの休憩で出発。もう迷いはない、

 天覧山まで行くぞぉー!

ここからは急な下りはあるものの、比較的走りやすい。脚もまだまだしっかり太腿から上がる。ん~、そんなに疲労感はない。おんたけウルトラを完走した成果だろうか?天目指峠には6時間48分で到着。持ってきたおにぎり(小さいの5つ)は食べきってSOYJOYに手をつける。んー、食糧足りるかな?残りはSOYJOY、1本とキットカット、1つに一口羊羹1つ・・・不安になりつつも子ノ権現を目指した。

子ノ権現には7時間12分で到着。日も出て暑くなってきた。お参りしてハセツネ用のお守りを購入。これ、今回の大目的。残りのアミノバイタルゼリー(緑)をグビっと。自販機で500mlの清涼飲料水を購入(200円)。お土産屋にまんじゅうが5個入り350円ぐらいで売っていたが素通り・・・今にして思えばまんじゅうも水ももう2本ぐらい買っておけば良かったなぁ。子ノ権現からはエアリア上、破線のルートを。前半はわりかし走りやすく、人も少ないので好きなコースだ。大高山には8時間37分で到着。腹がグーグー鳴っている。最後のSOYJOYを食べ、一口羊羹も。これで残りはキットカットのみ。ハイドレーションの黒酢2.0Lが丁度尽きたので子ノ権現で買った清涼飲料水を仕込んだ。んー、まだまだ道のりは遠いのに補給が尽きてぐるり奥武蔵は断念か?下りで脚を取られるようになる・・・一度は手も付いてしまった。空腹で集中力も切れ、心拍も徐々に下がり始めていた。

天覚山には9時間22分で到着。腹減ったぁー最後の最後、キットカットを食べる・・・う、旨い。冷蔵庫から取り出すときに袋から2つだけ取ったのが羨まれる・・・今度来るときは売るほど持ってきてやるぞー。下り始めてハイドレーションも尽きた・・・空腹のまま進むのは良くない。無謀過ぎるしAt299!でのハンガーノックを思い出す。トレイルだったらコケて大怪我しそうだ。東峠(9時間43分)に着いたとき、下山を決意した。

さて、どっちに下ろう。右に行けば小瀬戸方面。左に行けば東吾野駅。どちらもかなり下らないとお店はない。というか、お店があるのか、よく覚えていない・・・賭けだ。
 距離的には東吾野駅の方が近いし、そのまま乗車して帰ることも可能・・・下り切った頃には丁度10時間(予想通りになる)だ。一方、小瀬戸方面は最悪バスか?利便性が明らかにいいのは東吾野駅だ。10時間も走ればいいんじゃないの?家族のためにも早く帰ろう、そんな想いでロード区間を下った。

東吾野駅付近は全く覚えておらず、お店があったっけ?みたいな感じ。駅が見えた時、さっぱりした駅周辺に自然と帰宅モードになっていた。

 ぁ~も~今日はお仕舞いだぁ~

駅前の小さな売店しかないし電車待ちの客も多い。電車がちょうどきそうだ。売店はお菓子をか意外にもまんじゅうやどら焼き、団子など嬉しい悲鳴が。とりあえず腹が減っているので何か食べないと・・・清涼飲料水(500ml)を2本、5本入りみたらし団子に酒まんじゅう2個を購入。広場のベンチでむしゃむしゃとみたらし団子を頂く。ちょうど上り線がやってきた。米粉100%と思われる団子が旨い。不思議と腹が膨れてくると気持ちも高ぶってきたこのまま帰るのってカッコ悪いね、もうゴールまであと2山じゃないか・・・酒まんじゅう2個はトレイルで食べよう。もう迷いはない、東峠に戻って天覧山まで行くぞぉー!!

