UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害を受けるだろう

エーテル界の人類の源郷か?神の国か?天上のエルサレムか?
チャネラーとコンタクティの情報を集めています。

「英国霊的治療家連盟」のメンバーになるには、同連盟のメンバー4人の推薦とともに、「過去6カ月間に、医療によらないヒーリングだけで治った患者30名のリストを出せ」という項目まである。(3)

2016-10-18 23:04:57 | UFO

 

 

『クラリオンからの伝言』

 超次元スターピープルの叡智

マオリッツオ・カヴァーロ    徳間書店  2009/4/30

 

 

 

<第3銀河系の鷲座にあるクラリオン星>

・私たちが、見ているのは3次元の火星、すなわち過去の火星です。

 

・過去の火星と未来(現在)の火星。この2つの火星は周波数が違うんですね。並行してある存在なんですが、周波数が違うので、私たちが、火星に行ったとしても何も見ることができないということです。

 

・火星人を見た時に、身体的特徴が旧インカ人に似ているというのも、おかしなことではありません。

 

・人類を創造し育んだというプロジェクトにかかわったのはオリオン座、プロキオン、プレアデス星団、ケンタウルス座アルファ星です。こうした星の人々が、人間の原型、マトリックスのような形になって、今現在、人類に影響を及ぼしているわけなのです。

 

・NASAやなんかの調査では確かに火星には砂漠しか見えませんね。しかし、カヴァーロさんが見た火星には、都市があり、そして、人が住み、そして、動物もいた。それは、異なる次元に同時に存在する景色だったようです。

 

・やがて私たち2人は大きな広間のようなところに出ました。そこは、境界線が見えないほど広大なスペースでさまざまな大きさの球体がありました。50センチから60センチくらいの直系のものから、1メートルから1メートル半くらいのもの、もっと大きいものもありました。その球体はスカイブルーや淡い紫色、そして、黄色などさまざまな色味を帯び、クリスタルのように透き通っていました。そして、この球体の中には何と人影があったのです。

 

 <知性的なレプティリアン人(ドラゴン人)と人類との関係は「また従兄弟」の間というふうに定義できるでしょう>

 

 

 

『クラリオンからの伝言 超次元スターピープルの叡智』

マオリッツオ・カヴァーロ     徳間書店   2009/4/30

 

 

 

 <3つの月を持っていた地球に起こった大カタストロフィー>

カヴァーロ;3つあった月のうち1つの月が磁場を失った、消滅したんです。

 浅川;3つあった月のうちの1つ目が落ちたのはいつでしたっけ?

カヴァーロ;6500万年前、そのとき、2つの月が残っていたのです。

 浅川;そのときに7つのピラミッドを作って磁気が弱くなったのを保ったんだったよね。そして、残った月のうちのもう一つの月が磁気を失って落ちた。

 

 <大カタストロフィーに備えて、クラリオン星人は地球上全ての生命のDNAの保管庫を持っている!>

・私の中にはいつもクラリオン星人からの精神投影があります。

 

 <植物と共生するクラリオン星人の町の様子>

・とにかくクラリオン星は天国、パラダイスでした。一言でいえば、天国のような世界で、とても美しいです。

・我々の地球上の建物と違うところは、建築物がセミモービルといって半可動式というか、ちょっと動くものです。彼らの建物は、ドームの中に入っていて、半球体の透明な物の中に包まれている。例えば、道は植物を切ってしまうような地上にはつくられずに地下を通ります。

 

 <美しく知的な5種類のグレイ・エイリアンの真実>(生物学的なロボット)

カヴァーロ;クラリオン星人が作ったグレイロボットもあります。サイボーグというか、バイオロジーロボットとでも言ったらいいでしょうか。ですが、金属でできたロボットではないです。要するに、知能が非常に発達した生物学的なロボットのやつはサイボーグですね。

 

・アメリカ政府筋が発表している醜いグレイとは全く違います。

 

・グレイといわれる者たちなら、5種類います。けれども、その5種類全部がサイボーグ(人造人間)です。

 

・5種類のグレイの特徴は、そんなに大きな違いはありませんが、身長の差とかはあります。先ほど見せた写真のグレイは150から170センチメートル、つまり、地球人と同じ大きさです。それから、もっと小さい69センチとか75センチとか、本当に小さいものもいます。あとは、目がすごく大きい種類。

 

・80000年前に地球に来た河童はグレイの一種で太平洋の海底基地にまだいる!?

