ありのまま

カルガモ母さんこと 川上美也子のコラム http://karugamo.org/

11月26日のおぢば…3 16:31から17:14まで

2016-12-01 16:33:01 | 車イスから見る天理市...

第2食堂前の大きな銀杏の樹はライトアップされていました。

カメラを持って回ると、「あら? こんなだったっけ?」
という感じで、ふだん見えてなかったことや物に気づかされます。


17:05
夕づとめに向かう人々が、神殿に集まり始めていました。


17:10


そして、17:14

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月26日のおぢば…2 16:31から17:14まで

2016-12-01 11:43:24 | 車イスから見る天理市...
午後から天理駅近くの社会福祉課で会議があり、
そこを出たのが16時を回っていました。
まっ青な空はもうしらけて、うす暗くなり始めています。
日が暮れるまでに図書館の銀杏並木まで行けそうもないので、
おやさと大路に向かいました。
17:15の夕づとめまで、カメラを持ってゴー!


16:31おやさと大路でシャッターを切り(画面にタッチ)しました。


天理市役所の屋根です。ヤーネって? いえいえ、イイネです♪
ちなみにワタクシ、寒い時期はギャグを自粛しておりますデス。


樹々を彩り 大地を敷き詰め 小川を泳ぐ


き   あか   みどり



夕焼け


16:55 街灯が点り始めていました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11月26日のおぢば…1

2016-11-29 23:44:52 | 車イスから見る天理市...
よい天気でした。

松ぼっくりは、ぜーんぶ茶色です。






イチョウは、ぜーんぶ黄色でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月25日の富士山

2016-11-29 23:05:46 | 車イスから見る天理市...
11月25日、天理市で午後3時30分から会議があったので
新横浜駅を11時49分発の「のぞみ号」に乗りました。

毎月おぢばに帰るときは、長い時間じっと同じ姿勢を保てないので、
新幹線の車イス用の個室を使わせてもらっています。

ちょうど12時、前方右手にちらっと富士山が見えました。



真っ白な富士山でした。
雲が多かったので、果たしてこのあと、
大きな富士山が見えるかどうかちょっと心配でした。

で、12時18分。



そして、12時19分。
新横浜駅を出て、ちょうど30分後の富士山です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月20日のおぢば

2016-11-25 07:16:54 | ありのまま
10月19,20日におぢばに帰りました。

私ごとですが、19,20日におぢばがえりしました。二女のおびやゆるしをいただく為で、お婿さんの休みが取れたので急に決まりました。
私は13日の朝から再び自力で起き上れなくなったので、一緒にかえれるかどうかは体調次第でした。
それでも16日は多磨全生園という療養所の講社祭でお話があたっていたので出かけ、その前にJTBに寄って、娘たちの席を団参券で買い求めました。
別に車いす用の個室を第3希望まで往復で予約しました。どの新幹線が取れたか返事を待っている時間がなかったので、娘たちのはパッと浮かんだ電車にしました。11月の土日で3席並びの席が取れたことだけでも、ありがたいことでした。
療養所に向かう片道2時間半の電車のなかで、私の個室が取れた連絡がありました。なんと往復とも娘たちと同じのぞみ号でした。
そんな小さな奇跡に、おやさまを感じて、自力で起き上れない状態のままで、おぢばがえりしてきました。
二女一家と私、そして長女母子も同行してくれました。

私の母は出直すときに、「おぢばに帰りたい」と言ってました。
もう50年近く前の4月18日に出直しました。
おぢば(豊田山舎)に納骨しました。
20日に、みんなでお参りに行きました。
母は、孫や曾孫の訪問でうれしかったと思います。
私が一番うれしかったカモです。



前の晩は詰所に泊まりました。
孫たちがベッドに上がって楽しそうに遊んでいました。
まるで四半世紀前、私の子どもたちを見ているようでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よかった!

2016-11-25 06:03:16 | ありのまま
今朝目覚めに、まず思ったこと。
「ああ、今朝も目が覚めてありがたい。よかった!」
そう思って、気が付きました。
「そうだ、なあんだ、それだけでいいじゃん」

今日、おぢばに帰ります。
結局まだ平らなところから自力では起き上れません。
でも電動ベッドで上半身を起こしてからなら一人で起き上れます♪
そう、それだけで十分♪
だって、目が覚めて最初に「よかった!」って思ったのですから。

よかった、よかった!

おぢばに2泊しますが、おかげさまで、いつも誰かが
いてくれます。
電動ベッドがなくても、起こしてもらえます。

おやさまありがとうございます。
皆様ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月26日のおぢば

2016-11-25 05:48:07 | 車イスから見る天理市...




