UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害を受けるだろう

エーテル界の人類の源郷か?神の国か?天上のエルサレムか?
チャネラーとコンタクティの情報を集めています。

巨人たちの記録は、さらに聖書だけに限らず、マヤやインカもその神話の中で「神々」が起こした洪水の前に現れた種族は、巨人族であったとしている。(4)

2017-09-20 14:13:21 | UFO

 

『楽園』(追想の彼方へ)

(真野隆也)(新紀元社)1996/8/1

 

 

 

<ニューエルサレム>

・ 聖書「ヨハネの黙示録」によれば、神は“最後の審判”によって、死んだ人間も生きている人間も全て、裁かれるとされる。その際、“生命の書”にその名前が記されていない者、つまり、生前に悪行を犯した者たちは、火の海に投げ込まれる。そして、復活を果たした人々には新たな都に住むことが許されると言うのである。その都の名前は、“ニューエルサレム”である。「・・・・聖なる都ルサレムが神のもとを離れて、天から下ってくるのを見せた。都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。都には、高い大きな城壁と12の門があり、それらの間には12人の天使がいて、名が刻み付けてあった」 (ヨハネの黙示録)

 

 

・ヨハネによるとこの都の大きさを計ったところ、長さ、幅、高さとも2220キロ、城壁はおよそ65メートルの高さだったと言うから相当に大きなものだ。しかも美しさも並大抵ではない。城壁は碧玉、都全体は、透き通ったガラスのような純金で作られているという。この都には、太陽も月も必要がないほどに“神の栄光”が照らして光り、夜が存在しないのである。神の玉座からは、水晶のように輝く“生命の水”が川となって都の大通りの中央を流れ、その両岸に“生命の木”があり、年に12回も実を結ぶと言う。木の葉は病気の特効薬でもある。もちろん、この都には、“汚れた者、忌まわしいことと償いを行う者”たちは、決して入ることができないという。

 

<未来に出現する第2のエデン>

 <キリストの都>

・ 新約聖書外典である「パウロの黙示録」にも、この楽園について記されている。

 「私は、その土地を眺め回した。すると、一本の川があり、乳と蜜とが流れており、また、川岸には実のいっぱいになった木が植えてあるのが見えた。・・・私はまた、その場所の被造物、神のあらゆるわざを見た。20キュビト(約9メートル)の高さ、10キュビト(約4.5メートル)の高さのしゅらん(柑橘類)が見えた。この土地は、銀の7倍も明るかった。また根元から梢にいたるまで、1万個のしゅらん(柑橘類)の実をいっぱいにつけた木々があった。ブドウの園には、1万本の葡萄の木があり、各枝には1万個の房があり、各房は数千の実をつけていた。おのおのの木には幾千もの実をつけていた」(パウロの黙示録)

 

・このあとパウロは、天使に案内されて、“キリストの都”を見学している。都は、アケロン湖の中にあり、誰でも入れるわけではない。ただし改心して悔い改めたものは、大天使ミカエルによって、この湖で洗礼を受けて、キリストの都へ連れて行かれる。湖を渡るのは、黄金の船が使用される。

 都は黄金で作られ、12の門がそれを取り囲み、中には12の塔が見えた。さらに都を囲んだように4つの川があった。蜜の川、乳の川、オリーブ油の皮、ぶどう酒の川である。このキリストの都でパウロは多くの聖者たちが暮らしているのを見たと言う。

 

・一般にキリスト教における天界は7層になっているとされているが、この“ニュー・エルサレム”は地上の最も近い点とされて、巨大なエレベーターのように地上に降りてくるのだという。これが、キリスト教徒にとってのいわゆる“約束の地”なのである。天がしずしずと地上に降りてくるというのは、いかにも壮大なイメージを想起させるものである。

 

 

 

『人類が神になる日』(デニケンの宇宙文化人類学)

(E・V・デニケン)(佑学社)1986/10

 

 

 

<神々の国連>

 <天から来て、アメリカ、アリゾナ州のホピ・インディアンに色々教えたのは、カチーナの神々だった。>

・インドの神々の世界については、詳しく伝えられているし、色々な伝承があるが、これが他の民族の神話の世界にも流れ込んだ。時にはゆがめられ、時には断片的だが、インドの神々は、世界中の伝承にその痕跡を留めている。以下に、国際的にも有名な神々を紹介してある。