 

・水かきのあるグレイの一種、河童も人造人間、サイボーグ。

 

 <2012年を目安に太陽の活動が変わると、全ての生命の遺伝子体系も変わる!!>

・人類の起源種となった4大種族は次の星からやって来ました。ケンタウルス座アルファ星、オリオン星、プロキオン、プレアデス星団、そのほか数多くの種族が人類創造に協力し、すでに述べたとおり、クラリオン星人もそのうちの一つとして数えられます。

 

 

 

『クラリオン星人はすべて知っていた』 創造起源へのタイムトラベル

 マオリッツオ・カヴァーロ 徳間書店  2010/1/26

 

 

 

 <私と同じくパラレル・ワールドの旅行者達が世界中にたくさんいる!>

 <真の叡智はパラレル・ワールド>

・その、パラレル・ワールドに迷い込んでしまうことだってありうるのです。たどり着く先は、見た目は私たちの世界とそっくりです。事実、いつも通る道路があり、顔見知りの人たちと同じ生活が営まれます。ですが、決定的な相違点があります。時間軸が異なるのです。

 知らないうちに異次元の扉をくぐり抜けてしまい、異質な世界に入り込んでしまった人間など山ほどいるのでしょうか。そうした世界は、鏡映しのように、同一の空間構成なのですが、時間の周波数は全く別物になります。それに、そこから戻ってこられなくなることもあるのです!

 

 <クラリオン艦隊の星間巡洋艦ケトス号>

 <無重力リフトでケトス号の宇宙港へ>

 <星間巡洋艦ケトス号の乗員たち>

・クラリオン星人とエリダニ星系のエリジウム星人以外には、オリオン座、プレアデス星団、ケンタウルス座アルファ星、かみのけ座、竜座、小犬座の一等星であるプロキオン星系からの異星人たちもケトス号に搭乗している。さらに、ベテルギウス星系やアルシオーネ星系、地球で発見されていない数銀河光年離れているほかの星系からのメンバーもいました。また乗組員の中には、その身体的、生物学的特徴から地球の研究家がいうところのグレイと見られる種族の人々もいました。

 

 <時間移動線での旅で出会った“銀河系大議会”の賢者のメッセージ>

・彼は“銀河系大議会”の賢者の一人で、時間の境界線の向こう側からやってきたのでした。彼の声は翼の羽ばたきのように響き、彼の輝く瞳は私の脳内に射し込んだ燭光のようでした。彼は、星が放つ光線のように私の混乱した精神の中に浸透してきたのでした。

 「地球の子よ、我々はおまえにメッセージや使命を託すことはない」

そう述べた。異次元の声は、音として響いたのではありませんでした。

 

 <3メートル以上の巨人たちと生命体であるコンピューター>

・そこは円形の複合施設でした。背丈3メートル以上の巨人がいて、不可解な精密作業に没頭しているのでした。分厚い宇宙服をまとい、顔が隠れる奇っ怪きわまりないヘルメットをつけた巨人たちは、コンピューターのインターレース式ディスプレイの周りで操縦しています。ちなみに、このコンピューターは開発者たちの頭脳と連動した一種の生命体なのでした。

 

 <クラリオン星人の超テクノロジー>

・私は、クラリオン星の巡洋艦の驚くべき全貌を目の当たりにしていました。奇っ怪きわまりない形をした輝く物体の大群が、船腹の下に開いた幅広で青い楕円形の開口部から現れると、敏捷でなめらかな動きを見せていました。それらは、偵察用時間移動船だとのことでした。

  

 

 

『未確認飛行物体UFO大全』

 並木伸一郎  Gakken  2010/2/2

 

 

 

<トルーマン・ベスラム><クラリオン星人に会った男>

 <1952年7月27日、アメリカ、ネバダ州ラスベガス>

・ベスラムがトラックを降りると、すぐそばにUFOが着陸していた。それは直径100メートルにも及ぶ巨大な円盤だった。UFOの中に案内された彼は、美しい女性の機長に紹介されたのである。

