今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

私のガーデニング~心の支えだけれど贅沢な趣味 

2016-11-08 11:45:31 | ガーデニング

今日で、いつもより一日多く、八日目の更新です。

今日こそ、最終日。

そう思うと、やはりホッとして、なんだか嬉しい私です。

一つの記事が長過ぎ、更新を始める直前に二つに分けました、

そのために、記事が一つ増えたに過ぎませんが。

既に書き上げていて、内容もライフスタイルに添っていますから、投稿することに致します。。

 

話題は、ガーデニング。

幾度もブログ上で、すでに取り上げてきたことですが、新しいカテゴリーに参加するようになってから、この事にまだ触れていません。

ガーデニングは、今の私のライフスタイルの大きな特徴です。

 

  

 

夫が逝ってしまった今、庭の植物の存在が、私の心の慰めと支えに如何になってくれていることでしょう。

言葉では語りつくせないほどのものがあります。

とは言っても、無慈悲な所もある庭主の私。

体調があまり良くない時、家事、その他の事に忙殺され、時間的ゆとりが持てない時など、植物の世話をなおざりにしてきました。

夥しい数の草花を枯らしてしまった私です。

枯らしたというより、いつの間にか自然消滅。

一年草の消滅は当たり前の事ですから、心を痛めてもしかたない事なのですけれどね。

意外に多いのが、根腐れかしら。

 

一番、致命的なことは、我が家の花壇の日照不足です。

なかなか思い通りに草花が育ってくれません。

体調が非情に悪い時期、二年程、ガーデナーさんのお世話になったことがありましたが、同様の感想を述べておられました。

 

私の遊び心です。
おうち、もうちょっとまともなものを、と随分探したのですが適当なものがなくて。

現実的な目的は、お花を植えるスペースを少しでも少なくしたかったからでした。(笑)

 

私の家は東南向きで、高台にあります。

家の中には朝陽が差し、昼下がりまでお日様の恵みを感じながら過ごすことができます。

けれど、庭の形状は、奥行きがなく横幅が長い。

和室の前の小庭と、玄関ポーチの面積もいれると、かなりの広さになります。

けれど、庭の花壇の前にあるフェンスには、それを覆うように、我が家のシンボルフラワー、ハーブ系のコバナランタナが生い茂げっています。

 

わが家の擁壁を覆うコバノランタナ

 

更に、モクレン、むくげ、シャラ、花水木、その他の樹木が植えられていて、大きな木陰を、奥行きのない花壇に作ります。

こんな状況ですから、日照不足は避けられません。

 

半日陰向きの植物ばかり植えれがよいものを、私はその花の適性を無視しがち。

自分が描くイメージを膨らまして、ついそれにあった草花を買い求め、植え付けてしまいます。

適性に合わない厳しい環境に置かれた植物は、本当に可哀想。

その点の後悔は、とめどもなく続いている私です。

 

 

酷暑で、かなり荒れた庭を立て直そうと、秋の気配が濃くなった十月の中頃から、秋用の苗をいろいろ買い始めました。

夏向きの草花も買い揃えはしたのですが、つかの間の可憐さと美しさで私の目を楽しませると、たちまち弱ってしまいました。

こんな事は初めてでしたから、かなりのショックを受けました。

それなりに世話を焼いていたつもりでしたから。

 

その原因を、私は、天候と花屋さんのせいにしてしまいました。

たちまち弱ってしまったのは、もともと苗に元気がなかったから、との思いに。

久し振りに訪ねた花屋さんです。

店主さんは、とても感じの良い方だけれど、その時のショックは、結構大きくて。

その店に、足を運ぶ気が起こらなくなってしまった私です。

近所に、私が心から惹かれる園芸店がないのは、本当に残念な事です。

ネットで、時々買い求めますが、失敗することが多くて。

それに意外と高い、との印象を受けます。

 

お花がもう少したくさん咲くと、華やかな雰囲気になるのでしょうが。

私はさりげない姿の野の花が咲き乱れるイメージが理想なんです。
それにしても、ちょっと地味過ぎ?

