空手道へっぽこ稽古日誌 Karate training diary.by immature person.

北海道旭川で空手を学ぶおっさんの備忘録。
下手の横好き・継続第一・最強二の次。
ゆるゆる急げとは内藤陳氏。

10月18日の自宅稽古。/16.10.18

2016年10月18日 | へっぽこ稽古日誌
本日も早番。
というか今週は3日連チャンの2日目。

平常運転でおま。

東京にいる実兄。
20日帰京予定で、昨晩帰省のはず。

帰宅したら顔出すか。

てか、明日19日の夜は
また竹ちゃん鮨にて家族全員で夕食だ。

あと何回、「家族全員で」
楽しめるのかと、かみしめるこの頃。



さて、娘7歳。

本日は、学校が臨時休校で、朝から児童会。
給食は当然ないので、お弁当。

で、昼に家内謹製の弁当の蓋をあけて愕然とする。

メニューが、めっちゃお子さま向け。
量も少なくて、2度びっくり。

多分、娘にあわせてメニュー構成したら
こうなったんだろうw

後から家内、

「お弁当開けても驚かないでねってメール入れるの、忘れてたw」

いいよ、ネタになったしw < いまここ。



本日の北海道新聞に布袋寅泰さんのBEAT7ツアーの広告が。
11月11日(金) ニトリ文化ホールだそうな。

写真(左)がその新聞広告で、
写真(右)が公式Webのカラー版。

美男子ではないけれど、
一本筋の通ったかっこよさ。

画面左のそれは、
高く蹴上げられた左足である。

黒ずくめの装束が侍を、
右手に下げられたギターが刀を
髣髴とさせる。

何?…

侍?…

…激しく既視感に襲われる。

よく考えたらこれだった。

 『シックス・ストリング・サムライ』
 (Six-String Samurai)は、1998年のアメリカ映画。
 香港でアクションと武術を修行したという
 ジェフリー・ファルコンが製作と主演を兼ねた
 荒唐無稽なSFアクション映画。
 しかも主人公は何と、
 伝説のロックンローラーである
 バディ・ホリーをモチーフにしたという。


うん、だいたいあってるわw(どこがだw)



ツイッター傑作選。

 特攻隊とかインパールとかなんであんなひどいことを
 命じてできるんだろう、と思ったけど、
 こないだの残業100時間ぐらいで死ぬのは根性無しというのを聞いてわかった。
 やらせる方は、相手が死ぬのは相手の責任であって
 自分のせいとはびた一文思っていない。

 何かミスったときに反省してます…ほんとごめん…みたいな顔をせずに
 すぐにリカバリ案を出してきたり黙って手を動かしたりするタイプの子がいて、
 僕はその子のことがとても好きで頼りにしてるんだけど、
 ミスったときに涙ぐんで反省する子をみんな評価するんだよね。
 泣いたってなんにも意味ないのに。

 機嫌良くしていられるというのが大人の条件である。
 何故か。不機嫌さをもって他者をコントロールすることが
 許されるのは子供だけだからである。
 泣いたり、怒ったりして要求を通せるのは相手が大人だからである。
 どんなに年をとっても不機嫌さで
 他者をコントロールしようとするのは赤子に等しい。

 心の荒ンだ者は、何をやっても上手くいかず、苛立っている。
 ますます人は離れていく。
 だからね、絶対に心を荒ませてはいけないよ。
 一度荒ンだ心は、よほどの事がないと、優しく温かい心には戻れない。
 心が荒みそうになった時に立ち直れるかどうかで人生の質が変わる。
 80の体験として。(小池一夫)




本日も、自宅稽古。

筋トレの更新プログラムは既に消化。

いつ、どこで消化したのかは勿論内緒だw
そしてディップスとレッグレイズも40回ずつ
どこでやったのかこれも内緒だw

 V字腹筋   40回×3セット。
 拳立て伏せ  10回×2セット。
 ディップス  20回×2セット。
 レッグレイズ 20回×2セット。
 四股立ちでツイスト運動 左右に40回。

ツイスト腹筋、省略しました。

本日、型は【ナイファンチ初段】【アーナンクー】【汪楫】まで。



恋は雨上がりのように 6 (ビッグコミックス) コミック – 2016/10/12
眉月 じゅん (著)
コミック: 158ページ
出版社: 小学館 (2016/10/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4091877982
ISBN-13: 978-4091877987
発売日: 2016/10/12


買ってもうたわ 6冊目。
シリーズ累計120万部突破であるそうな。

今回もじわじわと、ゆっくりと
進む恋模様が実にいいです。

ジェットコースター的な
早い展開の恋愛劇も嫌いじゃないけど、
恋に関する「なぜ?」が、言葉でなく、
登場人物の表情や行動だけで
表現されるのってたまらない。

いい漫画だ。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人生は完結」と思う高齢者... | トップ | 映画『キル・コマンド』予告... »

あわせて読む