美濃屋商店〈瓶詰の古本日誌〉

呑んだくれの下郎ながら本を読めるというだけでも、古本に感謝せざるを得ない。

幻影夢(十八)

2017年08月10日 | 幻影夢

   「どれどれ。」
   山賊の親玉然として肘を突っ張らかし、獲物を取り戻そうとあえぐ私を押さえつつ、手際良く包みを開けてしまう。
   「ふん。これかい。なんだ。」
   無理無体に取り上げておいて、なんだとはなんだろう。
   「随分なご挨拶だね。」
   「だって。」
   茶紙の上には、岡流陶著訳にかかる『熟語中心新譯英和大辭典』という大正十二年八月三十一日印刷発行の辞書が鎮座している。大辞典を呼号しているが、大きさは旅行読物と同型の新書版、厚さ5~6センチ、2000余ページということで、厚手の掌中辞典と遇するのが適当かも知れない。
   「辞書とは意表を突かれたわ。あんたと誼ある者としては、邪教招霊の指南書とか呪禁真言集成とか、もっと禍々しい秘文献を期待したんだのに。」
   「勝手に期待してもらって結構。期待外れと落胆されて何の痛痒も感じない。古本は見出した人のみに、その人だけに意味を与えるものだからね。」
   「つまりはどんな意味を。」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽書物の話(百一) | トップ | 孟子曰く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

幻影夢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。