カレンさんちのお庭でおしゃべり

なんちゃってガーデナーのカレンさん
庭で育てている四季折々のお花、そしていつかは果樹園の様子を紹介します♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

荒れ地を畑にしよう①

2017-04-29 20:45:53 | 畑・自然農法
以前義父と義母が作っていた畑。

自給自足用の家庭菜園だったんだけど、義母が亡くなり、義父も高齢となり
耕作放棄の荒れ地となってました。


で、仕方なく家族で草刈りだけは数回したものの、
もう畑をすることもないだろうと除草剤も撒き、ほとんどほったからしにしてたのが
春になって草が一気に伸びだし、あっという間にもう雑草天国(汗)





このままじゃまずいよね。。

周辺の畑はみなさんきれいに野菜をうえてらっしゃるのに・・・


(4月22日)




てなわけで、GEの初日だとういうのに草刈りをしました。



今日は息子が手伝ってくれるというので、草払い機2台でとりあえず手前の部分の草を刈ります。

今年はカラスノエンドウがすごくはびこって、刈りにくいったらありゃしない^^;


でも、これって土が回復してきてるってことですよね。



1時間半ぐらい刈って、本日は終了。

刈った草はそのまま土の上に放置します。

去年は刈った草を集めて別の場所に積み上げてたんですが、
そうすると裸になった土にすぐ草が生えてきて、あっというまに草がぼうぼうとなる繰り返しだったので、
今年からは刈った草はそのまま土の上に放置して見ることにしました。


そうすることで、草が生えるのを抑え込みます。
刈った草は微生物たちに分解されて土を再生してくれるはず。


今すぐ野菜を植えなくても、仕事もリタイヤする数年後に自然農法で安心安全な野菜を作って食べれたらいいなぁ。
くらいの長~~~いスパンで、まずは畑の土台となる土作りから始めてみようかな(*^-^*)


なんとも気の長い話ですが、
仕事をしながら、ガーデニングもしたいし、家庭果樹園もあるし
やっぱり遊びも行かないといけないし、
あっ、主婦としてはやらなくてはいけない家事も山ほどあるわけでして(笑)


とにかく、これから数年は自然農法ができるくらいに土を作ることにしよう^^


「自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。」(ウイッキペディアより抜粋)


(4月29日)刈った草はそのまま放置
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の庭⑧(アルストロメリア・... | トップ | 春の庭⑧(アジュガ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

畑・自然農法」カテゴリの最新記事