お散歩マトリョーシカ karat

マトリョーシカ好きではじめたブログです…マトリョーシカや編み物や猫、四季折々のお散歩の景色や自然、その他色々…。

散歩で出会った猫

2016-12-13 14:48:57 | ネコ

素晴らしい面構えで、かなり大きい。

成城5丁目、猪俣庭園で出会った猫。

ここは世田谷区に寄贈された旧猪俣亭で、今は世田谷トラストが管理しています。入場無料。

庭園の松には雪つりが施され、冬支度が整っています。

これは↓、留め石と呼ぶそうで、結界を示すとか…ここから先には入らないでねサインですと。

建物は建築家吉田五十八氏設計によるもので、展示は庭よりは建物の方に重点を置いているらしいです。ここの庭も邸宅から見るのが前提とか。知らなかったけれど、あの五島美術館もこの方の設計だそうです。

 

ちなみにあの猫はここの庭園がなわばりのようで、管理している方によると、よく来るんだそうです。行ったら会えるかも。何度も言うようですが、かなり大きい猫だった。

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大根引き (だいこひき) | トップ | イギリスの田舎の川…じゃなく... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (春)
2016-12-13 17:28:33
紐を結んだ石がいいなぁ。私も石を結んでみようかしら?もともと石好きなので、ワイヤーで結んだ石も好きですが、紐で結んで朽ちるのいいですね(^^♪
このくらい大きい玉砂利だと、箒を使っても石が動かないでいいですね。庭を見たら掃除のことを考えてしまいます(笑)。
留め石 (karat)
2016-12-13 21:25:19
春さん、こんばんわ。
なかなか、曰くありげな石でしたが、棕櫚縄で結んであるそうで、同じものを二つ見ましたが、結び方は同じだったです。
関係者以外立ち入り禁止の札より、この石のほうが趣があっていいですね。うちに帰って調べるまで分からなかったですが、なんだか、ここから先は特別、入ってはダメよ、感は伝わってきてました。(踏み石のど真ん中に置いてあるもんで)
お庭も部屋も、何だかお掃除がいきわたっていました。

コメントを投稿