―インカ族の創造神、ビラコチャは天に住む教師だった。

―マヤ族の4人の神々の祖先は、宇宙の暗黒から人間界に下って来た。

―タガロア、サモア、カネ、ハワイ、タアロア、ソーシャル・アイランド、マウイ、ライババエ、ルーペ、ニュージーランドなどの太平洋地域のすべての神々とその他多くの神々が、雷、稲妻を伴い、騒音を立てながら宇宙から地球に降りてきた。

―天から来て、アメリカ、アリゾナ州のホピ・インディアンに色々教えたのは、カチーナの神々だった。

―ノアの大洪水の前の預言者、エノクはヘルモリ山に降りて来た天の息子たちの名前と仕事について伝えている。

―中国人は宇宙を征服したプンクを尊敬している。大昔から空飛ぶたこは神と不死のシンボルだった。

―シュメール人、バビロニア人、ペルシア人、エジプト人は、「空飛ぶ雲」として翼がある車輪かまたは玉または「天の小船」として付帯的に表現されている「天なる神々」を尊敬した。

このように探していくと中位の厚さの電話帳位の例が簡単に集まる。

 

<巨大な宇宙都市>

・仏教経典の大部分は、ヴィマナを動く宮殿、天の空に漂う宮殿あるいは空飛ぶ車の意味で使っており、この意味でヴェーダそしてプラーナ文学の文献でも使われているし、後の古典的な文学でも度々使われている。しかしヴィマナという言葉は人間の(長期間)住む場所として使われることは滅多にない。

 

・マハーバーラタの『サブパルヴァン』では、悪魔たちの棟梁のマヤが空飛ぶ車を作っただけではなく、ガガナカラサブハという名前の巨大な宇宙都市もいくつか作ったと伝えている。マヤは、さらに素晴らしい宮殿をいくつも作っている。

 

・この痕跡をさかのぼっていくと「サマランガーノスートラダール」の文中では、ブラフマン神自身が大昔に5つの巨大な空飛ぶ船を作ったとある。第1船は、ヴァイラヤ、第2船は、ガカイラサ、第3船は、プスパカ、第4船は、マニカ、第5船はトリビスタパという。

この巨大な空飛ぶ船あるいは空の都市の持ち主は、ブラフマン、シヴァ、クヴェラ、ヤマ、インドラの各々の神々だ。

 

・この同じ本では、インドの寺院建築では決定的な意義を持つ宮殿建築の基本原理が列挙されている。寺院も宮殿も実は、天なる空飛ぶ車を建築でまねたものだと言う説が一般に行われている。

 

・宮殿や寺院の平面図や構造は、空飛ぶ車のそれと同じだ。巨大な寺院はさらに巨大な宇宙都市を小型化したものだ。

 

 <インドのサンスクリット語文献では数百年単位ではなく、実に数千年の単位で物事が記述されている。>

・インドの伝承によれば、人類文明は極めて古く、現代の科学が定めた時代区分では整理できない。

 <ヴァナパルヴァン>は、神々が地球の外の巨大な居心地のよい都市に住んでいると伝えている。この種の神々の町は輝いており、とても美しく家がいっぱいだったと言う。町の中には、樹木や滝もあった。町には4つ入り口があり、いずれもいろいろな武器で武装した見張りがいた。

 

・「マハーバーラタ」の一部分である「サブハパルヴァン」の第3章には、この種の宇宙都市が紹介されている。つまり、アシュラ神の建築家であるマヤは、パンタヴァ族の一番年上のコディスティラのために素晴らしい集会所を金・銀・その他の金属で作った。それは、8千人の労働者を乗せて空に打ち上げられた。

 

・この宇宙都市は、永遠に宇宙にあった。あらゆる設備や装置があって、快適な生活が出来た。ヤマ神の宇宙都市にいたっては、宇宙の軌道を飛ぶときには、明るく輝く白い壁で取りかこまれていたとある。

 

