株の神様 Blog

資産150倍にした株式投資伝授します

投資家動向と今後の展開

2016-11-27 21:05:03 | 神様の一言
11月第2週、海外投資家4006億買い越し
第3週が4903億買い越しとなっております。対して個人投資家の現物.信用が2週間合計で8607億売り越し、投信が2536億売り越しとなりました。
私が驚いたのは、大統領選挙のあった第2週の外国人の売買において、現物が4000億に対して先物が1700億の買い越しであった点です。通常、相場の転換期においてスタート時点では空売りの買い戻しから始まるので先物の買い越しが顕著にでます。英EU離脱直後の時、外国人の先物は買い越しに対して、現物が売り越しとなっています。ところが、今回は外国人の売買において現物が先物の倍以上の買い越しとなったという事は、現物=中長期投資家、先物=短期投資家から考察すると、つまり私が以前にも伝えましたが、今回の大統領選挙のトランプ勝利により起こした世界の相場の転換を予想して準備がなされていた投資家筋がいて、買いをいれ、中期上昇トレンドの発生となったという事実が判明したという事ではないかと思います。
そして、シカゴ投機筋の日経平均先物の買いポジションをみると大統領選挙後1週間経った15日時点においても全く増やしておらず、2012年10月時点以来の5000万枚割れと、短期筋の投機筋の買いが入っていない事がわかり、あくまで外国人の買いは中長期投資家の買いが中心であるという事です。
さらに、日経平均先物の野村証券の買いポジション〔日経平均レバレッジ〕が、今回の上昇により大幅に減少し、ほとんどなくなり、この点からも日本の短期筋の買いポジションまでも、なくなっております。
なおかつ、日本証券金融の貸株残〔空売り〕が増え、融資残はほとんど増えず、銀行株の信用倍率が6年ぶりの低下となっている点からも日本の個人投資家は空売りで売り上がり、買いは増やしいないのが現状ですね。
つまり、今回の11日間の上昇の間、外国人も日本人も短期投資家筋は売り越しし、買いポジションはほとんどなくなっており、買いの主体は、外国人の中長期投資家であり、すぐに売りがでない訳で、上昇すればするほど、短期筋は持たざるリスクを感じているという事実があるのです。
ちなみにアメリカ市場も同じ現象が起きており、シカゴ投機筋の買いポジションは、今回の上昇局面において大幅に減少させており、買い主体は、ミューチュアルファンドなどの投信の資金であり選挙後1週間で230億ドル買い越しとなっているようです。
最後にドル円ですが、すでに113円台になっていますが、あまりのスピードの速さに当然、株式市場と同様の需給現象になっていると思いますが、2013年からの円安は日銀がつくり、今回の円安はアメリカ〔FRB〕がつくった円安である点から、想定すると簡単には円高トレンドは生まれないという結論に至ります。

結論 今回の上昇波動は短期で終わらないし、中期上昇波動の発生となりました。
スピードの速さにより短期調整があっても大きな局面の変化がない限り、短期筋の買いにより、調整期間は短く浅くなるという事になると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀行株

2016-11-18 19:58:31 | 神様の一言
皆さんもご存知の通り、トランプの今後の政策期待と、財政悪化懸念によりアメリカ国債の金利上昇が進み、米ドル高が発生し、ドル売りポジションの平均値が105円50銭でしたので、踏み上げがはいり、いっきに110円台となりました。
当然、日経平均も18000円まで駆け上がりましたね。空売りと踏み上げを巻き込みながら…

