心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

備忘録 29.6.18

2017-06-18 | 日記




雨が降ってきた

梅雨だしね

雨も降らないと、畑の恵だ


どうなったって、生きなくてはいけない

本当にそう思う


頑張っている人間に

頑張ろうとしている人間に

それを遮ろうとしかしな輩に

そういうの相手にしないでいいと思う


私がどうなっても

私のことを記憶に刻む人など誰もいないであろう

そんなもんだ


だから、

私は、私を生きればいいと思う



馴染めないというのは、ここまでかというほどに

現実である


それでいいと


もしも、本当にこの世が平等で


そして、


全てがあの世で精算されるというのであれば


みなが納得できるのであろう



走馬灯のように、死ぬ前に


生きてきた形跡が流れるのであれば


そこで、あぁ・・・と落胆するのではなく


あれもこれも、よくやったと思いたい



歳を取ると、あらゆることを忘れてゆくという


許せないと、憤慨していたことでさえ


なんであれほど怒っていたのだっけ?となるらしい



それでちょうどいいね



そう思う


ありがとうといいたい


そういう人生でありたい




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人事労務室に相談したけど | トップ | 絶望の先は絶望しかない »
最近の画像もっと見る

あわせて読む