心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

優しさの根源

2017-04-29 | 日記




人の優しさって、

取り繕ってできるものではないのですよ

普段から、優しさのかけらもない言動の人が

本当は優しいのよ・・・なんてことはない

という言葉を聞いて、安心できた

私もそうだと思う

本当にその通りだと思う

誰かには優しくて、誰かには意地悪なんて人は

実は、意地悪

悪いけど、優しさの心がある人は

基本の心が優しさでできているから

意地悪しようと思っていても

そうそうできるもんじゃない


そして、優しさは、

さぁ、私、これから優しくしますよって宣言したからって

明日から優しい人ねにはならない


今、会社で、社員さんからいろいろ教わっていて

その口調や態度がものすごく不快で意地悪としか言いようがない

私がおばさんだからそうするのか

まぁ、その人にも考えはあるでしょう

でも、

あまりにも、その社会人的に欠如している思われる人格に

こういう社員の下で

はいはい、と言うことしかできない状況は

これはひどい



そして、

先輩たちには優しい

他の人にも優しいというのは、もう完全に故意としかいいようがない

私は

私が間違っているのかな?とばかり思い込んでいた


でも、

そうじゃない


意地悪は人を貶める

とことん


そんな環境で

いい仕事、いい職場だと言えある訳がないじゃない


入社したばかりで文句言ってないで仕事覚えろよ!と


言われそうだけど


じゃぁ、


どうすりゃいいんですかね?



訴えていいですか?


私にも人格がありますから



本当は、その人も優しい人なんだよな


いい人なんだよなって、思い込もうとしていた



でも、


意地悪は意地悪



意地悪ができる心を持っているひとじゃないと意地悪なんかできない




ざけんなっ!







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 配慮ができる人、できない奴 | トップ | 秀でている人 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む