久しぶりの金融株の上昇に、短期筋は空売りをし今週一週間で銀行株の信用売り残はかなり増加したと思います。一方、買方は利食いが早くほとんど信用買い残は増加してないと思います。弱気の上げと指数の上昇のスピードが早すぎるので当然調整が入ると投資家が考えるのは当たり前のことです。
ただし、一番気をつけなくてはいけないのは、銀行株の初動の上昇で空売りをするのは、とても危険なことなんです。株価の上昇のスピードが早いのは、それだけ投資家の大半が、この相場の変化に備えた準備をしていなかったからなんです。
今回の大統領選挙というイベントの後に起きる流れの変化に対策をしていなかった為に、慌てて投資家が対応した為に起きた相場の変動だからスピードが早すぎて、なおかつ今回の流れの変化は相当大きなものになる可能性が高いということなんです。
そしてドル円と、日経平均の中期上昇トレンドの発生となっていくと思います。
私は、トランプの勝利と相場の転換を仕掛けた人達がいると思い込んでいますので、当然短期調整はあると思いますが、初動で銀行株の上昇が目立つ時の相場は、とても強く、そして高く、なる可能性があるということは、過去の相場が物語っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーチン来日に向けて

2016-11-14 11:01:29 | 神様の一言
おはようございます。
ロシア関連の強さには、注目ですね。
4616,9380が柱
9377,9355,6455,8090,1979などです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五年ぶりの…

2016-11-14 00:48:02 | 神様の一言
前回、思わずコメントを投稿したのですが東北地震以来の五年ぶりだったんですね。
時間が経つのは早いなぁ…
せっかくなので、これから少しずつ、私が今感じている事を書き記していこうかと、思っています。あくまでも私の相場観なので、参考程度にして頂けれぱと。。。

私が市況を判断する時、市場の需給状況を確認する上で、信用買残・裁定買残が重要だと考えています。
まず、現在の裁定買残についてですが、11月第1週現在9664億となっています。今回の裁定残の1兆円割れは、2016年6月第4週の8803億から、20週目になります。

裁定残が、1兆円割れは相場の安値圏で、でる現象であり、ここ10年遡ってみると、
2008年11月第1週の9706億、当時の日経平均は8576円、29週間にわたりました。

次に、2011年8月第4週の9664億、日経平均は8955円、7週間。
次に、2011年12月第2週の8572億、日経平均は、8401円、6週間。

2008年は、サブプライムショック後の最終局面、2011年は円高の最終局面で、その後アベノミクス相場の入り口となり、長期上昇トレンドのスタートとなりましたね。

過去3回は、日経平均が9000円割れからの現象でしたが、今回の今年6月は15684円からの裁定残1兆円割れとなっており、当時私は、ここから日経平均が15000円を割れて、どんどん下落していく相場はないだろうと考えていました。
つまり、裁定残から判断すると、現状の日経平均に対して売りはあり得なく、ある程度の上昇局面の発生は、時間の問題だったと言うことであり、それが残念ながらトランプの勝利により始まったと考えるべきだという結論が出て来たという事です。
それも、過去の裁定残1兆円割れが8000円台で、そこからの上昇だったのに対して、今回は、日経平均が15000円台からの現象であり、ここからのスタートと考えると、ここ10年の日経平均の高値は超えてくると考えるのが自然ではないかという事です。

これは、あくまでも裁定残だけで判断するという事になりますが、先週の金融株の出来高をみていると、確信に変わりつつあるのも事実です。
今日は、ここまでにしときます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Donald John Trump

2016-11-10 20:14:50 | 神様の一言
昨日は、さすがに納得がいかないので、久しぶりにブログにコメントさせて頂きます。
トランプが大統領になったのは、正直驚きだったのですが、、、問題なのはFBIのコーミー長官が投票日の11日前に、上官である司法省のリンチ長官の反対を無視してクリントンのメール問題について新たに捜査すると公表したにも関わらず、5日になって臨時会見を開き米FBIがクリントンを訴追求めずと発表した件です。当然、株価は乱高下した訳ですが、まずコーミー長官は、現在、無党派と主張してますが、ブッシュ政権時には司法副長官を務め共和党だった訳で、なおかつクリントン家と対立した過去もあり、投票日前にあえてメール問題を公表する理由は分かります。では、なぜ投票が終わってないにも関わらず5日にクリントンに有利な訴追しないという発表をしたのでしょうか?
確かFBIは4万通のメールを調査するのに1年以上かかったはずなのに、今回新たに見つかった3万通のメールの調査を一週間もかからずでき、シロと判定したなんて、あまりにも出来レースすぎておかしいと思ってしまいましたが、今日わかりました。
ここからは、私の妄想ですが、コーミー長官は5日の時点で、トランプが大統領選挙で勝つ可能性が高いことをすでに分かっていて、メール問題でクリントン有利の発表をしたところで大勢に影響が出ない事を確信していたという事。事前報道ではクリントン有利の発表していたにも関わらずトランプの圧勝。そして、日本時間の投票開票日のアメリカの先物が急落、101円までのドル急落により日経平均の1000円を超える急落を誘ったにも関わらず、夕方には日経先物が500円上昇し、NYダウはプラスでスタートし、為替も104円後半まで戻るなんて、おかしいと思いませんか?
つまり、トランプの圧勝を分かっていた人達がいて、一般投資家を振り回し利益を上げている人達が介在していると、私は確信した訳で納得がいかないと思い、久しぶりに熱くなってコメントしている次第です。
もし、この私の理論が正しかったとすれば、きっと先物や為替の手口に足跡が残ってるんじゃないかなぁ…