 

・その美しい女性はアラウ・レインズと名乗り、太陽を挟んで地球の反対側の軌道にあるために、地球からは見えない惑星クラリオンから来たと述べた。

 

・その後のコンタクトで、ベスラムはUFOに搭乗し飢えや病気のない理想郷のような惑星クラリオンの生活をレインズから聞かされたのだった。ベスラムはまた彼らがエネルギー源として磁力やプルトニウム、中性子などを利用していることも知った。

 

・彼はある年、UFOから降りて帰宅する途中、何ものかに追跡され、それ以降、行方がわからなくなった。彼の痕跡は現在にいたるも発見されていない。

 

 <600ページにわたる本書も含めて、筆者のライフワークであるUFO現象の探求は2010年で40年を迎えることになった。>

 

 

 

『宇宙の古代遺跡』

「月・火星 他文明の痕跡」

 深沢久夫    Gakken  2008/10

 

 

 

<NASAは陰の集団に操られている!?>

<秘密の集団「オシリス・カルト」>

<古代エジプトの冥界の王であり、死と復活の神でもあるオシリス>

・実は、これまで「NASAの隠蔽体質の背景には、カルト集団の存在がある!」という説がささやかれてきている。NASAの中枢をあるカルト集団が支配しており、火星に関する「神聖知識」の公開を阻んでいるというのだ。

 科学の最先端をいくNASAとカルト集団とは、じつに奇妙な取り合わせのように感じられるかもしれない。しかし、NASAが「オシリス・カルト」と呼ばれる古代エジプト宗教の隠れた本拠地になっていることは、80年代初めごろから問題視されていたのだ。

 

・秘教研究家ジョージ・ダウナードの調査によると、NASAの管轄する天文台には、常にシリウスに向けられた望遠鏡が設置されているという。その望遠鏡を通して、シリウス(古代エジプトの星辰信仰において主神となっていた星)」の光を浴びながら、NASAの「大司祭」が「オシリス復活の儀式」を執り行うというのだ。「オシリス・カルト」はアメリカを中心として、各国の政財界に多数の信者を擁しているが、ダウナードはNASAこそ「オシリス・カルト」の総本山であると指摘している。

 

・そもそも、アポロ計画の「アポロ」とはオシリス神の息子ホルスと同一の太陽神であり、アポロ計画の記章とされた「オリオン」は、古代エジプトにおいては「オシリス神の住まうところ」とされていたのである――。

 NASAの内部には、「公開派」と「非公開派」があり、情報開示をめぐって対立しているという。あるいは、「非公開派」というのは、古代エジプトの神官のごとく、星に関する知識が「神聖知識」であるがゆえに、開示を拒んでいるのかもしれない。

 

<やはり高等生物が実在した!? 動物の頭蓋骨>

・かつて火星にも、水と大気が潤沢に存在した時期があり、その期間は30億年続いたともいわれている。だとすれば、はるか昔、火星地表には知的生命体や動植物など、生命に満ち溢れる世界が存在していたのかもしれない。いや、事実存在したと思われる物体が見つかったという。

 写真は火星地表の画像で、マーズ・スピリットのローバーが撮影したものだ。不思議な形の岩のようだが、火星の異常地形を研究しているジョゼフ・スクッパーは「火星地表に動物の化石を発見した証拠」だと主張している。

 場所は火星のグセフ・クレーター付近。そこに特筆すべき大小3個の物体は存在する。それも見るからに化石化した地球上の動物の頭骨に酷似しているのだ。

 

 

 

『あなたはいまスターシードとして目覚める』

限りない愛を受ける存在    シリウスの超叡智3

パトリシア・コーり   徳間書店    2011/9/30

 

 

 

<四つのマスター種族とは>

・地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあります。テクノロジーが進化した彼らの文明は、銀河系間の移動といった難題を克服して遠方への宇宙旅行さえも可能にしました。

 

