お茶をどうぞ!

毎日楽しもうよ!きっといいことあるよ!

祝日の舞台

2017-04-29 23:33:10 | 着付けの仕事


舞台着付けの大先輩からお声があり松戸市民会館にて日舞の着付けを

させていただきました。二人一組の4組体制で臨みました。10時開演

午前中に70名!とにかく時間との勝負!ベテランさんの技は凄!!

12時前には終えてましたね。比較的ご年配の方々が多かったのですが

華やで生き生きと舞台に向かう皆様のお姿が素敵でした。

今日の着付けは大先輩と組んで手際の良さをしっかり学んだ良きひと時でした。

終了後は松戸駅近くの星乃珈琲で着付け師の皆様と座談会!!

和やかなひと時を過ごし帰宅。気持ちのいいお仕事ゆえ疲れがない~~~のよっ






ついでに昨日、仕事を終えた後水道橋で開催中の「東京国際キルトフェスティバル」に

出かけてまいりましたのでアップいたします。右、上下段はセシール・フランコニィさんの

作品で人気の高い刺しゅう作家らしい。素晴らしい作品の数々に目を奪われてしまいました。

以前少しだけかじったことがあるパッチワークと違い今のキルトはいろいろ進化していて

ブースを回るのが楽しかったわ!!

左下段は手回し式アンティークミシン、キルト作家丸屋米子先生の宝物として展示してあった。

たまたまご本人のトークショウあり前列で聞かせて頂いた。30年前ヨーロッパに旅行した折に

アンティークミシンと出会ったとのことでした。その後海外に出かけるたびに夢中で探し求めたと!

嫁ぎ先の青森で古布に出会ったことが今の自分に繋がったと話されていた。何かに出あいそこで

思いがけない人生の旅が始まる・・どなたにでもあるドラマティックな人生。。

招待券を無駄にせず足を運んでよかったわ~~素敵な作品!モノづくりの良さを再認識致しました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶一服 | トップ | 新星!ヴァイオリニスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

着付けの仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL