心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

モンスターは昔からいた

2016-10-28 | 日記




今でさえ、モンスターペアレンツなんぞ言われてますが、

もう20年前にもなりますが

いましたよ、当時も

バッリバリのモンスターがね

それは子供たちの運動会での出来事

当時、運動会の役員をしていました

一緒に何人もの保護者の方が協力し合って

子供たちのフォローをしていました

自分の子供だっているのに、みなさん本当に協力しながら

運動会をしていました

無事に終わったかと、その日は思っていました

そして、後日

一緒に役員をしていた友人が

泣きついてきました


運動会のあの日ね

実は、リレーの子供たちを並ばせているときに

観覧している保護者から、罵声が飛んできたという

えっ?なにそれ?

子供たちを並ばせているその役員の保護者に対して、


『おいコラ、(自分の子供が)見えねぇだろー!ドケッ!』


と・・・言われたと


もうぉぉぉ!!!


なんなのよっ!


許せないっ!


彼女、悔しくて、泣き出してしまいました


私も、悔しくてたまりません


じゃぁ、お前が役員でやってみろっ!って思うよ


もちろん、しないだろうし、できないと思うけどね



そして、私は、そのことを園長先生に伝えました


実はこんなことがありましたと


同じ園に通わせている親から


そんな罵声を浴びせられるなんて・・・・



園長先生は、その事実を受けて


全保護者向けにその事実を知らせ、そして


それに対する私の意見と、そして


園長先生のお考えが記されていました


その報告の文章は波紋を呼びました


モンスターって、どうしてそんな風になってしまうのか


そんな親に育てられた子供は、どのような感覚を持つのか


恐ろしいなと感じます


















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳を癖づける | トップ | 人生50年 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事