空手道へっぽこ稽古日誌 Karate training diary by immature person.

北海道旭川で空手を学ぶおっちゃんの備忘録。
継続第一。最強二の次。下手の横好き。
今年こそは、と幾星霜w

【ニュースの深層】既婚者のセックスレス47%の衝撃 年々進むレス過去最多/17.03.05/産経ニュース

2017年03月05日 | 【NEWS】
【ニュースの深層】既婚者のセックスレス47%の衝撃
年々進むレス過去最多 日本の夫婦の回数は世界平均半分以下の年◯回
2017.3.5 13:00 産経ニュース

 ますます深刻化する少子化に挑むため、「夫婦の営み」という“秘め事”に果敢に切り込んだ調査が毎年発表されている。夫婦がセックスレスにある状態は昨年、10年前(34・6%)に比べて、12ポイントも悪化する47・2%で、半数に上るという実態が明らかになった。男性側の原因を突き詰めると、「仕事」を理由にしていることが多く、女性の場合は「面倒くさい」という意見が多かったという。(※2月24日にアップされた記事を再掲載しています)

ギリシャ人は「年164回」

 調査をしているのは、一般社団法人「日本家族計画協会」。昨年10~11月、16~49歳の男女3000人に調査票を手渡す方法で調査した(有効回答率は46・8%)。平成14年(セックスレスについては16年)から行っており、今年で8回目。

 日本性科学会によると、セックスレスとは「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1カ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」をいう。

 日本のセックスレス化は年々進んでおり、過去最多を記録し続けている。

 避妊具の大手メーカーDurex社が2008年に公表した調査によると、年間の性交回数は、ギリシャがトップで164回。次いで、ブラジル145回、ポーランド・ロシアが143回、インド130回、メキシコ・スイス123回と続く。日本は年48回の週1回程度で、世界平均の103回の半分以下だ。

 ただ回数が多ければいいというわけではない。カナダのトロント大学の教授が2015年の学術誌に書いた論文では、「カップルの幸福度は週1回のセックスで十分」と主張している。

「面倒くさいといったら面倒くさい」

 婚姻関係のある人が、セックスに対して積極的になれない理由は何か。

 男性では、「仕事で疲れている」が35・2%。6年前(19・7%)のほぼ倍になっている。次いで、「家族(肉親)のように思えるから」が12・8%、「出産後何となく」が12%、「面倒くさい」7・2%だった。

 これに対し、女性の方は、「面倒くさい」が22・3%、「出産後何となく」20・1%、「仕事で疲れている」17・4%、「家族(肉親)のように思えるから」が8・2%だった。6年前の理由の一番も「面倒くさい」が26・9%を占めており、傾向はさほど変わらない。

 同協会の北村邦夫理事長は「興味深い理由は『家族のように思えるから』だ。子供が生まれるとパパ、ママと呼ばれる。日本の特殊な習慣で、フランスのメディアからは『婚姻しても名前で呼び合え』と指摘された」と話す。さらに「女性の『面倒くさい』とはどういう意味かと聞いてみるが、『面倒くさいといったら面倒くさい』といわれる」と埒が明かないという。

性行開始と家庭の意外な関係

 同協会は性教育についてもユニークな調査を行っている。

 中学生の頃、「家庭が楽しくない」と答えた人は、「楽しい」と答えた人より、1歳ほど性交の開始が早かった。「毎日朝食を食べなかった」と答えた人と「食べた」と答えた人の比較も同様の結果が出た。「普段、親と話をしないと性交開始年齢が早くなる」というデータも得られた。家庭の崩壊が、子供を外へ向かわせるのか。

 一方で、少子化に関連して、政府と自治体に特に努力してほしいことを尋ねると、「子育ての経済的支援」44・8%、「子供の教育費の支援」26%、「結婚のための経済的支援」24・9%という結果が出た。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月4日の自宅稽古と映画『... | トップ | 51歳で高校生に 紆余曲折の... »

【NEWS】」カテゴリの最新記事