心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

東京

2017-05-03 | 日記




学生生活は

東京だった


当たり前の東京生活で

東京は、いつもそこにあった

その頃はまだ都内の私立学校へ行くという

風潮ではなかった


高い学費を出してくれて、親には感謝している

通学定期代だって相当に高かった

本当に、ありがたかった

ありがとう


母親は、都内の女子校でないとダメだと決めつけた

特待生で入れと


学生生活は短い

でも

詰め込まれている


私の知らない世界への始まりだったように思う


地元から離れて

遠い世界に行ったように思ったけど


私には正解だった

大正解だ


どこの学校だかわからない制服に身を包んで


毎朝、6時48分の電車に乗る


満員電車・・・


2時間もかかる



でも、


通った


通えた


あの世界があってよかった



あの世界の続きに、あの会社があって


私はそこでも成長できた


また知らない世界への始まりになった


いつも、私は、


自信があった



本当に、どこまでも



でも、そのすべては学校があったから



会社もとてもいい環境の場所で



アタシには、皇居の付近に縁がある


そして落ち着く


一線を退いてからは



もう都内に縁はないと思っていた



しかし、リーマンショックでリストラされてから



また不意にその場所へ戻った


不思議な縁だと思う



そして、幾度か仕事が変わり



また、新しい場所へ向かった



そこも大きな大きなオフィスビルが立ち並ぶ場所だった



できるだけ



出来る限り



働こう



そういった一流の場所には



それなりの人が寄り添っているのだとわかる



不思議だね



集うってあるんだと思う



私は、相応しくないかもしれないけれど



でも



できるだけやるだけ



東京タワーにまた行こう






















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秀でている人 | トップ | 素敵な人たちとの巡り会い »
最近の画像もっと見る

あわせて読む