45歳。おやじのTOEIC TEST 650への道

45歳。初めてTOEIC TEST LRに挑戦。ひとまず目標は650超え。

ヒヤリングだけでは無理

2017-03-21 12:15:33 | 日記
11月20日までの1ヶ月半、まずは前述のTOEIC英単語スピードマスターの後半部分にある長文を聞き流しました。
通勤の往復4時間中2時間近く聞いていましたが、聞き取れる単語は多少増えますが、意味を知らないので、そのページの大まかな意味はつかめるものの、語彙は増えません。しょうがないので、テキストを見るのですが、テキストが微妙に大きいので、満員電車で開くにはちょっと迷惑です。
なかなか英語力はつかないし、勉強しづらいし、困ったなぁと思っていたら、電車内で、TOEICの勉強をしてる人を見かけました。その人は文庫本サイズの使い込んだテキストをみていました。
特急シリーズ。
ヒヤリングだけではらちが開かないのと、TOEICのテストには英文法や長文もあるらしいと知ったので、関連のテキスト2冊を購入しました。
英文法と長文を毎日やり、さらに今までのヒヤリングを1ページずつ(テキストは家で読む)やり始めました。
ヒヤリングの時間は減りましたが、TOEICの全体像がおぼろげに見えてきた感じがしました。
・・・実際はPART1、2、3に相当するものをやってない。英文法もPART5、6に相当しますが、かなり時間がかかり、実戦では使えない状態、長文(PART7)も1回ざっと読んだだけでは理解できない、知らない単語が多い。と自分の実力がいかに無いかを痛感しました。
英文法も長文も時間をかけれは正解率は高いのですが、実戦ではそんなんではダメです。受験英語や自分のペースで読める論文やメールに慣れきっていたので、これはヤバいと感じました。

そんな状況でしたが、英文法は2回、長文は1回済ませ、ヒヤリングは半分ぐらいで本番に臨み、実力の無さを痛感するのでした。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« で、なぜTOEIC ? | トップ | 初受験 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。