からたちの道

仕事しながら思ったことなど綴っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生産者インタビュー 「嫁付き みかん山付き  借金付き」

2017-07-11 11:01:16 | 日記


みかん山はちみつ園主 
吉田浩司さん 1977年長崎・諫早生まれ。結婚を機に水俣へ。パートナーの実家がみかん農家だったことがきっかけで柑橘農家になる。高校生と小学生の3人の子どもがいる。

文・大澤菜穂子

 今回紹介する柑橘生産者でもあり、みかん山ハチミツの園主吉田浩司さん。私の大学時代からの親友でもある。大学は違うのだが、大学間を超えた環境サークルで知り合い、学生時代、九州内の学生を募り、水俣でともにイベントなどを行った仲間だ。何故、彼が今、水俣で柑橘農家になったのかは、私の幼馴染と結婚をし、彼女の家が柑橘農家だったのだ。彼女と付き合い出し、長年柑橘農家をしていた彼女の父親が亡くなり、吉田さんは広大なみかん園を継ぐ流れとなった。もちろん柑橘栽培などしたこともなかった。

 ちなみに、彼のパートナーでもあり私の幼馴染は、家業は継がず、助産師となっている。彼女が仕事を辞め助産師の道を進むと決めた時、一番の応援団で後押しをしたのはもちろん彼だった。助産師を志す為、他県で住み学校に通う妻。柑橘栽培をしながら、時には一番下の娘をおんぶして、3人の子育てをしていた時期もあった。

 不知火海を望む広い園には、1000本以上の様々な柑橘が植えられている。メインは、グレープフルーツ、河内晩柑、パール柑。柑橘農家になり今年で17年目。私も彼との付き合いは、学生時代も含めると20年以上にもなるが、今でも何かあると、彼のみかん山に出向き相談する。彼の答えは、常に明快で爽快。そして前向き。それは、柑橘栽培にも出ている。「あれは若気の至りだった」と話すが、みかん園を継いだ彼が最初にやったことは8割のみかんの樹を切り、新しい柑橘の苗を植えた。そして複雑に段々畑だった園を、作業しやすいように、平坦な箇所を増やしたことだった。もちろん、パートナーのお父さんが大切に育てて樹々を切られ、義母や周りからは非難ごうごうだった。それでも、少ない種類の柑橘をたくさん作るより、多品種を栽培し、リスク・収入の分散。そして、土づくりに力を入れ、今も無農薬や可能な限り低農薬で栽培をしている。みかん農家になったと同時に、自身の奨学金やみかん園の借金は驚く額だった。とにかく必死の17年間だったと振り返る。


 近い将来は養鶏をしたい。この未来計画はパートナと一致しているらしい。「変えていくことにためらいを出し始めたらダメだね」と、自ら変化を作り、変わっていく景色を楽しむ人だ。手放す時には手放し、しがみつかない姿勢も好きだ。読書・音楽・スポーツと多趣味で、今は「土と内臓」という微生物の本を読んでいるとか。中島みゆきも大好きで、きっと今日も、好きな音楽を聴きながら広い園で作業を頑張っていることだろう。ただ、まだ柑橘の収穫が続く日々に、そろそろ終わらないかな~と先日は珍しく弱音を吐いていた。

 最後になってしまったが、今年はみかんの開花時期に晴天が続き、久しぶりのハチミツ豊作の年です。濃厚な純粋水俣産蜂蜜。
ご注文はこちからから「からたちネットショップ」


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おるが水俣仲間たちー2 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。