今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

続 私の暮らしへのこだわり 

2016-10-15 07:20:02 | 日記

今日は、私のこだわりについて、もう少し触れたいと思います。

前回、衣類のことを書きましたが、もっと大きな課題に取り組む時も同様です。

大きいだけに、支払額は相当なものになります。

人任せになど、私はとてもできませんでした。

家を建てる時、庭をリフォームするときなど。

私は図面は、すべて自分で引きました。

いわゆる見取り図です。

 

もちろん本格的な設計図など描けるわけがありませんから。

とてもとても大変だったけれど、夢を実現すると思うと、楽しい作業でした。

そのおかげで、マイフォームも庭も、私のこだわりが隅々まで行き届いたものになり、夢が叶えることができたと思っています。

 

ファミリールームと居間の仕切りの窓です。

わが家は今流行りのオープンキッチンではありませんが、
この窓を開けると、それに似た効果があります。

 

我が家担当の設計士さんは、某大手住宅会社で一番評判の高い優秀な方でした。

その当時、渋谷の住宅展示場のモデルルームを設計された人です。

その方とは、その後、今に至るまで、年賀状のやりとりが続いています。

必ず私信を添えて下さいます。

 

後からファミリールームもアップしました。
居間の内窓との連続性と紹介した絵柄のタイルをよくイメージして頂けると思いましたから。

 

センスもお人柄も良くて、格好いい爽やか青年でいらしたYさん。

全面的に信頼していましたが、それでもその人任せにはできなかった私です。

任せられなかった訳ではなく、初めてお会いしたとき、私が描いた見取り図がほぼ完成していたというべきでしょう。

 

マイホームを建てる前に、優先しなければならない出来事がいろいろある時期でしたから、建築を急いではいませんでした。

建てたのは、土地を購入して、数年経過してからです。

その期間、自分の夢をかなえるために、見取り図を描き、家具のレイアウトなど、あらゆることをじっくり練ることができました。

 

キッチンのタイルに三か所はめ込まれた、絵柄の輸入タイルです。
こんなところにも、とてもこだわりました。

一拭きして写真を写せばいいのに。
タイルが汚れていて恥ずかしいです。

 

幼い時から、紙におうちの見取り図を描いて遊ぶのが大好きな子でしたから。

その小さな才能(?)が、40代半ばになってちょっぴり花開いた。

そんな感じだったしょうか。

住宅雑誌は、百冊以上読み込んだと思います。

営業の方が、私が描いた見取り図を見て、感心して下さいました。

設計士さんには、

「僕がやったことは、屋根のかけ方と、窓の大きさ位です」と言われたものです。

 

厳しい暑さでかなり荒れた庭に数日前、お花を植えこみました。
野原に野の花が咲くイメージが、私が抱く理想なのだけれど・・・・・・。
なんだかまとまりのないアレンジで、今一つ気に入っていない私です。

 

でもこれも若かったからできたこと。

もともと体力がありませんから、完成後は、燃え尽きてしまい、それほど家にも庭にも、情熱は欠けていません。

でもささやかなこだわりは健在。

自分の気に入ったものだけ、こだわって買う暮らしは、今も継続中です。

 

 

夫が亡くなった寂しさを、私の大好きな家と庭が、どんなに慰め支えてくれていることでしょう。

計り知れないものがあります。

この夢の実現も、夫がおおらかな気持ちで私に任せ、見守ってくれていたからこそ、できたことです。

感謝の気持ちで夫を思い出す度に、涙ぐんでしまう生活は、相変わらずの私ですが・・・・・・。

 

私が心から愛するこのマイホームで、前を向いて元気に過ごす心がけを忘れないこと。

それが、何よりの夫への供養になる、と思っています。

 

  
にほんブログ村

ご訪問有難うございました。

 ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

お料理ブログも、最近は記述しています。
宜しければ、こちらにもお立ち寄りくださいね。

  

花のように泉のように

 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の暮らしへのこだわり | トップ | 一人旅は頭脳の老化予防に最適  »