四季の出来事

四季の出来事を紹介します

岸和田だんじり祭

 | Weblog
<<だんじり祭>>は台風18号ので9月16日・17日おこなわれたが台風の影響もあってか
見物人は例年(約38万人)より幾分少なくそれでも28万人位であったと云われている。
岸和田城を見物の後宮入の行なわれる岩城神社に行ってみるとここでは22台の神輿が祭りの無事を祈願してお神楽奉納

お祓い
各町内からの地車が順番待ちでお祓いを受けていた。








それから市内の曳行が始まった。なんといっても見せ場は”岸和田駅前”と以前に積荷の荷下ろし作業を
行なっていた”かんかん場”での(やり回し)である。そこには一目見ようと沢山の群衆が押しかけていた。
それまで勢いよく進んできた地車(高さ4m・重さ4t)がいきなり直角に曲がる(やりまわし)である
屋根の上(屋根1番上は神様が通るので踏まない)で飛び跳ねている大工方の団扇(うちわ)の合図と共に動き直角に回るのが
やりまわしである。
成功すると群衆からやんやの喝采と拍手が鳴り止まなかった。
その後又市内の曳行である。




先日アクシデント見舞われたにも関わらず狼狽することなく、直ぐに立て直して平然と祭りを行なっていたのには今までつち
われてきた伝統と日頃からの練習と団結とこの祭りに<賭ける岸和田玉魂>から来ているのではないかと思われた
ーー立派の一言ですーーー


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加