株式評論家はトランプが大統領になった以上、世界的に不透明要素が高まり、円高になって株価は当面上がらないと言っている意見が多いようですが、私の妄想が正しければ、日本の株は今日の投げにより弾みがついて、目先底打ちし、また上昇に転ずるという事になります。
ちなみに私が今一番注目しているのは、ビットコインです。ぜひチャートと出来高を見て下さい。
ですから投資妙味があるのは、仮想通貨関連となります。6172 メタップスが増し担保規制が外れ注目です。
あとはロシア関連です。
12月15日に、プーチンが山口県で安倍首相と会談が予定されており、北方領土2島返還と日本の経済協力なんて話が出て、ロシア関連が盛り上がるとか…

余談ですが、私は、今、引っ越して埼玉県に来ています。 名古屋と比べると夏は過し易いんですが、冬は寒いです。
皆さん体調には気をつけて、相場と戦い勝って下さいね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

痛み

2011-03-25 02:37:41 | 神様の一言
東北地方太平洋地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、被害を受けられた方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
この震災状況をテレビでずっと見てました。あまりにも衝撃的すぎて声を失いました。
そして原発、放射能の恐怖、悲しくつらい出来事が起きてしまいました。
日本人として、仲間として、私自身ができることをしていくつもりです。本当に心からお見舞い申し上げます。

相場については、この一ヶ月、中東問題以降、今回の災害により、とんでもない暴落になってしまいました。直近発表の信用買残も、一週間で26%も減少しており物凄い投売りがでてました。そしてその後の反発、そして小康状態にはいってきつつあるのが、現状ですね。私は、初動の急落局面では、下落ポジションと呼んでいたので、クリアできましたが、9000円前半とみていたため、ここまでの下げは全く想定していませんでした。
私は、急落局面で復興にかけようと不動テトラ中心に建設土木株を買いにまわり、ほぼ売却しましたので、火力発電による石炭需要の高まりを狙って日本コークス中心に石炭株をさらにここから買いでいってみようかと考えております。
私の基本的な考えの中に、日経平均一万円割れのあとの、下落局面は買いポジションで取り組むというのがあるので、不安材料はありますが、今後も急落局面は買い向かうつもりです。
皆さん、大変な時期ですが、乗り越えていきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陰転

2011-02-25 02:06:50 | 神様の一言
残念ですが、日経平均とナスダックが新値10本足が陰転してしまいました。
中期トレンドが下向きになってしまった以上、売りポジションをとらなくてはいけないと思います。新興市場も同じくです。
個人的な見方としては、今後のポイントは、為替、原油次第ではありますが、日経平均一万円割れまでは、売り対応で、そこからまた検証していくつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅くなりましたが・・・

2011-01-07 03:02:11 | 神様の一言
 新年あけましておめでとうございます。

 もうすでに今年がスタートして、七日目ですね。今日、久しぶりにカリスマから連絡があり、今年の挨拶をしてないとのことでした。そして、彼とひとつの約束をしました。ひとことで言うと「復活」です。
簡単なことではありませんが、正直な気持ちとしては、自分自身の中でも変化があり、相場も変化してきたので可能性はあると・・・勝手に思い込んでおります。

