UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害を受けるだろう

エーテル界の人類の源郷か?神の国か?天上のエルサレムか?
チャネラーとコンタクティの情報を集めています。

巨人たちの記録は、さらに聖書だけに限らず、マヤやインカもその神話の中で「神々」が起こした洪水の前に現れた種族は、巨人族であったとしている。(6)

2017-09-20 14:15:35 | UFO

 

・進化した異星人になると、口頭ではなく、テレパシーで意思を通じ合うといわれているのですが。「カタカムナ文明」はオリオン星人かシリウス星人系列のものではないのでしょうか。カタカムナ文明についても数冊の書物があるようですが、カタカムナ人たちは多分、別の惑星、“カシオペア座のプサイ”のような惑星で高度に進化を遂げているのではないでしょうか。 連続テレビ映画「ロズエル(星の恋人たち)」の中でも“異星人たちが住む街“と思わせるようなイメージのシーンがあったそうですが、米国でもそのような情報を消そうとする力がはるかに強いようです。核兵器などの国家安全保障上のトップ・シークレット(最高機密)を数段階上回る『厳秘(アバブ・トップシークレット)』である宇宙人情報は、大統領も含めて、あなた方は知る必要がないということでしょうか。小柄な異星人グレイの情報がリークされただけでも、儲けものなのかもしれませんね。

映画のように「何も知らせるな」が合言葉のようです。

 

・映画「スター・ウォーズ」は、実話を脚色して製作されたという説もあり、世界中の多くの人に鮮烈な印象を与えた映画のようです。月人工天体説とか、地球空洞説とか、異星人飛来説など色々な説がありますが、グレイのアブダクション事件以来、徐々にもつれた糸がほどけだしたような感じです。

地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船であると語られています。古代伝説によれば、プロセレネ人は「天空に月が現れる前から」住んでいたとして、アルカディアに対する権利を主張したそうです。

 

・サタン(悪魔)の説明は色々あるようですが、人間にとって迷惑至極としか感じられないようです。歴史的にも迷惑以上の話です。また、「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」と言う現代風の解釈もあるようです。

 

・天使団の3分の1を率いて神に反逆した堕天使ルシファーの例を持ち出すまでもなく、神々の争い、天使の争い、スター・ウォ-ズと、とかく、太古の昔から、この世もあの世も争いが絶えないようです。「人類の歴史は、平和の時代よりも戦争の時代の方が長かった」そうです。現に今も、世界各地で大規模な“殺し合い”が続いています。異星人が人間を創ったとき、人間には(殺こう=人間同士が殺しあうこと)というDNAが組み込まれており、それが殺し合いの原因となっているという説もあるようです。「人類の歴史は、平和な時代よりも戦争の時代が長かった」そうです。「ネガティブなシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」と指摘されています。

 

・太古、人間は天使と交信して生活していたといわれます。現代において、欧米などでは、天使体験を語る人々が増えてきており、当然ながら、日本においても天使体験をしている人々が、増加しているそうです。生前に天使体験をする人は幸いであるかもしれませんね。目に見えない天使は、広範囲に人間社会に力を行使しているようですが、通常人には認識できないようです。また、個人には絶えず守護霊が存在し、力を貸しているといわれていますが、普通の人には知覚できないようです。大天使が大組織や都市等を統括しているといわれます。「日本はヘルメスが統治する国だ」そうですが、大天使ミカエルも活動しているのでしょう。シリウスの大天使の代表であるというヘルメスは、ギリシア神話に登場する青年神です。

 

・『レムリアの真実』という本もありますが、チャネラーの本としては、シャンバラ・ファン必読の面白い本だったそうです。神智学の伝えるところでは、エーテル界に多くの都市があるそうです。エーテル界とは、簡単に言えば誰でも死後、知覚できる異次元のようです。4次元以上は、時空を超えているそうですが、イメージとしてはつかみ難い観念のようです。

 

・瞑想もやりすぎると弊害がでてくるようです。瞑想よりも自分の毎夜見る夢を思い起こすことのほうが、効果的であるといわれています。

 人間の“転生”も大きなテーマですが、“転生”を自由に繰れる天使・高次元の異星人、シリウス星人の存在が知られだしたようです。

 