清涼飲料水2本をハイドレーションに仕込んで出発、17分ほどの休憩だった。東峠まで戻るのは30分ぐらいかかるか?食べたばかりだし休憩で脚を止めたせいか脚が重くなってきた。時折走り、歩きがメイン。東峠に復帰したのは10時間47分、予想通り30分ほどかかった。
 多峯主山まで遠い、まだまだあるし小刻みな上りと下りも。脚も疲労を感じるようになってきて、脹脛の内側がピキピキ。メディキュットHCをちょっと下げて圧を逃がす。心拍的にはなんとか130台をキープ。ハイカーには全く会わず、道路を越える頃には薄暗くなってきた。多峯主山登頂12時間切りは無理と思ったけれどCHMにゴールすることだけを考えた。
 多峯主山、12時間7分。街は灯火にあふれようとしている。残すは天覧山のみ。13時間は切れるかな?ハイドレーションは足りるだろう。トレイル用に残しておいた酒まんじゅう2個は5本のみたらし団子のおかげで手を付けずにいる。お土産かなぁ~。ハンドライトを取りし天覧山へ、路面が硬くしまっているので慎重に。一人だけ下っている方を追い抜いた。地元の方だろうか?場所によってはもうかなり暗い。
 天覧山には12時間28分で到着。街の灯りが綺麗だ時間はどうでもいいや、CHMまで気を抜かず走り切るっ。腹がグーグー言っている時はコンビニでアメリカンドックとかコーラとかって思ったけれど、もうそんな気はない。こんな時間、こんな格好で街中を走ってるのが笑える。お店の明かりが見えた♪誰がいようがいまいがどーでもいいや、両手を突き上げ、店内へ流れ込むようにゴーォールゥ。12時間52分の道のりだった。

距離:約57km(アルプスラボ)、時間:12時間52分35秒、
心拍数:164/125bpm(Max/Av)、獲得標高:3690m、消費カロリー:5215kcal

お店に入ったとき、誰だこいつは?と思った方もいたでしょう店長他、N@mikiさん、M野さん、狭山のK林さん。3UPの人は異常だぁー!とK林さんは言ってたけど、大丈夫っす、そのうち皆さん何かしらそうなりますから♪鉄人M本さんの記念赤ジャージの存在を知り、年齢にビックリした(一筆させて頂きました)。東飯能からは電車で帰宅。途中自販機でアイスを頂き、高麗川駅で下車後は酒屋までジョグ。ビール500mlを購入しました。

・反省
 食糧、多めに。補給のタイミングを逃さないこと。
 ブラー引退。
 この道のり、ロングトレイルゾーン2.0(ネイサン)ではミニマム。

次をやるならば、休憩含まずで11時間切りだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KING of Phantom | トップ | 5度目の挑戦へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロビオ)
2009-10-05 16:14:16
凄いねえ。やったねえ。ボクも、いつかやってみたかったんだけれど、決心が付かなかったもん。
ボクの場合は、天覧山から正丸峠が、楽しい範囲。それ以上は、ちょっと、尻込みします。
近場のこういう企画は大好きなので、今度誘って下さいませ。
おめでとう。パチパチパチ。
真似できない (まろん)
2009-10-05 19:13:54
ボクも単独でチャレンジしてみたことがありますが、大高山手前で見事に撃沈!
自主トレってどうも追い込めないんです。
その精神力をちょっと分けて欲し~♪

でも来週ハセツネなのにハード過ぎやしませんか?
んじゃ皆で走ろうか? (karupapa)
2009-10-05 21:27:01
いっそのことイベント化したらおもろいかも(自己責任でね♪)

>ロビオさん
日が長く、くもの巣も無い6月梅雨前がいいかなぁ~。

>まろんさん
やっぱ大高山ぐらいでへこたれるよねぇ~。
土曜もどっかジャブ程度に走ろうと思ってます
Unknown (まろん)
2009-10-06 18:39:07
ボクは土曜日、rikaさん組に混ぜてもらう。
大会前日も低負荷運動しておくと調子いいみたいだから♪
でも、その日の気分・疲労感によっては途中でエスケープする。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。