市況については、去年の後半に変化した流れ、中期トレンドの上昇波動入りから、いろいろな銘柄への物色の広がりと、堅調な指数の推移が続いております。ただし、これはまだ第一ステージの段階でこれからまだまだ期待できると、私は考えております。今後の注目ポイントは、その他金融株、低位資源株、新興市場、メガバンクです。

今年一年、このブログをみてくれている皆さんの幸運を祈ります。もちろん、私も頑張ります。今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀行株

2010-12-17 02:01:00 | 神様の一言
 とうとう銀行株指数が陽転してきました。
みずほが、先週、新値10本足が陽転し、一番の懸念だった信用買い残が急速に減少してきました。久しぶりの銀行株の買い転換ですね。日本の市場が上昇波動入りするための条件だったので、今後が楽しみです。
 
あと来年に向けての銘柄を紹介すると、今年のIPO銘柄で、初値が公募価格から大きく上昇した銘柄群がいいのではないでしょうか。4銘柄ほどですけど・・・・。

今の相場のポイントは、円安傾向と銀行株の上昇と新興市場、低位株の上昇ですね。
頑張っていきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の株式市場から

2010-11-26 01:35:22 | 神様の一言
 世界の株式市場が、波乱含みになってきたようです。
アメリカ政府によるQE2(量的緩和策第2弾)により50兆円もの資金を市場に流し、FRBは実質金利の低下と、ドル下落を企らみ、QE2が与える効果として、株価の上昇により消費者の資産を増加させ、信頼感の増加を通じて支出を刺激し、支出の増加は所得や利益向上を通じて経済成長を支える。これが、FRBの狙いであった訳です。

確かに金融危機後実施されたQE1(量的緩和策第1弾)は株式に大きな押上げ効果をもたらしました。しかし大きな効果を上げた最大要因は70兆円強に上る景気対策を伴っていたからです。つまり金融政策と財政政策を同時に行なったんです。なおかつ、今回は不動産関連債権の買取がされないことと、中短期国債中心の買取が行われること、この2点も大きな問題で、すでにアメリカ市場の長期金利が上昇に転じてきてしまった。これは株式市場にはマイナス影響がでてくるんです。為替市場でも、米ドルが下落するどころか、上昇に転じてしまった・・・。FRBの読み違いがでてきた。

私の結論としては、今回のQE2は財政政策を伴っていませんから、基本的には長年日本が経験して来たのと同じで、これだけでは株式市場には大きな効果を得る可能性が少なくとても危険な状態であるということです。

そして、ナスダック指数が11月16日、NYダウ・上海総合指数が11月17日、インドSENSEX数が11月19日に新値10本足が陰転してしまった。これは中期波動の変化、つまり上昇トレンドの終焉を示すものだと私は判断します。今後、その他の新興国の株式市場の陰転もでて、最低でも1ヶ月から3ヶ月の日柄を必要とする調整局面になる可能性が高いと思われます。あくまでも、海外市場の話ですが・・・。

 ここから本題の日本株式市場ですが、海外市場とは逆に日経平均は11月10日に新値10本足が陽転しました。これも中期波動の変化、つまり下落トレンドの終焉を示すものとみるべきなんです。だから11月9日の私のコメントにつながってた訳なんです。もちろん最大の要因は円安です。もうひとつはヘッジファンドのポジションが、日本株売り新興国買いであった為に、ヘッジファンドが11月決算であることからポジション解消の動きがでてきたから、外人投資家からの買いが入り、日経平均が陽転した。問題は、ここからの動きが大きなポイントです。ここ直近の海外市場の戻りは11月末のヘッジファンドの決算の評価替えのためであり、変化がでてくるのは、12月から明確な動きがでてくるのではないか、新興国株式はじめ海外指数下落と、日本株式市場の上昇という局面入りです。当然、世界の株式市場が下落に転じれば、普通は日本にも影響でる訳ですが、いかに逆行高ができるかが、来年の相場にもつながると私は考えております。頑張っていきましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加