AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸マラニック~結果を考察

2016年11月12日 06時58分43秒 | 日記

先日行われた「橘湾岸スーパーマラニック100km」の結果が公表された。

毎年、橘湾岸には参加していたが、今回は土曜日開催で参加はしてないが、結果をみると、またいつものように調べてみたくなった・・・驚くことがいくつか

76歳で完踏 (すばらしい)

②83歳で出場 (途中で関門・もうちょい)

③年配者の参加が急増 (私も含めて、元気な60歳70歳は多いです)

●ゴールタイム(右グラフ参照/縦はタイム・横は人数): 

大半の選手が10時間から18時間以内にゴールしている。最も多い時間帯は16時間台。平均タイムは15時間52分ぐらい。

先頭グループと最後尾グループで約8時間の差がある。1位と最後尾ではなんと11時間の差がある。

普通の100km大会では5時間の差の大会が多い。10時間近くも離れると大会運営が大変なのでは?

●スタートは5つ: 

 この大会はスタート時間が各自の走力に合わせて、5つの時間(22・23・0・1・2時)に分けられている(今回は21時スタートもあり6つに)。

スタート時間は自己申告ではなく、主催者が調べて決める。エイドの開店前にランナーが通り過ごさないようにするためらしい、みんなにエイドを楽しんでもらいたいという趣旨・・・・とてもユニーク

●スタート時間とゴールタイムの関係:

右表は各スタート時間の選手が何時にゴールしたかのグラフ。

例えば、0時にスタートした選手は16時から16時半の間にゴールした人がもっとも多い(33名)。一番速い人は12時から12時半の間にゴールしている。一番遅い人は17時半から18時の間にゴールしてる・・・・というぐあい

・2時スタート: 8名バラバラ、とくに何時台に多いという特徴はない。ただ、みな15時間以内にはゴールしてる。脱落者はいない、さすが。

・1時スタート: 午後3時前後のゴールが多い。タイムは平均15時間。理想的な分布。

・0時スタート: 午後4時台のゴールが多い。午後5時台ゴールも20名いる。平均16時間。ピークが関門ギリギリ。この辺までが理想のグラフ。

・23時スタート: 関門ギリギリのゴールが多い。平均17時間。

・22時スタート: 5名のみゴール。全員17時以内にゴール。

・21時スタート: 1名のみゴール、20時間!

もし全員が同じ走力であれば、早くスタートした選手が早くゴールするはず。左図(縦がスタート時間・横はゴール時間)で言うと、青線のようにピークが移動するはず。

ところが実際は逆。上の表のように、赤線のようにピークが移動している・・・・ということは、選手間の走力にかなりの差があるということ。

普通100kmウルトラマラソンは制限時間が13時間半~14時間ですが、橘湾岸はスタート時間がいろいろあり、最短でも15時間、最高は19時間~20時間の関門となっている。

しかし、関門が長いから完走できるものでもありません。橘湾岸はコースが超ハード。累積高度が1765mもあり、阿蘇カルデラよりもハード。かなり脚を鍛えておかないと最後まで走行するのは困難です。アーリースタートすれば完踏できるというものでもありません。

●完踏率:各スタートの完踏率を調べてみました。

21時=完踏率25%、1名のみ完踏。

22時=完踏率29%、5名完踏。

23時=完踏率64%

時 =完踏率82%。

1時 =完踏率97%。

2時 =完踏率100%

やはり、アーリースタートの選手ほどリタイアの割合が多くなっている。とくに22時以前のスタートでは4分の3近くがリタイア。

●脚力差: 年齢層が広がって、脚力の差がさらに広がっているようです。スタート時間を調整してゴールタイムの広がりを抑制していますが、それにも限界があるような・・・

●一案: 17時間以上かかる方のために別にレースを作る。全員一緒に20時スタート。飛ばす人はいないだろうから、早い人でも13時ごろゴール。遅い人でも16時にはゴールできる。ゴールの広がりが少ない、しかもグループで行動できるので安全・・・・エイドの問題はいっぱいあると思いますが・・・

●シルバーパワー: 今回21時スタートで20時間以上かけてゴールされた方がおられました。しかも76歳とのこと。すごい。83歳の方は雲仙温泉で関門アウトだったとか。あと下りだけの所まで行って残念です。スタートを20時まで下げたら行けたのでは・・・・

●橘湾岸のいいところ: 私もそうですが、年取って速く走れなくなっても、ウルトラ100kmの大会には参加したいものです。しかし、そういう大会がないのが現状です。最近、全国でウルトラマラソンが新たに開催されていますが、大半が関門時間が13時間半ぐらい。とても年配の方々は参加できません。

そういう意味で、「橘湾岸スーパーマラニック」は貴重な存在です。ぜひ、我々中高年ランナーのためにも開催を続けてもらいたいものです。 

●てれっとクラブ: 今年は9名参加。みなさん今回はかなり苦労された様子。中には2日前に40kmの山岳マラソンを走ったばかりの人もいます。皆さんの記録は右上表。「山」さんまでは来年は1時スタートですね。お疲れ様でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパームーン | トップ | 奥八女黒木ハーフマラソン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事