長州大工の心と技 その4 山吹御前神社 炷森三島神社

                                         
                                                  遍路日記はこちら
山吹御前神社

松山と大洲を繋ぐ旧大洲街道は概ね現在の国道56号に沿っているのですが、伊予市大平から犬寄峠を越えた辺りから東方へ外れ、山間の道を採ります。犬寄(いぬよせ)の大師堂を過ぎ杉林の中の急坂を下ると谷に沿う集落に源氏、山吹、日浦という字名を聞きます。この山吹の地に山吹御前神社があります。
旧大洲街道はここを過ぎると再び現在の国道56号に寄り中山へと向かうのです。

山吹御前神社に祀られる山吹御前とはどういう人だったのでしょうか。
源頼朝の平家追討に呼応して木曽義仲が信濃の木曽谷に挙兵したのは治承4年(1180)のこと。京に入った義仲の様子を平家物語は次のように記します。
「木曽は信濃を出しより巴、山吹とて二人の美女を具せられたり、山吹はいたわりあって都に止まりぬ・・」
頼朝に追われる立場になった義仲は巴のみを連れて追討軍に立ち向かい寿永3年(1184)近江、粟津が原に敗死します。京に残った山吹については、大津で亡くなったとされる他、各地に様々な伝承が遺されており定かではありません。この伊予の地、佐礼谷(されたに)で亡くなったとする伝えもその一つです。
神社の前に立つ「神社の由来」の案内はその様子を次のように紹介しています。長くなりますが、その一部を抜き書きさせていただきます。
「・・正史の裏側で、いたわりあって京に止まった山吹は生前伊予守であった義仲のゆかりもあってか、少数の供と共に伊予を目指して落ちて行ったと思われる。しかし、その伊予の国とて文治二年(1186)他の伊豆・相模等五か国と共に頼朝の所領となった程で頼れる先も失われ、一行に対する風は冷たかった。某月某日、一艘の舟が伊予の灘浦(伊予市双海町上灘)に着いた。ひそかに上陸した僅かな人影に囲まれていたのは病んだ山吹御前であった。一行は隠れ里を求め上灘川の流れに沿って真東に見える山方に向かって進んだ。そして現在の伊予市双海町大栄、翠小学校の所より坂道にかかる。一行は思案の末、竹を切って笹舟とし、これに次第に衰えを見せる山吹御前を乗せ右手の山肌を斜行しながら遂に山頂まで引き上げた。これはさながら人形浄瑠璃「ひらがな盛衰記」の「笹引の段」の光景と同様であり、其処に活写されたと言って過言ではない。この時より人々はこの山坂を曳き坂と呼び、辿り着いた山頂で山吹御前を真中にして楯を立て従者がこれを囲んで恐らくは一夜を明かした地を築楯という。またその辺りの集落を高見と呼ぶのは遥か伊予灘の彼方を望見して追手を警戒すると共に沈む夕日に漂泊の思いを深くしたと思われる。一行は更に勇を鼓し、現在の国道五六号を東に向かって横切り山に分け入って伊予市中山町佐礼谷平野(ひらの)に出て川の流れに逆らって日浦に至ったが、もうその間に山吹御前は波乱と薄幸の生涯を終えたと思われ衣裳替え地と呼ばれる小祠の所で死装束に改められた。素朴で心優しい日浦の人々は、この美しい貴人がこの地を永遠の隠れ里としたことに感激し従者と共に地を選んで鄭重に葬ると共にその上に五輪塔を建てた。更に時代により消長はあったが旧大洲街道を隔てて山吹御前を神とする社を造営した。何れも山吹御前の故里に対して東向きとし此の地を山吹(小字)と呼ぶ。山吹御前の神徳とこれに示された先祖達の優しい心は蛍の里日浦のゲンジホタルの青い光と共に末長く伝えてゆきたい。」

村の人々の願いであった神社が建てられたのは明治27年のこと。「大工棟梁 山口県大島郡西方村 門井友祐」と社記に記録され、その銘は拝殿の獅子の彫刻の裏にも残されているといいます。
山吹御前の五輪塔墓の所在を聞いても、村のやや若い人は「いやーわしは知らんので・・」。でも狭い山吹の地、少し歩けば容易に見つかります。立札などないのが好ましい・・。
山吹御前の伝えと日浦、山吹の人の熱意が長州大工門井友祐の心を大いに揺るがしたであろうことは容易に想像できます。この「長州大工の心と技」の旅を終わってみて私は改めて思ったものです。門井友祐はこの山吹御前神社で最も素晴らしい仕事をしたのではなかったかと。それは確信に近いものでした。
杉林から清い水が流れていました。昔の大洲街道はきっとこんな道、と思う山吹の集落の中の道をできるだけ歩き、街道を導く道標も見て中山に向かいました。

拝殿、本来の拝殿の前拝部のみが残る。現在の拝殿は集会所を兼ね昭和34年に建てられたもの。


拝殿水引虹梁上の彫刻(素戔嗚尊か)


拝殿木鼻の獅子、根肘木の獏


拝殿木鼻の獅子


拝殿根肘木の獏


本殿


本殿木鼻の龍


本殿木鼻の龍


本殿


本殿


本殿腰板の彫刻


本殿腰板の彫刻


本殿脇障子の彫刻


本殿脇障子の彫刻


山吹御前の五輪塔墓


神社横の道、昔の大洲街道はきっとこんな道


山吹の集落


旧大洲街道の道標、(手印)なかやま(手印)みやもと 大正五年六月





炷森三島神社

炷森(とぼしがもり)三島神社は内子から四国霊場44番札所大宝寺を目指す遍路道(国道379号の旧道)に沿ってあります。
私は平成26年3月の遍路の際寄る予定でしたが、神社の近くのお旅所の傍の茶堂で地元のお年寄りと話し込みそのまま通過してしまったことを思い出します。
この神社は永禄11年(1569)曽根城主曽根宣高が大山積神を大三島より勧請して神殿を建立したと伝えます。
現在の拝殿、幣殿、本殿は明治33年に上棟したもので、拝殿には「炷森三島宮改築工事録表」というものが掲げられています。それによれば、棟梁は地元の大本新五郎でその他地元大瀬をはじめ五十崎や松山などの多くの大工が参加しているのです。長州大工として参加しているのは本殿の彫刻師としての門井友祐のみです。拝殿の木鼻の龍は当地天神村の城崎豊、前拝の彫り物には松山の大可賀、武智武八等の銘がみられるといいます。いずれも門井のものとは趣を異にしますが、立派で華麗な彫りであると感じさせられます。唐破風の中の豪壮な斗拱は、この拝殿の最大の特徴でもあると思われますが、泉吉太郎等の作といわれます。
本殿の門井友祐の彫刻の内、脇障子の彫刻、腰板の中国の神話を題材にした彫刻は特に貴重なものと思われますが、保存のためにガラスがはめられ、見難く撮影も困難であるのは残念なことです。辛うじて撮れた、「王子喬」「瓢箪から駒」の2枚を載せておきます。
拝殿は壁のない開放的な空間で、ここで毎年の秋まつりに行われる獅子舞は独特で貴重なものです。Youtubeでもその映像が公開されています。太鼓の音頭に合わせて踊るその所作と筋書きのおもしろさは繰り返し楽しみたくなるものです。
台風の齎す雨は弱まったり強まったり・・写真を撮る状況にはありませんでした。できうれば別の機会に撮り直ししたいものです。

石段を上る


拝殿が見える


拝殿


拝殿木鼻の龍


拝殿木鼻の龍


拝殿舞台


本殿


本殿


本殿腰板の彫刻


本殿腰板の彫刻





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