AID STATION

今を精一杯生きたい

チャレンジ富士五湖~100k12時間半

2017年04月23日 15時11分06秒 | 日記

先日「チャレンジ富士五湖118km」というウルトラマラソン大会が開催された。

クラブから2名参加しているので、大会の要項を見てみた。

118kmで制限時間15時間のレース。

阿蘇カルデラは100kmで13時間半。18kmプラスで時間は1時間半プラス。

ちょっときついな、ぐらいに思っていたが、大会要項を詳しく調べてみると、かなりハードな大会だということがわかった。

阿蘇カルデラスーパーマラソン100kmと関門時間を比較してみた。同じ関門の距離はないので、計算で割り出してみた(右上表参照)。

●富士の方が、38kmで関門時間が22分も早い。

●富士の方が、75kmで関門時間が30分も早い。

●富士の方が、100kmあたりで関門時間が1時間も早い。

100kmの関門時間を計算すると、富士五湖は12時間33分!になる。なんとカルデラより1時間も早い。

そこで、全国の主な100kmマラソンの関門時間を調べてみた(右表参照)。

一番短い関門は「サロマ湖100km」の13時間。

これよりも早い。118kmの大会なのでわからなかったが、富士はかなりきつい、100km~120kmのレースでは全国一位の関門時間の短さではなかろうか。

118kmもあるし、富士山の周囲を走るコース、アップダウンもけっこうきつそう。

だったら、100kmの関門は12時間半と短くするのではなく、14時間に伸ばすとかするべきでは・・・

完踏率は62%らしい。阿蘇カルデラを11時間半ぐらいで走れないと完走は難しいのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくら道国際ネイチャー | トップ | 関門11時間のウルトラ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。