・「人類の進化に介入してはならない」という宇宙法があるらしいのです。全国各地に残る昔の河童伝承は、宇宙連合・異人による日本人観察が続いていたことを物語るのでしょうか。異次元移動ができるグレイは、人間の肉体を誘拐するというよりは、「人間の幽体」を操作するようなのです。「人間の幽体」をベッドから吸い上げて、上空のUFOの中に入れて、インプラント等の生体実験をして、また、ベッドに戻すようなのです。その超テクノロジーは想像を絶します。そして、人間の記憶を消すことも自由に出来るらしいのです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくると指摘されています。

 

・日本には昔から異人のネットワークが存在したといわれてもおりますが、憲法でも認められている“結社の自由”による秘密結社のためか、文献は少数しか残っていないようです。神々や異星人は理論的には時空を超えているようなので、神々も時空を超えて存在しているのでしょうか。果たして異星人のテクノロジーは、入手可能なのでしょうか。その彼らは地球から68光年離れた惑星クイントニアに住む宇宙人で母星から「エリア51」まで45分で移動できると語られています。

 

・“情報鎖国”と言うよりも高等知性体側からの情報操作、核兵器などのトップ・シークレット(最高機密)の数段階上の『厳秘(アバブ・トップシークレット)』扱いにより、向こう数百年間は、詳細がメイジャーな情報とならないのでしょう。「宇宙人情報が公開される」という与太話は数多くあったようです。

グレイですら、その体で異次元移動が出来るようで、異星人のテクノロジーを入手した米国は、「セカンド・ツー・ナン second to none (

何ものにも劣らない)」の国になるといわれます。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は米国の一人勝ちでしょうか。

 映画「インデペンデンス・ディ」の秘密基地エリア51のような状況の実体とは不明ですが、その存在はハリウッド映画により世界中に知られました。この映画では、大都市を襲う超巨大なエイリアンの母船が、印象的でした。4次元世界を通って地球に出没する人たちがいます。グレイもその体で異次元移動が出来るようです。エリア51が有名になりすぎたので「エリア52」や「チャイナレイク」に活動基地を移動したという話もあるようです。現代は映像の時代ですからYou Tube等で豊富な動画見られますし、多くの絵図が載った書籍も多いようです。

 

・鬼女は、絶世の美女だったそうです。鬼の中に美女が混じっていたという伝説もあるようです。河童がグレイなら、人間タイプのエイリアンは、異人・鬼の子・童子として民間伝承が残っているのでしょう。鈴鹿御前の「光輪車」とは、宇宙船UFOのことではないでしょうか。異人伝承は、異星人を窺わせるものも多いようです。日本の場合は、”魔女”といわず”鬼女”というようですが、《鬼道をよくした邪馬台国の卑弥呼》もエイリアンではなかったのでしょうか。

 

・太古は「エーテルを制御できる人物が首長になった」ようですが、現代においてもその傾向が出てきているのでしょうか。また、「鬼道をよくした邪馬台国の卑弥呼」は、異星人・神人だったのではないでしょうか。

「遺伝子操作か思念(?)で人間を造った」といわれているシリウス星人は、「地球を殖民星にしている」とも言われているようです。ウォーク・インとかワンダラーといわれているように、人間に憑依したり、“人間の転生”を自由に操作できる高次元の神や天使に近い天使的存在の異星人(シリウス星人)の存在は、チャネラーたちの情報により明らかになりはじめました。UFOやグレイの時代から、人間の精神に侵入してくる天使や神々のような目に見えない宇宙人の時代になったといわれます。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だといわれます。

 

・「毎日の感動が必要であり、そのためには考えることが重要だ」そうです。感動することによって、あなたの人生を変えることが出来るようです。コンピューターのIBM社の社是の標語に『THINK』というのがありましたが、毎日考えれば、運命の女神も微笑んでくれるのでしょうか。

 

 

・「天国と天界は別のものです。天界はエーテル流の一つであり、天国は平行世界の一つなのです」とは、難しい議論のようです。

「週間プレイボーイ」(4月30日号)(集英社)(新・日本の七不思議)の記事から、

<江戸時代、太平洋水戸沖に現れたUFO>

・文政8(1825)年、「南総里見八犬伝」で有名な滝沢馬琴が、奇談や怪談を集めた「兎園(とえん)小説」を発表した。その中の一遍、「うつろ舟の蛮女」は現在の茨城県水戸沖で起きた奇妙な事件を題材にしている。