・オリオン星雲の中心星から数えて5番目にあたる彼らの星は、太陽光の量も少なく、比較的低温です。その厳しい物理的条件を考えると、彼らは、最もデリケートな遺伝物質を人類のマトリックスに組み込んだと言えるでしょう。色素が少ないために肌が抜けるように白いのでラ―の強い放射線からほぼ完全に身を守る必要があったのです。

 

<あなた方はもはや孤独な存在ではない>

・「エイリアン・ネイション(異星人国家)」つまり惑星間の提携、移動、文化交流、遺伝子混合のための連邦機関においては、地球人の知らない交流や取引が行われています。物質宇宙は生命であふれ驚異に満ちているのです。そして、地球と同様に光の存在と闇の勢力の間で、さまざまなレベルにおいての戦いが断続的に起こっています。

 

・考えてもみてください。異世界の生命体がこれほどまで、かたくなにあなた方の前に姿を現そうとしないのは実に不思議だと思いませんか?

 その一方で、地球のオーラ体のすぐ近くまで母船に乗って旅してきたグループもいます。この生物の原型は、タイム・トラベラーであるジーン・ロッデンベリー(訳注;SFシリーズ『スター・トレック』を生み出したテレビ・映画プロデューサー)によってあなた方に紹介されましたが、彼がSF物語という形で表現した銀河連邦の活動が決してフィクションなどではないのです。

 

<つまり彼らはあなた方の苦しみを理解しているのです>

・多次元宇宙の内のパラレル・ユニバース(並行宇宙)から異次元を旅して地球にやってきた意識を持った存在は、あなたと一緒にそして、あなたの内側で活動しています。物質領域では多次元宇宙とはまったく違った人生の展望としてドラマが繰り広げられているのですが、あなたが物質次元から上昇するにしたがって、物理的な現実が無時間性において結晶化された思考の投影のホログラムであり、魂のトレーニングの場であることを認識するようになるでしょう。

 

 

 

『2012年あなたはこうなる』  Q&Aベスト集成

 山口敏太郎  5次元文庫  2010/12/10

 

 

 

 <UFOコンタクティ マオリッツオ・カヴァーロ ー宇宙につなぐ銀河のシルクロード>

 <宇宙と地球を結ぶシルクロードを発見していこう>

 <伝説は過去にあった事実に基づいている>

・カヴァーロ;(エイリアンを見るようになってから)30年ほど経ちます。もう数えることをやめてしまったのですが、既に200回以上遭遇しているはずです。毎回違う人と会うわけではないので、知り合ったエイリアンの総数は、30人くらいですね。

 

・エイリアンたちが人の心の中に侵入してくるというのは、昔からある現象で、世界中の様々な宗教にもそういったものが見受けられる。ですから、エイリアンが人の心に入ってくるという表現は正しいと思います。

 

・エイリアンが昔から様々な形で人間に混じってきたということは確かです。

 

・今人類は次の段階への移行を目指している。そういう時期なんですね。だから、現在、大多数の人間が何らかの形でエイリアンと接触していたとしてもおかしくない。

 

 <日本の天狗はエイリアンの可能性がある>

 <宇宙のメッセージを預かる天使達もエイリアン>

・エイリアンにはもちろん女性と男性という性の違いはあるんですが、本当に男女問わず非常に優しく美しい種族です。表面的には、人間とさほど違いはありません。

 

・つまり天使とは、宇宙のメッセージを伝える使者であるので、やはり宇宙とかかわりのある者だとおもわれます。

 

 <周波数を変えれば時空も変わる>

 山口;カヴァーロさんの話では、今の火星はかって文明があって滅びた姿であってパラレル・ワールドの火星では、ちゃんと文明があるそうですね。また、発展している火星にも行かれたそうですね。

 

カヴァーロ;我々の目には、より低い周波数が見えている。ですから、今火星を見た時に、何もないあの砂漠のような状態なんです。

 

・高周波にチューニングすると、生物が棲んでいるような火星になる。別々のものが存在するのではなくて、共存している。

 

 <2012年、人類にとっての選択のラストチャンス>

カヴァーロ;2012年には、確実にひとつのサイクルが終わる。人類が今までの次元よりももっと高い次元に移行していく現象が見られるでしょう。それに伴い天変地異が起こるかもしれません。ただし、それは、人類滅亡とか、地球の終りとか、破局とかを意味しているのではない。こうした変化は、新たな人類、新たなステージアップのために生じるのです。だから、すべて破滅してしまうという意味ではない。

 

 

 

『ムーンマトリックス』

 覚醒編

デーヴィッド・アイク     ヒカルランド   2011/9/30

 

 

 

<心の大転換をもたらした霊能者(サイキック)との出会い!>

・何らかの存在が、私の周りにいるのを感じ始めたのが、この頃だった。部屋に1人いるときに、誰かがいるような気がして、その感覚が何カ月も強いため、ついに1990年の初め、ロンドンのホテルでベッドの脇に座っているときに、その気配をあまりにも強く感じたため、「もしそこに誰かいるなら教えてくれ!頭がおかしくなりそうだ」と叫んでしまった。すると、それからいろいろなことが加速度的に発生するようになった。

 

 <波長の異なる「世界」-並行宇宙(パラレル・ワールド)が無限にある世界を知る!>

・霊能者の彼女から現実の多次元的な性質や、一つの次元が他の次元と通信可能という話を聞いているうちに、これが答えだと思った。

 

・すべてはあなたの内面に存在するということ、あるいは象徴的に天国は心の中にあるということは間違いない。無限の広がりは、あらゆる「空間」もしくは我々の「空間」認識と共存しているのであるから、全て我々の内側に存在することになる。だが、問題は、我々の五感では、全ての無限の広がりを把握できないことだ。全てのラジオ放送を同時に聴くことができないのと同じである。

 

・幽霊やUFOを目撃した人々が、どこからともなく「出現」して「消滅」してしまったというのも、これで説明がつくだろう。テレビやラジオのチャンネルがたくさんあるように互いに交差する仮想現実が無数に存在しており、やりかたさえ知っていれば、異なる仮想現実間を行き来することもできる。科学者は、「並行宇宙(パラレル・ワールド)」と呼んでいる。

 

 

 

『2020年ごろまでに世の中大転換する』

ミロクの世を作るプラズマ科学や5次元テクノロジー

船井幸雄   徳間書店   2010/5/31

 

 

 

<アルザル人との遭遇と新人類>

<UFOに乗ってやってきたアルザル人>

<アルザル(地下世界、亜空間)>

・私がアルザル人にはじめて会ったのは、2006年11月23日でした。1947年にアメリカで不思議な物体が墜落し、乗っていた生物が全員死亡するという事件が起きました。発見したのはアメリカ軍でした。実は、この生物こそアルザル人だったのです。もちろん、アメリカ軍は彼らが、アルザル人であるとは知りません。なぜなら、外見も普通の人間そっくりだったからです。髪の毛と目の色は黒く、黄色人種のような外見をしていました。

 

・彼らの血液型を世界中のいろいろな人種のマッチングをしたところ、アングロサクソンでもなく黒人でもなく、一番近いのが日本人だったのです。彼らの血液のなかに日本人の血液中に多く存在する“YAP(マイナス)因子”と同じものが存在していたのです。YAP因子というのは、Y染色体上にある特殊な遺伝子で日本人に特異的なものです。

 

 <アルザル人は日本人の祖先だった>

・アルザル人はもともと地球の地下深くに住んでいたそうです。地球の核付近までいたる地下に彼女(アルザル人)たちの住まいがあったといいます。地下の居住地同士はトンネルでつながっていて、いつでもどこへでも行けて、トンネル内で通信もできたそうです。

 

・何千年もの間。地中で文明を発展させたアルザル人は、やがて地上に出てきました。その当時、地上にはようやく哺乳類の祖先が現れたところでした。

 

・アルザル人が現れたのは現在の日本にあたる場所で、ちょうど後に出雲大社ができたところでした。アルザル人は、そのあたり一帯に居住し、地上での生活になじんでいきました。やがてアルザル人=日本人は、出雲大社のあたりから日本国中に広がっていったのです。

 ちなみに、アルザル人は、かってイスラエルにも居住したことがあり、その子孫はユダヤ人となったそうです。ということは、イエス・キリストもアルザル人だったということです。

 