 

夫が入院していたK病院の最寄り駅前の花屋さんは、小さな店構えながら品揃えがよくて、私がつい買いたくなるような草花が、いろいろありました。

よくそこで買い求めて、持ち帰ったり、送ってもらったりしたものです。

私の期待を裏切らず、とても元気に育ってくれ、今も健在なものも幾つかあります。

 

不愛想な男性の店主さんですが、見かけによらず、とても親切な方。

数千円求めただけですのに、二度も、我が家に自分の車で届けて下さいました。

つい最近も、電話注文で五千円少々注文したに過ぎませんでしたのに、また届けていただき恐縮してしまいました。

わが家からは、電車を二度乗り換えて、一時間以上かかる所です。

営業も難しいですよね。

余り親切にされると、それに甘えては申し訳ないといった気持が働いて、かえって頼みづらくなってしまいますもの。

 

 

長年の園芸店巡りの結果出した私の結論は。

渋谷の東急デパート本店の屋上にある園芸店が一番品ぞろえも良くて充実しているとの思いです。

日本橋の三越・伊勢丹デパートの本店の屋上にあるチェルシーガーデンには、よくT大病院の帰りに寄り、お世話になりました。

珍しい、センスの良い草花が多くて、私のお気に入り店でしたが、何せ遠すぎます。

 

T大学病院で入退院を繰り返していた夫が、2年半後に、私がお気に入りの小さな花屋さんがある駅近くの病院に転院しました。

転院した病院も遠かったですが、T大学病院は乗り継ぎがうまくいかないと二時間くらいかかりました。

毎日よく通ったものだと思いますが、そのストレス多い日々に、花屋さんの思い出が重なっている私です。

私の疲れた心の、大きな慰めでした。

 

 

それにしても、ガーデニングは贅沢な趣味の部類に入るのでは、と痛感するこの頃。

遺族年金の身には、その出費は、とても大きなものに感じられます。

今回も万単位の支出をしてしまいました。

チョッとした自己嫌悪を伴う、反省もしています。

如何に支出を減らしてガーデニングを愉しむか、が、私の今後の大きな課題になりそうです。

 

花壇はすべて常緑のリーフものにして、テクスチャーやカラーの変化を愉しむ。

草花は、鉢やコンテナのみに植えつけ、オブジェと共にアクセント的に置く。

このようにすれば、随分経費の削減にならないかしら。

でもうまくまとめる自信などまるでなくて、イメージばかり先行してしまう私です。

今秋も、それは実践できなくて、草花をたくさん買い求めてしまいました。

家計が悲鳴を上げている。

 

 

ガーデニングは、認知予防と暮らしの潤いになる素敵な趣味だとは思うけれど、夢を追いすぎると経費はかさむ一方。

そのうえ、すぐ枯れてしまって、その支出が無駄になることも多々。

ほどほどに愉しむことに徹したいものですが。

夫がいなくなった今。

庭の草花は、今まで以上に私の大切な家族です。

 

今年も残すところ、わずかとなってまいりました。

皆様は年末年始の準備を着実に進めておられることでしょう。

ライフスタイルのブロガーさんの記事からは、それが十分にうかがえ、ちょっぴり焦っている私です。

十月から、この週末まで、孫の行事だらけで、運動会に始まり、お稽古ごとの発表会、学園祭と、まれに見る多忙さでした。

親友とランチを共にし、とても素敵なひと時も持てました。

まだこれから、同窓会、夫の一周忌法要のための帰郷があります。

一方、私もお正月に向けて、ひと働きしなければなりません。

こんな状況で、ブログが綴れるのかしら。

これからしばらくは、気ままに綴り、不定期の更新にしようかしら、とも考えています。

 

短文を目指すと言いながら、私の記事は、相変わらず長文ですね~

貴重なお時間を割いてまで、拙いブログをご訪問下さいまして、本当に有難うございました。

昨日合った孫の話ですと、クラスの友達が八人もお休みとの事。

インフルエンザが流行り始めているようです。

皆さま、くれぐれもお気をつけて、年末年始の準備にお励みくださいませ。

 

ではまた、お目にかかれる日まで、ごきげんよう♪

 

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

   お料理ブログも、宜しければ、お立ち寄りくださいませ。

http://blog.goo.ne.jp/karensakura0403

 

 

 

  

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私達を幸せにするお金の使い... | トップ | 二つの不運な出来事 »