 「はらやどり」という浜で、沖のほうに舟のようなものが見えた。この奇妙な舟は香の入れ物のような円形で、直径は3間あまりとあるから、6mほど。上部はガラス張りで、舟底は鉄板が張られた頑丈な造りだった。ガラス越しに地元民が覗き込むと、眉と髪が赤く、顔は桃色の女がいた。白いつけ髪が背中にまで垂れている。言葉も通じず、どこから来たのか聞くこともできなかった――。

 

・この茨城の「うつろ舟の蛮女」(茨城県)は、日本の昔のUFO事件の定番で、よく書物にも載りますが、「江戸時代にUFOと宇宙人がやって来た」との説を唱えるのは多くのUFO研究家(ユーフォロジスト)たちです。しかし、多くのUFO事件のように詳細は不明です。また、色々な「うつろ舟の蛮女」の絵があるようです。ウンモ星人も金髪碧眼で、ヨーロッパにその末裔が多く住んでいるともいわれています。ヨーロッパでは同化の進んだ異星人種族として、金髪碧眼のウンモ星人が知られています。惑星ウンモ(地球から約14.5光年離れた恒星イウンマの周りを公転)から来た地球外生命体ユミット(=ウンモ星人)の話があります。「うつろ舟の蛮女」もウンモ星人だったという説もあるようです。

ハリウッドの映画で宇宙人のストーリーの「ゼイリブ」という映画がありましたが、まさに「彼女(彼)たちは来ている」ということでしょうか。

UFOが故障するということは、本当に珍しいことのようです。九十九里の海岸には、「うつろ舟の蛮女」の記念碑があったりしますが、正確な場所も近年判明したようです。故障で漂着したのではなく、養蚕の技術を伝えに来た女神の伝承もあるようです。

 

・大本教の出口王仁三郎は、日本の歴史上で最も評価の高いチャネラーの1人ですが、官憲に弾圧されたりして、波乱の人生を送ったようです。「この世は全て神霊世界の移写であり、また縮図である霊界すなわち精神世界の事象を映し出したのが現界すなわち地上界で、ゆえに現世を称してウツシ世(写し世)という」という考えは、大きな影響を与えたようです。「出口王仁三郎は、自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。

 

・般若心経を、量子物理学の視点で見ると、説明がつくと言う説もあるようです。昔から伝えられてきている万物の基のエーテルとは、近代科学では否定されているようです。あの世が“実”で、この世が“虚”といわれても理解は難しいようです。“般若心経”が量子物理学的な観点から、宇宙の構造を端的に説明しているという説もあるようです。自分の守護霊と交信できれば、運命が好転すると言われているようです。アセンション・フォトンベルト・多次元世界・プラズマ宇宙論も多様な話ですが―これからこうなる、こうしようという話のようです。

 

・オスカー・マゴッチの『深宇宙探訪記』からの引用だと思いますが、アリゾナ州のセドナは、近くにグレイや金髪碧眼で白人の人間タイプの宇宙人とのコンタクトで有名なアメリカ・インディアンのホピ族の居留地もあり、UFOで有名な町です。

また、セドナは、年間4百万人の観光客が訪れる町で、ニューヨークに住む芸術家たちの憧れの観光スポット。あなたは、砂漠の青空に白く輝くUFOを当地で見ることが出来ましょうか。

 

・『いま二人が一番伝えたい大切なこと』 (船井幸雄+中丸薫)(徳間書店)(2007/3/20)という本は、船井幸雄(経営コンサルタント)と中丸薫(国際問題評論家)の対談形式の興味の尽きない面白い本ですが、“人間タイプの異星人情報”は、よくわかりません。高等知性体側から仕掛けられている昔からのトップ・シークレット(最高機密)を数段階上回る『厳秘(アバブ・トップシークレット)』のため、詳細は向こう数百年にもわたって不明だといわれているようです。異星人からの命令なのかもしれません。人間の死後の“霊界”と高次元の異星人の住むアストラル界やエーテル界は、共通する要素が非常に多いようです。

 

・「セス」の本は日本でも翻訳出版されたようです。チャネラーが、本格的かどうかは、その伝える内容と文章の量であると語られています。内容のある長い文章は、誰でも異次元のエンティティの存在を確信させるようです。1000ページ以上のセス本を読むと、あなたの人生観は必ず変わるそうです。

 

・スウェデンボルグは、よく引用される昔のスウェーデンの学者ですが、新“霊界からの手記”を著すものが出てくることが期待されているようです。「霊界で起きることが、時をおいて現界に移るとされる」のなら、誰でも“運命論者”になるのではないでしょうか。

