今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

和やかな優しい時が流れて~友人達とのお食事会

2017-03-30 06:59:50 | 

一週間ほど前(3月11日)のこと。

書き始めた時点での、一週間前です。

時差が大きい私の記述で少々恥ずかしいですが、ご了解くださいませ。

 

次女の中学時代のママ友達三人で昼食を共にし、約三時間、おしゃべりで花を咲かせました。

明るい話をして、Tさんの体の免疫力を高めてあげなければ、との願いは幾分叶えられたようにも。

それほど、屈託のない楽しいひと時になりました。

 

ホテルを出て帰路に就くやすぐ、思いがけないハプニングにも見舞われた私たち。

これは最後のお楽しみということに致しますね。

 

ガンを罹患され、手術が無事に終わり療養中の身でまだいらっしゃるTさん。

この度のお食事会が、それ以来初めての長い外出でいらしたようでした。

彼女の事は、前回の一連の記事の中でも書きました。

そのTさんに会う前は、幾分不安もありましたが、電話の声は、いつもと全く変わりなく、明るく優しさに満ちたトーンでした。

ですから心配は無用との気持ちで、お元気なTさんにお目にかかれるとの確信を抱いて、出かけた私です。

 

 

待合場所の駅のホームを降り、約束の時間ピッタリに、広い改札口に私は出ました。

キョロキョロ辺りを見回していると、彼女と他の友人二人が、笑顔をいっぱいたたえ、どこからともなく私の前に現れました。

 

最初にTさんの姿が、目に飛び込んできました。

いつも、とてもおしゃれでセンスの良い方ですが、その日の服装は、グレイのスリムなオーバーに、襟元にその色にとてもマッチした艶やかなブルー系のスカーフ。

とても素敵!

私の印象は、少しお痩せになったみたい、でした。

思わずその感想を述べたところ、なんと七キロも体重が減られたとのこと。

 

もしやつれた印象でしたら、そんな無神経な問いかけはしなかったでしょう。

実は、とても美しく痩せていらしたのです。

もともと雰囲気美人のTさんですが、細身になられ、その美しさに清々しさとシャープさが加味されたようでした。

思わず見とれてしまうほど。

「きれいになられたみたい。私もTさん目指して、もっと体重を落とさなくちゃあ~。せめて48キロまではね」

と言いました。

 

我が家の花壇に咲くクリスマスローズ。
Tさんにとても似合う花です。

 

とてもお元気そうなTさんを見て、すっかり安心した私。

四人で予約をした某ホテルのレストランに行きました。

そのレストランは、眺望の素晴らしい三十階にありました。

見晴らしの良い窓際の素敵な空間の席につき、予約をした11時半から2時半まで過ごしました。

とりとめのない愉しい話題で、和やかな時が流れて・・・・・・。

 

入退院の時期など、御病気の詳細はあまり伺っていなかった私。

尋ねてみたい気がしましたが、触れていいものかどうか迷っていました。

彼女がお食事の途中、席を外されたことがありました。。

 

その時、他の友達に、

「病気の事をお尋ねしてもいいのかしら」

と訊くとと、皆さんも気になさっておられたようです。

「訊いて差し上げたほうがいいのじゃあないかしら。私だったらその方が嬉しいわ。

心に溜まっているものを吐き出すと、気が楽になるもの」

とおっしゃいました。

しばらく経って、彼女が戻ってこられた時に思い切って、入退院された時機がいつだったのか伺ってみました。

 

 

するとTさんが堰を切ったように、いろいろ自分の病気について語って下さったのです。

乳がんが、他のがんより転移しやすくて、全身癌になる可能性が高い病であること。

五年の生存率があまりあてにならないこと等。

彼女は、早期発見だったので、転移もなく、回復が早かったこと。

検査をしている間は、転移が怖くて、身が細るような思いをしたこと等。

 とても詳しく説明してくださり、発症後の経緯がよく理解できました。

 

内容は深刻ながら、それを彼女は柔らかな口調で淡々と明るく話されます。

私が敬愛して止まない、彼女のいつものお人柄ゆえでしょう。

唯々感心するばかりでした。

 

そして、すっかりお元気になられた彼女を見て、心から胸をなでおろしました。

と共に、身辺整理までされた彼女の気持ちが、安堵に代わるまでのご苦労を思わないではいられませんでした。

明るい前向きのお人柄ゆえ、免疫力の高いお体が、がんを撲滅したに違いありません。

そう信じて疑わない私です。

 

 

今後は、隔月に一回程度は会いましょうと、固い約束をして、そのレストランを後にした私たち。

まだ駅前開発されて間もない真新しい街中の歩道を歩いていると、撮影の機材を持った男性二人に呼び止められました。

何と日本テレビの取材班の方達でした。

 

「~番組のものですが、2~3お尋ねしていいですか?」と。

カメラが私達に向けられています。

とんでもない!私はすぐ逃げ腰に。

他の友人達も、断りの数言を笑いながら言って、退散。

彼女たちは、その番組の事をとてもよく知っていましたが、テレビを見ない私は、チンプンカンプンでした。

 

よく街頭で取材を受け、応えているおばさんたちが、テレビに映ることがありますよね。

私にはそんな勇気はありません。

しばらく、その話題でもちきり。

チョッとしたハプニングでしたが、これもこの日のお食事会の良き思い出になりました。

 

愉しい余韻を胸に、お別れした私達。

1~2か月に一度会う約束をしましたが、ラジオ番組に週一回出ておられるIさんの手帳は、予定のマークで一杯。

時間を何とか調整してくださるようです。

闘病中のTさんの気晴らしと、暮らしのリフレッシュになれば、何よりのことと思っています。

また会える日を楽しみに、彼女の全快を祈る日々です。

 


にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

 ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

  一人ごはんの励みになりますので、料理ブログにもお立ち寄り頂けると嬉しいです

 http://blog.goo.ne.jp/karensakura0403

 

今日の画像は、和風献立です。ひじきと卵の混ぜ寿司他。
明日からレシピを載せていきます。

 

 花のように泉のように

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気のゆるみが出てきたこの頃 | トップ | 徒然なるままに~清らかなコ... »