珈琲ひらり

熱い珈琲、もしくは冷珈なんかを飲む片手間に読めるようなそんな文章をお楽しみください。

2026年のこと

2016年12月31日 | 雑記

こんにちは。
こちらに文章をあげるのは本当に久しぶりですね。
今はお蕎麦屋さんに頼んでいたお蕎麦と海老の天ぷら待ちの時間を利用して書いています。笑

読者さんの皆様は2016年はどうでしたか?


私はここしばらくの間では1番仕事でもプライベートでも頑張れた、楽しくて苦しくてそれでも自分の頭を撫でてあげたくなるぐらい頑張れた年でした。


仕事はとても楽しかったです。
去年の6月に今の会社に採用されて、最初はどうなるかと思ったのですが2年目の今年はもちろんそうでなきゃ困るのですが1年目よりもがんばれました。
お客さんにも信用されてるのを感じたし、業者さんとも仲良くなれましたし。

一昨日が仕事納めだったのですが、最後の最後でトラブルがあって(でも、私のせいじゃない)、本当はもうお休みのはずだった業者さんが助けてくれて。
そういう自分でいられたことはやっぱりとても嬉しかったですし、これからもそういう自分でいたいと思いますし、この業者さんにも恩返しできるようにいたいと思いますし。

そういう自分でした。仕事では。


プライベートでも、姪っ子2号が妹のところに産まれて、その娘もまた可愛くて可愛くてしょうがなくておじさんめろめろで。笑
自分の子どもではないのだけれどそれでも姪っ子たちが可愛いし懐いてくれて「おじちゃん大好き」って言ってくれて。
それが倖せで。


昔からの読者さんはご存じだと思うのですがうちは母が居なくて、自分が母がするはずだったことを全部してやるって意地になって、
それで病んで闇を抱えて、周りを羨んで拗ねて、切って、
そういう自分だから落ちるところまで落ちて、どうしようもなくなって。。。。


それでも縁があって人に助けられて、
なんとか社会復帰もして、
また頑張って歩き出して、
そういう自分だから妹が倖せでいられることは何よりも自分の思いが正しくて、頑張れた証拠なんだってのがわかって、とても嬉しくて。


そういう風だから仕事を頑張れたことも、妹がどんどん倖せになれたことも今年は良かったな、って。


プライベートの方では久方ぶりに恋をしました。

本当にとても倖せで頑張れて、プライベートの手帳には恋に恋してる乙女のようなとても倖せな気持ちやら落ち込んだことやら色々と書いてあって、
それをよむとあまりもの自分の可愛らしさに思わずぎゅっと抱きしめたくなるような、そんな倖せな恋をしたんです。(*^^*)


本当にただただ純粋に人を想う恋はとても倖せで楽しくて。



でもだからこそしなくて良い苦労をした分の闇もまた、感じられてね。



それで前の飲み会でわかったのだけれど経理の女の子も母親が居なくて同じように闇を抱えていて、その娘はそういう自分だからもう結婚は諦めていたけれど、自分の闇ごと包み込んで愛してくれる旦那さんと出逢えて、自分は本当に男を見る目がありました!ってとても倖せそうに笑って語ってくれて、
〇〇さんも苦労した分倖せにならなきゃダメですよ!って言われて。


それがなんだかちょっととても有り難くて、
そして、とても残酷に思えて。


どうなんだろう?
こんな私を好きになってくれる人は居ますかねー?

倖せになりたいけれど、
私は自分の倖せは得られないと想う。
確実に。
そういう運命なんだろうなー、と。


来世はちゃんと両親が揃っていて、しなくて良い苦労なんてしなくて良い華のある人生を送りたいなー、と思います。笑




まあ、でも、本当、2017年は結婚できたら良いなー、と思います。笑🐥(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


そんな2016年の大晦日でした。


2016/12/31 20:00から2017/1/1 10:00まで神社で働いて来なくてはいけないので、そろそろ。(*^^*)


皆さま、良いお年を。
来年もよろしくお願いいたします。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月30日(金)のつぶやき その3 | トップ | 12月31日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事