26日の写真です。

25日のことからUPを…と思っていたら、
いろいろなことがあって、
(いろいろ→10月25日も26日も、
そして、その後今日までも)
1か月が過ぎてしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年間をふりかえって…3

2016-11-18 01:25:29 | 教祖130年祭の年
教祖130年祭の年…2016年
・1月25日(ブログより)
明日、笑顔で♪ 前を向いて♪ 
おやさまにお礼を申し上げたいと思う。
「おやさま、私をウガンダに連れて行ってくださって
本当にありがとうございました!」 と。
おかげで、新しい出会いがあり、繋がった。
ずうっと繋がり、広がっていくと思う。
たとえ寝たきりでもいい。
それでも繋がり合えるのだ。
・4月 岡山、香川へ
・4月26日カメラを入手。♪~写真始めました~♪
・目覚めに…反省
そうだ、何年か前の私は、目覚めに、
「ああ、目が覚めてよかった!」と思っていたのだ。
まず、目が覚めた、そのよろこび・感謝から一日が始まっていたのだ。
これだ!
10月27日の朝いきなり、一人で起き上れなくなって起こしてもらった。
右の肩甲骨周辺が息も出来ないほど痛かった。
激痛のなかで、思い当って、反省し、心を定めたのだった。
「無意識のうちに、私の心や言葉に小さな不足がちりばめられていた。
教祖130年祭の年も残すところ2か月ちょっと。
今年いっぱい決して不足を言いません。よろこんで通ります」
・11月13日の朝から、また自力で起き上れなくなった。
前夜、夫の外出着を用意しながら「もぉ自分でやってよ~」とぼやいた。
PC出して、外出先へのバス乗り場や降りてからの地図などを手書きした。
動けなくなってから、反省した。納得した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年間をふりかえって…2

2016-11-18 01:06:27 | 教祖130年祭の年
3年目仕上げの年…2015年

・1月24日 「なんでや美也子」を捨てて「よろこび上手」を取り戻す旅のスタート
・1月25日ウガンダおたすけ隊同窓会 「私も今年こそウガンダに行きた~い!」
・3月中旬~4月中旬 K氏入院 おたすけに通う
・3月4日~左の背中痛始まる。プラス時折胸痛。
 *去年は左側だったが、今年は右側が痛い。
・3月11,12日 南三陸町、東北新生園へ
・4月29日~5月1日 青森行き 療養所訪問
・第15回おたすけ隊参加アフリカ、ウガンダへ 5月26日~6月6日
・6月7日「歌う一手一つ」に『ありがとう』合唱発表、作詞者で参加…天理市民会館
・6月14日左の肩甲骨の周り激痛 自力で起き上れなくなる
・ブログより
今日現在、相変わらず寝返りをうつのも大変で、
ときどき家族やヘルパーさんの手を借りています。
アフリカから帰国してからというもの、
神様は
必要な時に必要なだけ体力をくださるように思います。
(2015-08-15 13:22:29 | ありのまま)
・8月3日 書道パフォーマンス…しずかな「奇跡」
・8月4日 美術展搬入「根」 5日審査発表、入賞 6日表彰式参加
・8月7日朝から寝返り打てない、自力で起き上れなくなる
・ブログより
(首が動かない為)食べたり、しゃべったりが難しいので、
おぢば以外の外出は、まだまだ出来ないカモです。
(2015-09-24 08:25:30 | ありのまま)
・9月外出、5日(所属教会の月次祭)とおぢばがえりだけ。
しかも首が動かない、おぢばでもベッドで横になっていた。
・10月25日一人行動は無理なので、今月は夫と一緒。
・11月のおぢばがえり 娘たち夫婦が同行。
・11月23日~29日 第一回カルガモ障がい者作品展。
 40枚の色紙に新作の五行歌を清書出来た。
 11月22日から28日までギャラリーに詰めた
 29日は東京で用があった、確か町田で講演…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年間をふりかえって…1

2016-11-17 23:47:39 | 教祖130年祭の年
昨日は国立療養所多磨全生園に行った。
Kさん宅の毎月の講社祭。
今月はお話が当たっていたので、ここ数日久しぶりに原稿の下書き作りをした。
実際のお話はわずかな時間だったが、4年間をふりかえるいい機会をいただいた。

せっかく作ったので、下書きだがUPさせていただく。

……………

教祖130年祭「三年千日」前年…2012年
・諭達発布翌日の10月27日に受診、ニトログリセリンが出た。
命を突き付けられた年祭の始まり。
・その10日前の16日の夜中に狭心症かもしれない発作。
・11月6日より首から左手にかけて激痛が始まる。
12日帯状疱疹。15日まで鎮痛剤を服用する
*基本的に私は薬を飲まない。
自然体のまま、痛みの強弱を味わったり、身体の声を聴くのが好きだ。

1年目…2013年
・1月15日~19日入院 正直死ぬかと思った。
・1月25日 おぢばがえり
   27日岡山へ 療養所訪問
・4月18日別所母屋(日本で最初に建てられたハンセン病宿泊施設)閉所「感謝の集い」
*この年は先がわからない状態が続いて、5月にようやく年間行事予定を書き込んだ。
予定を書いても、それまで生きているかどうか自信がなかったからだった。
・5月 三重へ
・6月 静岡へ 駿河療養所訪問
・10月25日 別所母屋に代わり、ようき母屋開所の集い
・12月 岡山へ

2年目…2014年
・3月11日 初めて南三陸町へ行く 震災から3年目
   12日 国立療養所、東北新生園へ
・3月、5月、7月に宮城、南三陸町へ
・6月 北海道へ
・9月、静岡、香川、徳島、福井へ
・10月 青森へ
・毎月25,26日はおぢば帰り。今年4月7月8月9月は2回帰った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加