 <アルザル人のメッセージを伝える使命>

・出雲大社はアルザル人の幕社とまったく同じ形になっています。しかも、アルザル人は日本全国津々浦々に広がりましたから、どこのお宮もアルザル人の幕社と似ているのです。

 

・決定的な証拠として一つあげるとすれば、現在の宮中にはアルザル人の絵があるそうです。その絵は、菊の紋が中央に描かれていて、その両側にアルザル人が信奉している一角獣(ユニコーン)とライオンがそれぞれ配置されています。それがアルザル人の紋章なのです。

 

・アルザルについて釈迦も「シャンバラ」と呼んで北の果ての入口から入ると言い残しています。それがシャングリラの元ネタになったわけです。

 

・北の果てには北極海と氷しかありませんが、地球の磁力線が潜り込んでいます。それがプラズマ・トンネルとなり、地球の中心の内核でリコネクション(つなぎ替え)が行われてプラズマが発生しているのです。つまり亜空間ができて天体アルザルが存在します。そこから出入りするにはプラズマで覆った飛行物体か自らの体をプラズマで覆うしかありません。

 

 

 

『『ドイツ伝説集』のコスモロジー』

  -配列、エレメント、モティーフー

植朗子    鳥影社    2013/7/12

 

 

 

<こびと>

・王の宝を守るこびとの伝説(こびとたちはその宝物を守っていて、かつては時々真夜中になるとザルツブルグに行って、大聖堂で礼拝していた)。

 

・これらの山の民「{ブレッセの静かな民}と呼ばれる山こびと」は、人間達と変わらず、身体は肉と骨から出来ていて、子どもを作り、死もおとずれる。

 

・「こびと」が他の怪異体と異なるのは、彼らが「敬虔なキリスト教徒である」という特徴を持っている。人間と共に生活し、王や英雄の墓守としての役割についているこびとたちは、人間と同じような生活習慣を持っている。

 

・こびとの王は、キリスト教徒としての暮らしを人間に話している。王や騎士たちに、こびとが自らを「キリスト教徒」だと主張する姿は、こびと族が異教の神々と関連がないことを人間に訴えかけ、異教徒として駆逐されることを恐れているかのように見える。『ドイツ伝説集』に登場する「こびと」は人間の亜種のような存在として描かれている。

 

・1664年に、ドレスデンの近くでひとりの少年が村の羊の番をしていた。(略)そして、彼(少年)は石を持ち上げてみると、若い大地のこびとが地面の中から飛び出して、すばやく羊飼いの少年の前に立ちこういった。

 

・翌朝、このこびとたちがやってきて、悲惨な火傷をしてしまった。彼らは怒りを込めて、「ああ、ひどい世の中だ、ひどい世の中だ!」と叫び、復讐を誓って、永遠に姿を消してしまった。

 

<こびとの出現は1680年以前となっており、こびとが人間の目の前から姿を消す話ばかりが集中的に配置されている>

・こびと族の消滅・移動に関する出来事が起こった時の具体的な日時を示さないことによって、「これからもこびとが人間の集落に再び現れるのではないか」というニュアンスを話の内容に含ませている。

 

<小さい人型の怪異体>

・先行研究を整理すると、「小さな人型の怪異体」という外見的特長によって、「こびと」とよばれることになった怪異体は、少なくとも二つに大別される。まずは肉体構造を持つもの、そして視覚的には認知されるものの肉体を持たないものである。こびとは種類によってその起源も能力も異なる。これらが混同されるようになったのは、それぞれの伝承が語り継がれる中で、類似の部分が記憶の中で融合したことが原因である。

 

・数と種類の多様さにおいて、「小さな人型の怪異体」の伝説は『ドイツ伝説集』の中で突出している。巨人族は過去のものとされているが、こびとに関しては未だその存在が現実のように語られることがある。こびとや幽霊は、そのちいささや実体の有無から、全ての人に見えることが難しい存在として認知されている。そのため、見えないことがすなわち「実在しない」とはならない。目撃されにくいことが当然のことと思われるタイプの怪異体は、長い時を経てもその存在が信じ続けられやすい傾向にある。仮に巨人が存在しているとすれば、その姿の大きさと能力のために、発見されないわけがない。

 

・「小さな人型の怪異体」はその起源にさかのぼって分類すると、人間と違う別種族の民であるものと、山や鉱石などの自然物から派生した妖精、人間の死霊が転化した精霊、の三種類に分かれる。「小さな人型の怪異体」はその役割に応じて、さまざまな居住域に区分されているが、伝説のグループ化には居住域以外に、その精霊としての派生起源も影響を与える。

 

<デーモンは人間と神々のちょうど中間の位置にある超自然的な存在>

・コーボルトはその家で早くに亡くなった子供を敷地内に埋葬するというドイツ語圏の風習から生まれた伝承であるが、この発生起源と内容は、日本の説話に見られるザシキワラシ伝承を彷彿させる。

 

・しかし、かといってコーボルトの日本語訳をザシキワラシと混同させると、また新たな誤解や異なる伝承の融合が起きることを助長してしまう。家霊であるコーボルトは、こびとという訳で統一することも問題があり、「コーボルト」という表記のままがふさわしい。後世における「こびと」と「家霊」「家精」の混同は、この二つの怪異体が「家系を守護する」「家を災害から守る」という能力の類似性もその理由にあげられる。

 

 

 

『クラリオン星人から日本人への緊急ハートサポート』

マオリッツオ・カヴアーロ   ヒカルランド  2011/9/30

 

 

 

<「虹の神々」多次元世界の生命体たちからの予言>

・古代からユニヴァースの果て、つまり異次元世界から、銀河系連盟の賢者である導師が私たちの元へやってきます。

 

<1億8000万年前の人類創造計画>

・クラリオン星の人々というのは、今から約1億8000万年前に、人類創造計画に参加した数多くの民族の一つなのです。だからこそ、私は、彼らが悪者だというふうには思えないのです。

 

・クラリオン星人たちが一貫して行ってきたことといえば、唯一つでした。この世界の「むこう側」を見つめるように、と私を促してきただけなのです。

 

 <指導者も不要、すべて統制のとれたクラリオン星人の社会>

・クラリオン星は連星系の惑星です。二つの太陽の周りを公転しているのです。地球からの距離は、15万光年となります・・・・。

 

・15万光年といえば、私たち地球人にとっては莫大な距離ですが、彼らは、地球時間に換算して72~73時間という僅かな時間で移動してしまいます。

 

・太古の時代にスターピープルたちが着手した遺伝子操作は、現在もなお進行中です。

 

 <宇宙全体を生み出した「虹の神々」>

・多次元世界の生命体たち、「虹の神々」-ちなみに、私は彼等をエイリアンと呼ぶのではなくて、こうした名称で呼ぶほうが好きです。

 

 <私たち人類はもとより、この宇宙全体を生み出した「神」や「創造者」といわれる人々>

 <私たちの現実とは時間と空間を結晶化させてしまった次元のこと>

・つまり・・私たちは、創造者である、という事実です。実際には人間は今私たちが、住んでいる世界を創りだしているのです。また、私たちは自分自身の不安や恐怖をも生み出し続けています。同様に自らの自由を創るのも私たち自身に他ならないのです。

 

・私たちを取り囲むユニバースとは、見かけ通りの姿をしているのではないのです。ユニバースの実相とは私たちが、知覚できるユニバースとはかけ離れているのです。それが証拠に本当は空間や時間などといったものは存在していないのですから。

 

・私たちは、身の回りにあるものを結晶化して時空を創りだしてしまっているのです!その結果「結晶化してしまった次元こそが私たちの生きる現実なのだ」と人間は信じ込むようになってしまったのです。それは完全なる誤解だというのに・・・。

 

 <私たちが生きている「本物の現実」とは変更可能なのです>

 <悪魔も私たちの創造物にすぎない>

・時間と空間は私たちによって創りだされた。

 

・実は悪やサタン(悪魔)といった存在も時間と空間があるように私たちは、創造物/想像物にすぎないのです。要するに悪魔などの誕生を促したのも私たち人間であったということです。

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「英国霊的治療家連盟」のメ... | トップ | 「英国霊的治療家連盟」のメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL