AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸~スタート時間

2017年07月13日 11時26分49秒 | 日記

「橘湾岸273km」のスタート時間は、10時、13時、16時、18時、20時、22時 の6種類。

スタート時間は大会本部が選手の過去の記録を調べて決める。個人の希望ではない。

★優先順位とスタート時間の関係を調べてみた。

右の円グラフ参照。①は第1優先の方々、②は第2優先、③は第3優先・・・・・・

青は10時スタートの人数、オレンジは18時以降スタートの人数。各々「割合」を比較してみた。

①第1優先グループ(68名)

「273kmを完踏していない人」だから、スタートが速い人(青)が多いのはわかる。

10時スタート46名、16時以降スタート12名。

②第2優先グループ(15名)

「100km・173km両方を完踏した人」。両方完踏しているので、16時スタートの人が多いかと思ったが、逆で、10時スタートの人が多い。173km完踏できても、273kmはそうはいかないか。スタートはやはり速い時刻(青)が多い。

やはり250kmを完踏した経験があるかで、判断しているのか?

10時スタート6名、16時以降スタート3名。

④第4優先グループ(20名)

第2グループと同じで、「100km・173km両方を完踏した人」。ただ参加回数が3回あるかないかの差。

このグループも第2グループと同じで、スタートはやはり速い時刻(青)が多い。

250kmの完踏経験者が少ないのだろうか。

10時スタート9名、16時以降スタート4名。

③第3優先グループ(39名)

「273kmを完踏した人」。このグループはすでに完踏しているわけだから、当然、16時以降の遅いスタート(オレンジ)が多いでしょう。

しかし、なぜか10時スタートの人が10名もいる。こういう方はスタートを早めても、ちゃんと時間内にゴールできる実力はあると思う。2回目からはスタート時間を早めるというのかいかがか?

10時スタート6名、16時以降スタート22名。

⑤第5優先グループ(16名)

「173kmのみ完踏した人」。第2・4優先より走ってないということだから、10時スタートが多いと思ったが、スタート時間をみると、16時以降スタートが多い。第3優先(273km完踏)と変わらない。

おそらく、250kmの経験がある方が多いのでは。

10時スタート5名、16時以降スタート11名。

⑥第6優先グループ(6名)

「100kmのみ完踏」。173kmも参加してないし、一番条件としては悪いはずで、スタートはみな10時になりそうな気がするのだが、10時スタートは1名のみ。4名が16時以降のスタート。

6グループで一番16時以降スタートの割合が多い。まったく逆になっている。

おそらく、250km完踏歴のある方が多いのでしょう。173kmの大会は5月開催で、萩往還の5月開催と重なっているので、参加できない人が多いようですから・・・

●大会が始まった当初は、橘湾岸は関門時間が長いので楽だと思っていた。今回も10時スタートでゆっくり走って273km行こうと考えていたのだが・・・・私に課せられた制限時間は49時間。萩往還は250kmで48時間、橘湾岸は273kmで49時間。

距離が長くなった分、萩よりきつくなっている。萩往還より急いで走らないといけなくなった。

なんとか提示された条件でゴールしてみせましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やる気やめん気負けない気持ち | トップ | てれっとクラブ20周年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。