・サンスクリット語の文献には宇宙都市の規模までちゃんと数字で表している。クヴェラの宇宙都市は、銀河系で一番美しかったそうだが、今日の尺度でいえば、550km×800kmで、大気中に自由に浮いており、金色に輝く建物で一杯であった。

 

・このような空飛ぶ都市の記述は、考えられる限りの大昔から古代インド叙事詩の大事な一部分を形成していた。

 

 「以上、インドの代表的なサンスクリット語学者カンジラール教授の『古代インドの空飛ぶ機械』からの引用」

 

<古代インドの空飛ぶ機械>

・ 色々な構造のものがあったが、いずれもサブハと呼ばれ、現代の人工衛星のように静かに空の軌道を動いていた。この巨大な人工衛星は、現代風に紹介するなら、宇宙ステーションになるだろうが、その中から様々な形のビィマーナが飛び出した。宇宙ステーションは、巨大で空で銀色に輝いていた。それは、食料、飲料、楽しい品々、恐ろしい武器、爆薬を積んでいた。

 

・自転する宇宙ステーションの一つは、ヒランヤプ-ラと呼ばれた。これは、「金で出来た都市」と翻訳できる。これは、女の悪魔、プラマとカラマのためにブラフマンが作った物だ!この宇宙都市は、征服が出来ず、二人の女悪魔は猛烈な抵抗をしたので、神々でさえ、彼女たちの宇宙都市には近づかなかった。

 

・「ヴァナパルヴァン」には、他の自転する宇宙都市のことも伝えている。それはヴァイヘヤシ、ガガナカラ、クヘカラと呼ばれた「サブハパルヴァン」には、マヤ神が作り、宇宙都市に運ばれた特殊な品物も出てくる。

ここで重要なのはちゃんと宇宙ステーションが地球の周りを回り、その格納庫の入り口は幅が広くて、小型の空を飛ぶ乗り物(ヴィマーナ)を収容できたという点であろう。

 

・この宇宙ステーションからは、空飛ぶ機械が地球に向かって出発するし、地上でも自分で空飛ぶ乗り物を作った。それらの大部分は、ヴィマーナと呼ばれている。

 「神々は自分の空飛ぶ車に乗って現れたが、これはクリパカルとアルジュナの間の戦いを見るためだ。空の主、インドラでさえ、33人の神々を乗せられる特別の空飛ぶ車でやって来た。

 

・ここでは、空中に漂う輝く宮殿について語られている。「巨大な都市は、金、宝石、真珠からなる数百の空飛ぶ車で一杯だった。そしてそのために星をちりばめた夜空のように見えた」

 

 

 

『UFOXファイル』

(竹本良+関星文明)(三一書房)1996/9

 

 

 

<UFO情報公開>

 <情報公開法制定>

・情報公開先進国のアメリカ合衆国では、私達の活動の2年前、1978年に民間UFO研究団体「GWS」)(グラウンド・ソーサー・ウオッチ)が主体となって、CIA(米中央情報局)を相手に、「情報自由化法(FOIA)」に基づいて、UFO文書の公開を求める訴訟を起こし、(いわゆるUFO裁判)約14ヶ月と言う長い法廷闘争の結果1000ページものUFO文書がCIAから公開された(1978年)。さらに、FBIからも同様の手法でUFO文書が公開された。

 

・さらにアメリカ合衆国では1983年7月14日に「UFOの秘密に反対する市民の会」が「ET(地球外生命体)が米国軍に捕まり宇宙に旅発つ権利を奪われているので解放せよ」という趣旨の申し立てを裁判所に行った。(ET裁判第1次)。これに対し、米空軍側は、「1969年のプロジェクト・ブルーブックの閉鎖以来、米空軍はUFO調査を打ち切っている」はねつけた。

 

・1978年UFO裁判にCIA(米中央情報局)が敗訴して公開したUFO文書は、CIAの分類によれば1、知る要あり(ニーズ・ツー・ノウ) 2、公用に限る(オフイッシャルズ・オンリイ) 3、消極的な秘(コンフィデンシャル) 4、極秘(シークレット) 5、機密(トップ・シークレット) 6、最高機密(クリプト)のうち3、と4、だけであった。

 

 

 

『物語の世界へ』(遠野、昔話、柳田国男)

(石井正巳)(三弥井書店)2004/9

 

 

 

<沖縄のニライカナイ>

 

・ 南西諸島では、海の彼方や海底に異郷があると信じられている。沖縄本島では、それを「ニライカナイ」と呼び、奄美諸島では「ネリヤ」「ニラ」、宮古諸島では「ニツザ」、八重山諸島では「ニーラ」などと呼んでいる。

この地域には、本土では竜宮に相当する海底の浄土を“ニライカナイ”と考える昔話が幾つもみつかる。例えば、沖永良部島の「竜宮童子」「浦島太郎」「玉取り姫」「炭焼長者」などの中では「ニラ」「ニラの島」と呼び、喜界島の「竜宮童子」「竜宮女房」「竜神と釣縄」「花咲か爺」などの中では、「ネイ」や「ネィーの島」と呼んでいる。これは南西諸島の昔話の地域的な特色であり昔話の宇宙観の特色を考える上でも重要である。

 

・こうした昔話とは別にニライカナイから初めて稲がもたらされたという伝承もある。稲作の起源を説明する伝承はいろいろあった。

 

・ニライカナイからは、稲の実りをはじめとする幸福を授けて神々が村落を訪れる、と信じられている。その様子は祭りの中で、村人によって演じられるが、八重山諸島のプーリィという収穫祭にでるアカマタ、クロマタや石垣島川平のシツという祭りに出るマユンガナシなどの神がよく知られている。どちらの神も仮面や覆面で顔を隠し植物を全身につけた仮装の神である。こうした神秘的な神々にヒントを得て、異郷から訪れるマレビトの唱える神聖な言葉から、日本文学の発生を説明しようとしたのが、折口信夫である。

 

 

 

『妖怪文化入門』

(小松和彦)(せりか書房)2006/3

 

 

 

<異人・生贄>

 <異人とは何か>

“異人”とは一言で言えば、「境界」の「向こう側の世界」(異界)に属するとみなされた人のことである。その異人が「こちら側の世界」に現れたとき、「こちら側」の人々にとって具体的な問題となる。つまり、「異人」とは、相対的な概念であり、関係概念なのである。

 

 <異人の4つのタイプ>

 1、 ある社会集団(共同体)の外部からやって来て、その社会集団に定着することになった「異人」

 2、 ある社会集団(共同体)を訪れ、一時的に滞在するが、所用を済ませれば、すぐに立ち去っていく「異人」

 3、 ある社会集団(共同体)がその内部の成員をさまざまな理由で差別・排除する形で生まれてくる「異人」

 4、 空間的に遥か彼方の「異界」で存在しているとされているために間接的にしか知らない、したがって想像の中で一方的に関係を結んでいるに過ぎない「異人」。海の向こうの外国人や遥か彼方の「異界」に住むと言う「異神」たちが、こうした「異人」のカテゴリーを形成している。

 

・異人論の先駆的な研究として位置づけられる研究は、折口信夫の「マレビト論」であり、岡正雄の異人論であろう。

 折口の「マレビト」概念は彼自身が厳密な定義を行っていないこともあって難解であるが、その概念は二重構造になっていると思われる。「一次的マレビト」は来訪神のことであり、「二次的マレビト」が共同体の外部から訪れる祝福芸能者のたぐいとして想定されている。共同体の人々は、これら祝福芸能者を「神」そのものもしくは、その代理人とみなすことによって歓迎し、その祝福を受けることで共同体の繁栄が期待されたのであった。

 

・すなわち、共同体の来訪神信仰との関係のなか「異人」を理解すべきであると言うことを示唆したわけである。この異人歓待の習俗に着目した神話研究が、たとえば、松本信宏の「客人歓待説話考」である。

 

 

 

『人類を創った神々』

(エーリッヒ・フォン・デニケン)(角川書店)1997/2

(インディオの足跡を訪ねて)

 

 

 

<ホピ・インディアン>

・アメリカのアリゾナ州とニュー・メキシコ州にはプエブロ・グループに属するホピ・インディアンの広い狩場がある。今日でも約1万8000千人のホピ族がいるが、彼らの木綿織と陶芸の技術の歴史は大昔までさかのぼることができる。大量に虐殺され、しかも文明の波によって駆逐されたにもかかわらず、保留地の中のホピ・インディアンは、昔ながらの儀式と慣習や口頭で伝えられてきたもろもろの伝説を少しも間違わずまったく純粋に保存維持している。

 

<「ホピ族の本」の中の伝説>

・ 太古に南方にある赤い都市をめぐって戦いが起こった。どこかに進んでいったとしても、すべての種族にカチナスが同伴した。カチナスは、「第4世界」つまり地球の生物ではなかったといわれている。そればかりか、彼らは一般に人間ではなかった。それでも、彼らは常に種族の保護者、顧問であることを示し、種族が困難な状況に置かれたときは、超人的な力と技術を発揮して援助した。南方の赤い都市でホピ族のいくたりかが突然、四方八方から攻撃されたときも同じありさまであった。

 疾風のような速さで、カチナスはトンネルを掘り、これを通ったホピ族は、野外に出、なんら血を流すことなく、攻撃者の背後に逃げることができた。別離に際し、カチナスは、酋長たちに向かい次のように述べた。

 「我々は、我々の都市を防衛するために残留する。我々の遥かなる惑星に向かう旅の時はまだ来ていない」。

 

・ホピ族の伝承に従えば、全ての赤い岩壁画は、いつかはある地方を通るであろう同族の者たちに対する正確な指示を伴った最古の情報に他ならない。人々は神々の使者たちと接触した。人々は技術的な諸道具をさまざまな場所に埋めた等々・・・。

 

 <原生林に出没した白人>

ブラジルのインディオの伝説の天人ベプ=コロロティ

「とある日、ベプ=コロロティは、プカト=ティの山を降り、初めて村にやって来た。彼は頭のてっぺんから爪先まで身をおおうボー(わら製の衣服)を着ていた。かれはコプ、つまり雷の武器を手にしていた。村人はすべて不安に駆られて潅木の中に逃げ込んだ。

 

・彼の美しさ、輝くような肌の白さ、やさしくそれに全てに向けられた愛は次第に部族全員を魅了し、ひきつけた。部族全員が安心感を抱き彼と友人となった。

 

・インディオ研究かジオアン・アメリコ・ペレートが伝えたヤカポの伝説を私はポルトガル語から逐一翻訳した。この伝説と同様に古いのが、インディオたちが、ベプ=コロロティという存在をしのんで身に着けている“藁(わら)の宇宙服”なのである。

 

 

 

『未来の記憶』 

(エーリッヒ・フォン・デニケン)(角川書店)1974/10/30

 

 

 

<白き神とは何者か?>

・ここで、プレ・インカの神話が手がかりになるかもしれない。この神話で世界の創造主となっているヴィラコチャは、古い始原的な神であった。ヴィラコチャが世界を造ったときは、まだ暗くて太陽もなかったという。彼は、石から巨人族を彫り出し、気に入らないとそれを海中に没してしまった。

 

・それからチチカカ湖の上に太陽と月を登らせ、地上を照らすようにした。そして、-ここに注意していただきたいー彼は、ティアワナコで人間と動物の土偶を作り、生命を吹き込んだのである。続いて、この生命体に言葉、風習、技芸を教え、ついに彼らのうちの若干は、色々な大陸に飛び、将来そこに暮らすようになった。

 

・ 南アメリカ、中央アメリカを征服したスペイン人たちは、いたるところでヴィラコチャの伝説にぶつかった。そのころの彼らは、天のどこからか来たと言う白い巨人たちのことは、何も聞いていなかった・・・・。スペイン人たちは、太陽の子の種族の話を知って驚いた。この種族は、人間たちにいろいろな技芸を教えてから、また姿を消してしまったのである。スペイン人の耳に集まったどの伝説にも、太陽の子らが戻ってくるという確約がある。

 

・マヤ族は賢かった。高度の文化を持っていた。伝統的な暦を残したばかりか、信じられないような計算をも伝えている。金星の1年が、584日だとも知っていたし、地球の1年が365.2420日だとしている。(今の精密な計算では、365.2422日である!)

 

・プレ・インカの神話では、星々に何者かが住み、<神々>はプレアデス星系から彼らのところに降臨したとなっている。シュメール、アッシリア、バビロニア、エジプトの古文書は、繰り返し同じことを伝えている。<神々>は星から来て星へ戻って行き、火を吐く船などに乗って、空をかけり、不思議な武器を持ち、何人かの人間に不死性を与えると約束している。

 

・マハーバーラタの作者は、どこから1国を12年間にわたって、荒廃させられる武器の存在を知ったのか、それによれば、胎内の胎児を殺せると言うではないか。インドの古代の叙事詩マハーバーラタは聖書よりも大部のものでひかえめに見積もっても5000年前に書かれた。新たな眼鏡でこの叙事詩を読むだけのことはある。

 

 

 

『ウィングメーカー』

(ウィングメーカーLLC) (VOICE)2005/3/1

 

 

 

<ウィングメーカーとは、西暦28世紀半ばに生きる人類の選ばれた一族または種族であり、科学、芸術を宗教と言語の中へと統合した存在である。>

・ スティーブンス博士は、ニューメキシコ北部に居住していたアナサジ族として知られる有史以前のアメリカ・インディアンとウィングメーカーが相互に交流していたことを完全に確信している。放射性炭素年代測定法によると洞窟の壁に用いられた塗料は、西暦840年を示し、それは、アナサジ文化の開花の時期とおおよそのところで一致している。

 

・ スティーブンス博士によれば、興味深いことにアナサジ族はその2百年後謎に包まれたまま忽然と姿を消しているのだ。我々は、これに関してウィングメーカーとの関連性や

既成の存在については何もわからない。

 

・ ウィングメーカーとは、西暦28世紀半ばに生きる人類の選ばれた一族または種族であり、科学、芸術を宗教と言語の中へと統合した存在である。彼らは、同時代の人類の中でも特殊な存在である秘密結社に相当するようなものである。

 

・ 我々のウィングメーカーは、意識という段階からソース・リアルティーの一体性へと時空宇宙を変容させている至高実体である。別の言い方をすれば、ソース・リアルティーが時空宇宙へと拡張するということであり、その中に生きる全ての生命形態はソース・インテリジェンスと完全に調和した新たな階層構造を通じてこの拡張を経験できるということである。

 

・ 何人かの者が「地上の楽園」と呼ぶものは、単にこの来るべき未来時間のエコーを認識したに過ぎない。

 

・ ウィングメーカー。今からおよそ750年未来の地球人のタイムトラベラー。「文化の伝播者」だが、その実像は謎に包まれている。

 

 <コルテウムの技術は、地球の最高のコンピュータ・テクノロジーより約150世代進んでいます。>

 <ニューメキシコ北部の領域とエイリアン種族の由来>

・ 私達は、ナバホ族の前身であった種族と相互作用があった証拠を見ています。多分それはホピ族で、今日ではアナサジ・インディアンとして知られています。

 

 <量子物理学と新しい物理学>

・フィフティーンは、常にアインシュタインの一般相対性理論には欠陥があると主張していました。その考え方は、主流ではありません。幾分同じようなニュアンスで、ニュートンの機械論的宇宙論が足枷となり、今日私達が複雑系、あるいはカオス理論と呼んでいる現象の多くを説明できません。フィフティーンは、アインシュタインが、意識が量子物質に与える影響を過少評価していたと感じていました。

 

・ コルテウムは、身長は3メートル近くあり、非常に細長い顔と身体をしています。肌は、非常に白く、ほとんど半透明です。見た人は、洞窟人を連想するかもしれません。彼らの瞳は、比較的大きく、人類と全く同じように様々な色をしています。もっとも、コルテウムの場合は、年齢や場合により感情によって瞳の色が変化するという違いがありますが。

 

・ 明らかにコルテウムは惑星間飛行のテクノロジーを持っています。

 

・ コルテウムの技術は、地球の最高のコンピュータ・テクノロジーより約150世代進んでいます。

 

・ 人間やウィングメーカーの存在形式と比較した場合、天使界は異なった種類の生命形態を持つ。ウィングメーカーは時間の焦点の外にあり、人間や地球外生命体、天使に相当する存在は、その中にある。そして程度の差はあるものの、時間の法則に制限されている。ウィングメーカーの特異性は、人間の完全な肉体的、精神的特長を残したまま、時間とは超越して行動できる能力に起因している。

 

<エイリアン種族の領域は260万光年彼方にあり、種族は遺伝子構造を持つ生物とテクノロジーとの間の人工生命体です。>

・ 予言されたエイリアン種族は、現時点では、地球に気づいてすらいません。彼らは、まったく別の銀河の出身なのです。予言では、彼らは、私達の銀河に偵察隊を送り、地球が最高の「遺伝子図書館」であり、素早く同化できる天の川銀河の中の「天然資源の宝庫」であると決定することになっています。彼らが、地球を訪問するのは2011年です。そして、2018年に最初の世界政府の選挙が行われた後、国連を乗っ取って、世界政府を支配することになっています。

 

・ コルテウムのコンピュータ・テクノロジーは、世界最速のスーパー・コンピューターのおよそ3200倍の処理能力を持っています。

 

・ エイリアン種族の領域は260万光年彼方にあり、種族は遺伝子構造を持つ生物とテクノロジーとの間の人工生命体です。ミツバチ型社会を持っています。リーダーの明白な目的に協調する限りにおいて、個人の意志は尊重されます。その種族は、人工生命体であるため、管理された環境で生産が可能であり、リーダーの気まぐれによって、その人口は増減され得ます。

 

・ コルテウムは、1万5千光年離れた惑星からやって来ています。しかし、コルテウムは、彼らの母星と地球との間を、人間がたった25万マイル離れた月に行くのと同じ時間に往復することができます。

 

・ 地球は、銀河の動物園とでも言える遺伝子の図書館なのです。やって来るエイリアンはこの惑星を所有したいと望み、そして、それを植民地化する計画を持っています。私が既に述べたようにそれは、人工生命体です。自分自身をクローンし、その植民地プログラムの目的のために働くよう次から次へと増殖することができるのです。けれども彼らは、さらなる多様性を求めているのです。そして地球こそ、その多様性へのチャンスを彼らに与えてくれる星なのです。

 

<宗教の文献では、結構頻繁に彼らに関して書かれている>

・ ある種の人間は、私達が垂直時間と呼んでいる領域を移動し、非常な鮮明さを持って未来を見ることができるのです。しかし、彼らは、未来を変えることはできません。

 

・ エイリアンの種族は、人間のふりをすることができますが、その実、人間とアンドロイドとの人工生命体なのです。

 

・ エイリアン種族がルシファーとして化身したかのように反キリストとして予定されているだけです。

 

・ シークレット・ネットワークは、この惑星上で唯一プレイする価値のあるゲームとは、世界経済のエンジンを動かす基本変数を操作演出して、絶え間なく富と権力を獲得することなのですから。

 

・ ACIOは金融市場を操作し、毎年数百億ドルをかき集められるテクノロジーを彼らに提供しています。

 

・ タイムカプセルが3次元・5感覚の領域から多次元・7感覚の領域へと続く架け橋となる。

 

・ウィングメーカーは自分たちを西暦28世紀中頃の人間のタイムトラベラーであると述べています。

 

・ ウィングメーカーは多くの異なった時代の人々と相互に交流し、自らを「文化の伝播者」と呼びました。ウィングメーカーは、おそらく天使、いえ神とさえ勘違いされたでしょう。宗教の文献では、結構頻繁に彼らに関して書かれていることと思われます。

 

・ 秘密の情報は、エリート主義のアンブロシア(神の食べ物)です。彼らに権力意識を与えます。

 

・ 大統領は、グレイについて知っています。それから、太陽系の惑星上に存在するETの基地について知っています。火星人についても知っています・・・・。

 

・ 火星人は地球人と同じ遺伝子テンプレートから作られた人間型種族です。彼らは、火星の地下基地に住んでおり、数は少数です。何人かの火星人はすでに地球に移住してきており、身体の特徴を若干修正して、白昼でも地球人として通用しています。

 

・ 彼らは、資質を見れば、ウィングメーカーはおおよそ750年分進化した思考の恩恵に浴しているといえるでしょう。私達は、その時代の人類は、我々の銀河連合の活動メンバーであると推測しています。

 

・ それぞれの銀河には、その銀河系のあらゆる惑星に住んでいる全ての知覚生命体を含んだ連合、あるいはゆるやかな連携が存在します。それは銀河系における国際連合に相当するものと呼べるかもしれません。この連合は、加盟メンバーと観察メンバーの両方が含まれています。

 

<ウィングメーカーとは、タイム・トラベラーだった>

・ 米国ニューメキシコ州チャコキャニオンの不思議な人口遺物。この洞窟こそウィングメーカーが地球上に残した7つのタイムカプセルのひとつ。23番目の石室で発見された一枚の光ディスク。

 

・ この遺物はNSA(国家安全保障局)の管轄におかれた。これらの人工遺物は、有史以前に地球を訪れた地球外の生命体の存在を示唆。

 

 <エンシュント・アロー遺跡>

・ 活動休止中のエイリアンのテクノロジーと思しき人工遺物。ACID(先進コンタクト諜報機関)。地球外起源のテクノロジーを研究し、吸収し、それを複製することを使命とする機関。

 

・ 仮説。西暦8世紀に地球外の文明が地球上に居住地を定め、エンシェント・アロー渓谷の中で孤立していった。彼らの任務は大規模なタイムカプセルを遺すことだった。

 

・ シュメール語とタイムカプセルとの関係は、ACIOが待ちわびていた突破口であった。

 

・ タイムカプセルの製作者は、ウィングメーカーと自ら呼び、およそ今から750年後に生きる我々人類の未来の代表者であった。

 

 <ウィングメーカーとの交信>

・ ACIOのテクノロジーは、地球外起源であり、何千年もの間、地球を訪問してきたある友好的なエイリアン種族から得られたもの。

 

・ コルテウム(好意的な種族)と呼ばれるET種族は、現在も地球上で数々のテクノロジーをACIOと共に開発。

 

・ 政府、具体的にはNSAと一般にグレイと呼ばれていたET種族との間に協定が存在していました。秘密の外套の下で、グレイたちは、秘密裏に生物実験を行うことが彼らの協力の交換条件でした。

 

・ 彼らは、人間と動物を誘拐しました。それは過去、48年間に及んでいます。

 

・ コルテウムのテクノロジーは、その大半がグレイよりも優れていました。最も、グレイの記憶移植と遺伝子交配テクノロジーは例外として考えられていますが。

 

・ グレイや大半の地球外生命体は人間との意思疎通にはもっぱらテレパシーの形式を用います。それを私達は、暗示的テレパシーと呼んでいました。

 

・ ACIOは、地球に関する予言を含む多くの古代文献の情報を持っています。

 

<反乱グループは、セントラルレイスから独立してソウルキャリアーを設計するために去った。>

・ 天使の王国に、セントラルレイスはあまりにもソウルキャリアーの構造を支配しすぎると考えるものがいました。彼らは、地球や他の生命が住む惑星の「現実の膜」の中に、天使が受肉することが可能な構造が創られるべきだと感じていました。そうなれば、惑星や宇宙の物理的構造全体が改善されると主張したのです。

 

・ しかし、セントラルレイスはこの提案を拒否しました。そして、反乱グループは、セントラルレイスから独立してソウルキャリアーを設計するために去ったのです。

 

・ ルシファー、あるいは私達が、ルシファーと呼ぶようになったものは、かっては、セントラルレイスに非常に尽くした従者でした。ルシファーは天使種族のさきがけとなる非常にパワーを持った存在でした。次世代の天使は、セントラルレイスによりそのパワーを縮小されたのですが。

 

・ そういうことなら神、もしくはセントラルレイスはなぜ、ルシファーにアンドロイド種(アニムス)を創造することを許したのでしょう?その種族が私達の宇宙の災害になることを知らなかったのでしょうか?

 

・ 大半の人々は全能の神が、アニムスのような種族を排除すると考えるでしょうが、そうはなりません。アニムスのケースのように、捕食作用の暗い側面が、獲物の中の独創性や革新性に閃きを与える可能性があるからです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨人たちの記録は、さらに聖... | トップ | 巨人たちの記録は、さらに聖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

UFO」カテゴリの最新記事