 

・ヨハネの黙示録の“ニューエルサレム”とは、現代でも報告されている“都市規模のシャンデリアのように光り輝く超巨大宇宙船”ではないでしょうか。キリストは、異次元のエーテル界やアストラル界に存在しているといわれています。そして、神智学者は、アストラル界やエーテル界には、“都市”が存在するといわれます。そこには多数の神々や天使の異星人がいるのでしょうか。

 

・キリストの都は、キリスト=異星人説によれば、異星の都市か、異次元、エーテル界やアストラル界にある都市、または、都市型の超巨大宇宙船である可能性があるかもしれません。キリストの出身星はアプ星だったそうですが、アプ星人は国際連合の設立に尽力したという話もあるようです。夢の中でアストラル・トリップしてクリスタル・シティでキリストに出会ったという欧米のチャネラーが多いそうです。

 

・神々が、太古のように宗教教団を作るよりも、「市井の人として、憑依して普通の生活を送り、超能力を出さないのかもしれません」。“誰でも人は、記憶を失った異星人だ”とか、“転生を繰り返す神人だ”とか、“人皆、神様が憑依している”と言われるように、人間に憑依したり、転生を自由にできる、目に見えない神々の表現形態も一般的には分からなくなってきているのかもしれません。今後のチャネラーの情報が期待されます。

 

・神智学では、異次元のアストラル界やエーテル界にも“都市”があるといわれている。クヴェラの宇宙都市は、550km×800kmで、大気中に自由に浮いており、金色に輝く建物で一杯であったそうです。実に超巨大ですが、聖書によると“天国”が2220km×2220kmだそうなので、天国も超巨大な宇宙都市なのかもしれませんね。「人間は社会的な動物だ」といわれますが、巨大な宇宙都市で人々(神々)の交わりがあるのかもしれません。

 

・インド人は、人種的には、アジア人種ではなくヨーロッパ人種だそうだが、太古から異星人(神々)・異人の情報の宝庫であるらしいのです。都市型の巨大宇宙船は、太古ばかりでなく、現代においても報告されているようです。宇宙母船が巨大化して、環境が惑星規模に似てくるように作られるようです。インドは逸話も多く、現代においてもアガルタのシャンバラと交流があるという話もあるようです。

 

・セクハラ訴訟からUFO訴訟まであるのですから、訴訟の国アメリカの訴訟は多彩のようです。ただし、損害賠償額が懲罰的なものになると、とんでもない巨額な数字になるようです。私たち一般人には、アメリカの訴訟社会については理解不能なことが多いようです。訴訟の国米国では、アブダクション(人間誘拐)やキャトル・ミューテーション(動物虐殺)などについても訴訟が起こらなかったのでしょうか。米軍関係者のリークが書籍になったりしますが(例えば『ペンタゴンの陰謀』等)、米軍自体が、謎の組織に組み込まれているような印象を与えるようです。エリア51などの秘密基地や、ライトパターソン基地などの米軍基地の内部のエイリアンの話が派手にリーク報道されましたが、米軍関係者に人間タイプの異星人(メン・イン・ブラック)が紛れ込んでいるのかもしれません。そのような話は実際にあるようです。また「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。

 

・異星人情報は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階上回る『厳秘』のために、あなたは、何も知る必要はないということなのでしょうか。「米国は、民主主義国だが、米軍とCIAで動かされている」と言われるほど、情報機関の握る情報が大きな威力を持っているようです。「情報機関が大統領を動かしている」と指摘されています。

 

・稲の起源は、プレアデス星座にあると言う説もあります。“異人”とは、人間タイプの異星人の記憶なのでしょうか。童(かっぱ)伝承が、グレイ・タイプの異星人とすると、人間タイプの異星人“異人”も遠野地方に現れていたのではないでしょうか。日本民族の原郷は、プレアデス星であるという説もあるくらい日本人はプレアデス星人と関係が深いそうです。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔と語られています。

老人ホームの老人たちが異星に移り住む物語の映画『コクーン』の場面を思い出すそうです。「多くの日本人がプレアデスとオリオンに住んでいる」という夢のある与太話はどうなったのでしょうか。日本中にある“異人”または“鬼の末裔”の伝説・伝承は、異星人に対する原住民の追憶なのかもしれません。

 

・異星人とのコンタクトで有名なホピ・インディアンは、多くの伝承を持っているようです。カチナスとは、グレイ・タイプのエイリアンのことでしょうか。一般にアメリカ・インディアンは、グレイ・タイプのエイリアン(神々の使者)と人間タイプの金髪碧眼の白人の神とコンタクトしてきた伝承が太古から残っているようです。現代においても「まずグレイが来て、次に金髪碧眼の異星人が来て、それから東洋人タイプが来たといわれている」ように、異星人飛来の歴史は繰り返しているのかもしれません。

太古の核兵器などの超兵器の記憶、金髪碧眼のオリオン星人の来訪の伝説など、アメリカ大陸などやインドには、太古からの異星人の飛来を物語る伝説が数多いようです。現代においても特にアメリカ合衆国に、彼らは飛来しているようです。異星人の地上のネットワークは日本にもあるのでしょうか。

 

・ウィングメーカーは、アメリカ・インディアンとの関係から見ても人間タイプのシリウス系のオリオン星人のことではないのでしょうか。ウィングメーカーの本は、フィクションですが、フィクションを越えた内容の本だといわれます。

 

・アメリカ・インディアンは、太古からグレイ・タイプと人間タイプの2種類の異星人によってコンタクトを受けていたようです。そして、彼らは再び地球に飛来して来ているようですが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、その存在も否定されて、情報も流れてこないようです。

また、“メン・イン・ブラック“のような地球上のネットワークもそれに一役買っているのかもしれません。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)の超能力は凄まじく、オリオン星人ともいわれています。ハリウッド映画の『MIB(メン・イン・ブラック(黒衣の男たち))』では、宇宙警察のイメージでした。

 

・このウィングメーカーの話では「2018年に最初の世界政府の選挙が行われた後、国連を乗っ取って、世界政府を支配することになっています」とありますが、あくまでも「影の政府」として、でしょうか。もしそうだとすれば、急激に情報公開がすすむことになりましょうが。フィクションに違いありませんが。

このストーリーは、超巨大な宇宙船で地球を侵略しようとしたエイリアンの映画『インディペンデンス・デェイ』のシナリオとよく似ていますね。このあたりは、フィクションの濃密なストーリーの印象を与えます。が、過去45年間、エイリアンが人間誘拐「アブダクション」をして人体実験をしてきており、一時マスコミも大きく捉えてきた事実も今は、どうなったのでしょうか。キャトル・ミューテーション(家畜虐殺)のその後の展開は、分かりません。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。

 

・「宇宙連合との明らかな公開されるコンタクトもあなたの存命中には実現しない」と予言されているようです。宇宙連合にとっては、地球はまだ遅れた惑星で、ここ数世紀以内には、宇宙連合に加盟する資格はないということでしょうか。宇宙法の中には、「地球の人類の進化に介入してはならない」というのがあるそうです。

 映画『インデペンデンス・ディ』の中でもアメリカ合衆国大統領とエリア51という秘密基地との場面が出てきますが、情報操作は、完全に高等知性体に握られているのかもしれません。

 

・グレイタイプと人間タイプの異星人が、太古からアメリカ・インディアンとコンタクトしてきました。が、近年になって「グレイの後に金髪碧眼の異星人が来て、その後に東洋人タイプが来た」といわれているのです。

それにしても、アメリカ合衆国大統領に知らせる必要のないトップ・シークレット(最高機密)を数段階上回る『厳秘(アバブ・トップシークレット)』のために、情報が流れてきません。また、テレビ映画『Xファイル』『ロズウェル』などの連続テレビ映画などにより、人間タイプの異星人の驚異の超能力も何だかリークされていると語られています。

 

・NSA(国家安全保障局)などCIA(中央情報局)以外にも米国では多くの軍関係の情報機関があり、人間タイプの高等知性体を隠すことはたやすいようです。人類に3万年進化するエイリアンのテクノロジーを習得すれば、「米国の一人勝ち」になるでしょうが、グレイとは、戦争状態とも言われ、なかなかその実態の情報は伝わってこないようです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズ・グレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。

 

・メン・イン・ブラック(黒服の男たち)は、映画にもなりましたが、オリオン星人といわれ、UFO研究者には評判は良くなかったようです。彼らは地球を去ったのでしょうか。高等知性体といわれるだけに彼らの地球上のネットワークも分からないようです。「地球は、目に見えないシリウス異星人の殖民星である」ということですから、当然のことながら、人類が、彼らを把握することはできないことなのでしょう。「シリウスのレベルは、もうすでに非物質のレベルです」と語られています。

 

・ルシファーやサタンといわれる者は、その職業が一種の遺伝子科学者であったという主張は、以前にもありましたが、新鮮な解釈と言えるでしょう。以前にもサタンと言う名は、遺伝子の科学者であるということを主張した者がおりました。神と堕天使との“天界の戦争”の話も遺伝子実験の見解と実験の対立に過ぎないと言うことになりますが、スター・ウォーズの原因となったようです。堕天使グループが、神々が嫌うモンスター・タイプの生物を創ったので、神はそれらを全滅させたという神話があります。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。宇宙人には動物タイプは3割ほど存在するともいわれます。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました」。それがエササニ人のバシャールだそうです。

 

・ウィングメーカーの本は、3冊が出版されていますが「映画のシナリオ」のような感じで、フィクションとして気軽に楽しめばよいとおもいます。が、あまりにも相似性と、独自性と関連性のあるストーリーに感じられます。“ウィングメーカー”の描写表現は、新鮮な感じを与えるようです。「疑うより楽しむ」姿勢が、このような本には、必要なようです。クロード・ボリロン・ラエルの「リラ星のエロヒム」以来の珍しいフィクションの切り口のようです。

 

・多くの発明も“あの世”の力が関与しているのでしょうか。人間は死後地上のパラレルワールド(平行世界)(精霊界)に入り、霊界への第1歩を踏み出すといわれているようです。天国を造った高等知性体とは、「神」のことでしょうか。サマーランドへの願望は欧米人にも強烈のようです。

 

・「カシオペアのプサイΨ」(C・I・ドフォントネー)(国書刊行会)   (2006/7)という本は、文学とはいえない面もあるといわれます。1930年頃から数年にわたりパリの国立図書館の厖大な図書の中を「狂気の文人」たちを求めて渉猟したレーモン・クノーが、1854年出版の本書を探し出したそうです。150年前の本としては、モダンすぎるようです。カシオペア星座と言えば、日本人の“秋山眞人”氏が、カシオペア方面の「とある惑星」に行ったと発表し、10冊以上の本が出版されたことは、当ブログでも触れました。同氏は現在も「超能力の世界」で活躍中のようです。秋山氏のような人物(異星人とのコンタクティー)がもっとマスコミやブログなどに体験を発表してくれればと思いますが、マスコミのUFO熱は、種々の理由から冷めているそうです。沈黙のコンタクティも多いといわれます。

 

・神人たちの衣服(白いローブ)の描写も、いろいろな書籍において、共通するものがあるように思えます。フリーメイスンと神人、聖白色同胞団(ホワイト・ブラザーフッド)とのつながりは興味深いものです。金星人とは、金星の基地を経由して地球に飛来した異星人と言う意味で、実際どこの星座から飛来したのかは、色々な星座の名前が挙げられるようです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。フリーメーソンの主神は「魔王、堕天使のルシファーである」とか「デミウルゴス」とかのいろいろな説もあるそうです。「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのである」そうです。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメイソンを知らないからだ」そうです。フリーメーソンと金星人の繋がりが窺われます。欧米を支配しているといわれているフリーメイスン制度も「神の嫌悪」だといわれます。また逆に「神は最初のフリーメーソンだ」そうです。

 

・高度に進化した異星人が住む異次元と、人間の死後の世界“天国”“精霊界”とは、アストラル界やエーテル界と称される精妙な物質からできている世界のようです。とすれば、人間は、死後進化した異星人や天使と遭遇できると言うことなのでしょう。金髪碧眼の白人のオリオン星人は、よく登場しますが、彼らの末裔も現在は、相当混血が進んでいるのかもしれません。あるいは、純粋さを保っているのでしょうか。当然、“あの世”の描写は、万国共通となります。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。奇妙なことに、オリオン人はかっては琴座からの移民である人間らしい存在だったが、その後レプティリアンに征服されてしまったといわれます。シリウス人はオリオン人と交戦していた。この敵対関係は今でも続いているそうです。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあると述べられます。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府とは繋がりがあるといわれます。イルミナティの空飛ぶ円盤はタイム・トラベルができ、「米軍の将軍が同乗していた」ともいわれます。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」そうです。

 

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨人たちの記録は、さらに聖... | トップ | 9月20日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

UFO」カテゴリの最新記事