空の巣症候群の母を抱える娘の●●●

空の巣症候群・更年期障害・自律神経失調症・・・の母を抱える娘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暴れまくり

2008-11-15 02:49:30 | 空の巣症候群
父親が東京から帰ってくると、決まって悪い顔になる。

もう母親と30年近くも付き合ってるんだから、
悪い顔ってのはすぐにわかる。

もちろんうつ病になる前には、こんな風な顔は見たことがなかった。
しかし・・

父親が帰ってくるときまって悪い顔が登場する。

そして、今日、さっき、

大暴れ。

まったく・・・
勘弁してほしい。

もう何度も離婚する離婚すると叫ぶ。
もうはっきりいってどっちでもよくなった。

いつもならなだまるまでそばにいるのだが、
本当にもう面倒になった。

もう離婚して東京に行って、むちゃくちゃになるらしい。
勝手になってくれればいい。

警察に遺体を引き取りに行くから。

父親が東京で飲んでいるのが気に入らないらしい。
自分は楽しいことは何もないのに、
父親だけ東京で楽しい思いをしているということ。
それにめちゃギレ。

まったく。。。
働いたことのない人はホントにたちが悪い。
仕事をすることが大変なことを理解できないらしい。

父親も父親で、私に母親を押し付けたままだ。

家に帰ってきて飲む父親にも腹が立ってしょうがない。
帰ってきたときくらいは、
母親の面倒を看ていてほしい。
まったく。

父親にもほとほとあきれる。

ある意味病気。
アル中。

本人に自覚がないのが、一番面倒くさい。

私は3月末からずっと閉じこもって生活を強いられている。
いろんなものを犠牲にして、
この恋愛も結婚も仕事もしたいいい女でいられる時間を、
家族にぐちゃぐちゃにされている。

こんな風にいろんなことを強いられている家族は、私だけではないことはわかっている。
他にもきっといるし、
それも何百人も何千人もいるだろうね。

そう考えるとちょっと気は楽になるけれど、
本当にいい加減にしてほしい。

病気だからしょうがないと
そう思う反面。

もう解放されたい・・・と思ったりもする。

まだもめているようだったので、
一人夜中の1時半から2時半まで今車を運転してきた。

大音量で音楽を聞いて、
半島の先端まで行き、戻ってくる。
車庫で携帯でネットをしていると、
携帯の充電が切れた。

で、上がってきた。

明日どうなっているかわからないけれど、
ま。。。。

どうであれ、明日はまた来る。
というかもうすでに明日は今日になっている。

明日はごみ捨てに行くために7:30には起きたかったのに。。。
きっと無理だな。。
でももうにおってきているから
ごみステーションへ行かなきゃだな。
でもくさいから乗せたくないし。。。

はぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

人生面倒なことが多い。

どうにかならないものか。。。。。

私は今3重のことをしている。

テレビを見つつ、
ブログを書きつつ、
PCでもドラマを看ている。


とにかくさ、
大変だよ。人生。。。。。
なんとかしてくれ~~

コメント (11)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

掃除について

2008-07-06 02:41:14 | 吐き出す気持ち
20部屋ほどある我が家では、つい先日まで8割の部屋が全て物置だった。

私が3月に帰ってきて、
掃除を始めた。

本家の我が家には、
さまざまものが眠っていた。

私が中学生の頃に来ていた体操服まで。
12離れている弟と妹のものは20年分がぎっしり残ったまま。
母が着る洋服や、
太っていたときにきていたもの、
なくなった祖父母のもの、
父の実家(今は他人に貸している)のもの。
母の妹が引っ越すときにいらなくなったもの。


とにかくいらなくなったものの数々がどうしようもない状態で詰め込まれているという家。
窓なんてもう何年もふいたこともない。
カビがはえて、向こう側もみえないくらいのくすみよう。

そんな家を片付け始めて3ヶ月。
もちろんできるときとできないときとがあったけど、
やっとKトラで40往復ほどのゴミを捨てに行き、
家の中が8割がた片付いてきた。

片付けている間、
しんどいこともあったけど、
家をきれいにして、
いい気を通して、
母を楽にしてあげたかった。

同時に自分も楽になりたい。

早く楽になりたい。
それが本音。。。。。です。。。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるりのこと

2008-07-06 02:27:43 | 吐き出す気持ち
先日友達とぐるりのことを見に行った。

心療内科に通う妻に言ったことばの話を父にした。

いい内容を書いている子がいたので、その内容は以下をご参照ください。

http://blog.goo.ne.jp/motorichol/e/5200bba36397894be110456b947f4538

映画の中で、
主人公の木村多江さんが、嵐の夜にパニックになる。
木村さん演じる妻はうつ病を患っている。

そこで大暴れして、

「わたしもどうしていいかわからない」
「どうすればいいのかわからない」

そして、だんなさんであるリリーフランキーさんにこう聞く。

「どうしてわたしと一緒にいるの?」

そうすると、リリーフランキーはこう答える。

「好きだからだよ。好きだから一緒にいるんだよ」

うつ病で何もできなくて、
家の中もぐちゃぐちゃで、
毎日暗い顔をして、
夫としてはもうなんでこんな女と結婚したんだろう?
なんて、後悔ばかりしそうなシチュエーションで。

そんな風に夫は妻に言う。

そしてこうも言う。

「みんなにキラわれてもいい。その分たくさん好きになってくれる人がいればいい」

名言です。

という話を父にした。

父がだまった。


父の目に涙がたまっていた。
そして、こっそり涙を拭いた。

父が泣いたのを見たのはこれで2回目。

1回目は父の父、祖父が亡くなったとき。
葬儀会場で家族だけで祖父を見送っているとき、

「ヒッ」っと父のすすり泣く声が一瞬だけした。

家族みんなが驚き、
そしてまた泣いた。

2回目の泣き顔は、今夜。

前回母について心療内科へはじめて行った時、
先生に

「娘さんも大変でしたね。」

といわれたとき、
思わず涙がこぼれた。

そんな風に私が精神的に大変なように、
父も相当なダメージを受けている。

それでも母を見捨てないのは、
やっぱり父もリリーさんが演じていた夫と同じ心境だったんだろうなと思う。

コレを書いていても泣けてくる。
どれだけ 私も、兄弟も、父も、そしてきっと一番つらい母も、
いつまで泣けばいいのだろう?
いつまで泣けば、出口は見えてくるのだろう?

よくはなってきている。

家の掃除も8割がた終わった。
めちゃくちゃになっていた家。

10年も20年も、それ以上ものものが、
家の中を埋め尽くし、
手のつけようがなかった家。

私が3月に帰国してから、
必死で片付けてきた。
それが8割がた終わった。

Kトラックいっぱいに40往復くらいした。
残りは、20部屋近くある部屋の中で今すぐには片付けられないけど、
ごみじゃないものを詰め込んだ。

家の窓は、もう何年も掃除してなかった。
掃除の話は次の回に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書きなぐり

2008-07-06 01:45:31 | 空の巣症候群
今日は父が家にいる日。

夜気持ちよくご飯を食べたとき、ふとしたことで、
父が

「その言い方はやめろ」

といったことでキレた。


といっても、今日は朝からいまいち調子がよろしくない。。。
という感じだったらしい。

妹の結婚式の打ち合わせのため、
こっちの両親と、相手のお母さんと本人達との打ち合わせでは、
躁に。
テンションの上がり具合といったら常識を超えている。

空気が読めない。

帰ってきたときには、
特に調子が悪いようには見えなった。
父が料理をしてくれ、
3人で食べた。

途中、マンゴスチンを切るときに、
苦戦していた私に、
母がぽろっといった一言に、

父が

「その言い方はやめろ」

といった。

で、キレた。

「私にそんな風に言わないで」

ということだ。

いちおうなだめて、
母は決まったように心療内科でもらっている薬を飲んで、
寝にいった。

その後、父と母のことや、いろいろ話をして12時になり、
父と寝に行くことにした。

今私の部屋の隣で母は寝ているのだが、
私が部屋に来るとき、母の部屋をのぞいたら、
普通に寝ているように見えた。

自分で感情をコントロールできるようになって、回復してきたな。
と安心したのもつかの間。

私のベッドの上に殴り書きが。

はぁ。。。。。。。。。。。。

どうしたらいいのだろうか?
きっと明日起きたときも、
悪い顔をしてるんだろな。
それを見る
家族や父はつらい。

母も自分のことをどうしようもなくて、つらいのだろうけど、
回りも本当につらい。

内容は、
あることを父に聞いてほしいということ。

はっきりいって、今それを、つらい父に言えるほど私は残酷な娘ではない。
たとえこの問題を解決したとしても、
また次の問題が出てくる。
だから、今父をつらい目に合わせる気はない。

結婚を控え、
妊娠している妹にもこのことは言わない。
私の中だけでとどめておく。

明日、両親はカラオケに行ってから、お風呂屋さんへ行く予定。
父は、
ゆっくりと夜寝られるために、
夜お風呂に入るといいということを調べてきた。

先日もそうだった。

母が疲れていると思ったので、
妹と3人でお風呂屋さん、スーパー銭湯というやつに行った。
夜、ファミレスでご飯を食べて、母はビールを飲んで、おつまみを食べて
家に帰ったら、
母は睡眠薬も飲まずにすっと寝ていった。
夜お風呂に入るということが、
睡眠にすごく必要だということはわかった。
ただ、うちの家族はみんな昼間にお風呂に入る週間ができている。
システムバスだから、ボタンひとつでお風呂は入るんだけど、
みんなが入らない感じになってる。

夜にお風呂に入る習慣+夜にお風呂屋さんに行く週間をつけたい。
それから、プールに行って、体力をつけさせたい。

私もこの3日くらいこもっていた。
今保険証を申請中なので、
保険証がきたら、私も心療内科に通ってみたいと思う。
私がやられる前に、
私も予防策をとる。

今回学んだのは、予防できるものを予防する。
ってこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつ病とは・・

2008-06-30 22:30:25 | うつ病
この内容は以下のページより抜粋させていただきました。

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/dep0.html

う つ 病


--------------------------------------------------------------------------------

もし人間に悲しみも苦しみもなかったら、喜びも幸せもないかもしれません。どんな悲しみの中にあっても、真っ暗な夜がいつかは必ず明けるように、いつかは気持ちは晴れ、新しい朝が訪れるものです。過去の悲しみや苦しみが、 一種の懐かしさとともに思い出されることもあるでしょう。ところが、うつ病の人が経験する暗い気持ちには、光が差すことがありません。夜は永遠に続くのです。励ましやなぐさめは空々しく感じられ、逆に絶望感を募らせるばかりです。うつ病の悲しみはふつうとは質の違うものです。うつ病は病気です。ただし 、

うつ病は治る病気です。
しかも治療は比較的簡単です。薬を中心とした治療で、8割以上の人が2-3週間 で回復に向かいます。つまり、治療さえすれば、うつ病は大した病気ではないのです 。ただ一番の問題は、うつ病の人の半分以上が治療を受けていないことです。その理由はいろいろあります。うつ病になりやすいのは真面目で責任感の強い人が多く、自分の問題は自分で解決しようという傾向が強いこともそのひとつです。また、周囲の人も、心の問題は医療の対象ではないと考えがちです。こうしたことのために、治療が遅れたり、まったく治療されなかったりということが起こるのです。

治療しなければ、うつ病は悲惨な病気です。
うつ病の絶望感はとてもつらいものです。将来には希望がまったく持てないばかりか、過去の自分の小さな行為に大きな罪悪感を持つこともあります。物事に対する意欲や興味は失われ、それまで好きだった趣味も楽しめません。仕事もできず、自分がまったく価値のない人間に思えてきます。イライラが増してくることもあります 。
深い悲しみも時が解決してくれる。うつ病の人を前にして、このように考えること は、本人をさらに苦しめることになります。うつ病の人は、将来の希望を信じること ができないものです。治療しなければ、うつ状態は一年以上続くこともあります。自殺の心配もあります。うつ病による自殺は、適切に治療を受けていればほとんどが避けることができるはずです。

うつ病の症状は全身にあらわれます。
心の不調は体にも影響します。朝早く目が覚めてしまい眠ることができず、そのため十分な休息を取れないことが状況を悪化させます。食欲もなくなり、たとえ食べても味を感じられなくなります。頭痛や全身のひどいだるさを感じ、何かほかの重い病気にかかってしまったと思うこともよくあります。体の不調を自覚しながら、いろいろな検査を受けても何の異常もない時も、うつ病の可能性が大です。

うつ病の原因は脳の中にあります。
脳は、絶えず活発に働いています。脳の中では、化学物質が作られ、その物質が分泌され、電気も起こっています。こうした活動に、体の運動や感覚はもちろん、喜びや悲しみ、そして体の調子を感じとるというような脳の働きが支えられているのです。
うつ病ではこうした化学物質の活動の調子が一時的に乱れていると考えられています。このため、健康な時とは質の違った悲しみや苦しみを経験するのです。
その乱れの根本的な原因はまだよくわかっていません。
ストレスや悲しい出来事が引き金になることもあれば、何のきっかけもなくうつ病になることもあります。もちろん遺伝的な体質も関係します。
はっきりしていることは、うつ病で起こっている脳内の不調は、医学的な治療によって治すことができるということです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電気けいれん療法

2008-06-30 22:04:39 | Weblog
重度のうつ病の治療の方法として、

電気けいれん療法というやり方があるそうです。

ここに状況を載せてらっしゃる方は、これでご主人の状態がすごくよくなったそうです。

うちの母はそこまで重くないですね。。まだ。

そこまでならないうちに快方に向かうといいと思いますが・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dr.林の心と脳の相談室

2008-06-30 21:04:01 | 空の巣症候群
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/

いろんな心の病について書いていらっしゃいます。
大変参考になります。

母の症状にも当てはまる。

躁うつ病

「躁」と「うつ」を繰り返します

 躁うつ病とは、文字通り「躁状態」と「うつ状態」を繰り返す病気です。「躁状態」と「うつ状態」の期間は、数週間から数ヶ月くらいが普通です。躁状態は、エネルギーがあふれ過ぎた状態です。自覚的には元気いっぱいで、活動的です。いろいろなことに関心を持ち、頭の回転も速く、自信満々です。口数は多く、声も大きくなります。このように本人は健康感にあふれているのですが、周囲から見るとやりすぎで、電話などの干渉が過剰になって、迷惑をこうむることも多くなります。だからといって本人に注意したりすると、それまでの上機嫌とはうってかわって激しく怒り出すことがよくあります。
 うつ状態はこれとは反対にエネルギーが低下し、憂鬱になり、意欲もなくなります。うつ病と同じ状態です。

きれいに治ります

 躁状態、うつ状態ともに、それまでの人格とは別人になったような感じになりますが、ほぼ間違いなくきれいに治ります。なんの後遺症も残りません。実はほうっておいてもおそらく自然に治るのですが、それまでの間に、躁状態なら人に迷惑をかけたり、お金を使いすぎたり、無謀な計画を立てたり実行したりということがありますので、やはり治療が必要になります。
 うつ状態は本人が非常につらく、最悪では自殺につながりますので、これもやはり自然に治るのを待つというわけにはいかないのが普通です。

原因がなくても再発します

 最初の発症も再発も、何の原因も見当たらないことがよくあります。または、大したことではないようなことがきっかけになることもあります。また、楽しいはずのことがきっかけでうつ状態になったり、悲しいはずのことがきっかけで躁状態になることもあります。ですから、躁状態もうつ状態も、まわりの出来事とは直接関係なく起こるものだといえます。このため、真の原因は個人の内側にあるという意味で、「内因性」と呼ばれることもあります。

リチウムが有効です

 「躁状態とうつ状態を繰り返す」「原因がなくても再発する」と言いましたが、リチウム(薬の名前はリーマス)を飲むことで、再発を防止することができます。またリチウムは再発防止だけでなく、躁状態そのものの治療、さらにはうつ状態の治療にも有効です。リチウムの有効性の発見によって、躁うつ病の治療は格段の進歩をし、たくさんの人がその恩恵を享受しています。(リチウムについては薬局をご覧ください)


    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のその後

2008-06-29 02:08:20 | 空の巣症候群
原因のひとつには、
母自身の兄弟や母親のこともあるよう。


ま、原因はなんでもいい。
誰にだって発狂したくなるくらい腹の立つことや、根に持ってることはあるだろうからね。

散々泣きまくった後、
眠りに行った。

途中で睡眠薬を飲ませたから。

「じゃぁ寝に行く」

といってから、メールが届く。

うちは家が大きいので、家の中で家族で電話や、メールは日常茶飯事。

「睡眠薬2錠と水をもってきて」

アルコールと薬を一緒に飲ませたくない。
→これは娘の心理。

当然でしょ。
長生きしてほしいし、
無理はしてほしくない。

でもわかってはもらえないので、
それが理解できるようになるまでは、
ごちゃごちゃいわないことにしてる。

キッチンドランカーではないけれど、
軽いアル中。

荒れていた頃、父に酒を飲むなとくぎを刺されていたらしく、
それがいやであてつけのように隠れて飲んでいたようです。
今でもちょっと気分が悪くなると、
いろんなところにこっそりとビールを持っていって、
それを寝に行くときにこっそりと持っていく。
だから、たまに

「え???」

というところでビールを発見する。

この間は、
枕元に日本酒の入ったコップが置いてあった。

私はちゃんと飲酒を見ているので、
どれだけ飲んでいるかを見ているけれど、
先日は、父が

「それ、何本目?」

といった瞬間に

キレ た。

何が地雷かがわからないのがとても怖い。

今日はたぶんだけど睡眠薬を2錠飲んで今寝ていると思われる。
隣の部屋にいる。
DVDを見るのに、イヤホンをしているので、隣の音は聞こえないけれど、

<ドンッ>

とか

音がすると、びくっとする。

私もトラウマがある。
まだやっぱり。。。涙

しょうがない。
長い間誰もケアできなく、
私がこの3ヶ月で大分回復させられたと思う。

私は私で、東京へもどりたいとか、
好きなことしたいとか。。
あるけれど、

今はしょうがない。
今は私も我慢の時期。
母が早く回復するのをただ。。。待つのみ。。。

母自身もしんどいとおもう。
早く回復してほしい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の荒れ模様

2008-06-28 21:07:02 | 空の巣症候群
今日私が友達と外出し、帰ってくると、
すでに様子がおかしい。

トイレで泣いている。。。

はぁ。。。

結局理由としては、
出張中の父が今日大事な日で、
終わっただろう時間にどうだったかメールをしたのに、返事が来ない。
30分ほどしてまたメールをしたのに、返事がこない。
また30分ほどして、もう寝るとメールをしたら、
電話がかかってきた。

{すぐにメールで返事できたはずなのに、返事がすぐに来ない。
  私がこんなに心配しているのに、私のことを何だと思ってるんだ。}

という理由。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日

2008-06-22 09:19:38 | 空の巣症候群
今日は〓〓のための日です。きちんと薬を飲んで、気持ちよく言ってきてください。
もしパパの態度がむかついたとしても、ぐちは来週いくらでも聞きますんで帰りの車の中でヒステリーになるのだけは自分でコントロールして抑えてください。腹が立ったら帰ったらすぐ眠剤飲んで寝ちゃえばいいだけです。
それからもちろんおめでたい席だから飲むなとは誰もいいません。でも飲みすぎるとマイナス思考と被害妄想でママ自身がしんどくなるからね。自分で自分を苦しめることないから、ほどほどに。帰りの車では遠慮なく寝て帰ってきてください。
パパの一言一言はママを苦しめようとして言ってる訳じゃないよ、もちろん。
カチンときてもさらりと流すか流さないかはママ次第。気にしてたら面倒くさい。おおらかな気持ちで。たとえ明日世界が終わっても悔いがないようにと思えば、全て大したことではない。
とにかく、ちゃんと〓〓〓〓が心配しないためにも薬を飲んで楽しく行って来てね!
いってらっしゃい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加