お茶をどうぞ!

毎日楽しもうよ!きっといいことあるよ!

憧れる~~

2017-06-09 23:55:12 | 古典着付け


昨日、舞子の着付けを通常の帯と拵え帯の二通りのやり方で着付けを致しました。

お太鼓のひだを作るとき左に紋で右はたれが二重になること!形づけは紋のついてる

たれが上になること!動いた時にクロスしているたれが揺れるのです。

通常は枕を2つ使うのですが、拵え帯は帯とを使い細紐でしっかり結ぶ

五つ紋の黒には帯留め(ぼっちり)は本来使いません!色つきの着物に使う。

舞子の着付けは、引き着よりも緊張してしまうのかしら力が入り結構汗が出るものですね。

モデルになった方いわく、若ければ舞子を体験したかったわっ~~憧れたらしい・・

舞子さんは14、5歳までなので年齢制限あり!!その壁は無理ですね~~

かく言う私も若いときにちゃんと化粧をしてきちっとした着付けをしてもらい記念の写真を

撮っておけばよかったな~~今はその用意ができてもとても無理~~あぁ~~時は残酷っ~~


終了後、久しぶりに弟と新宿で待ち合わせしいつもの天ぷら屋さんで五臓六腑に沁みる~~

ビールが美味いこと!!好みの物をあげてもらいサクッとした天ぷら!美味しいものを前にすると

話も盛り上がり、兄弟だから話せることや日頃聞けないこともいろいろ話してくれた。。

お酒大好きな弟はペースが速いこと!つられて飲んでしまい電車でうとうととしてしまい

乗り過ごしてしまうとことでしたが無事に帰宅致しました。。。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京粕漬けのランチ | トップ | 寄り道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古典着付け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL