落葉松亭日記

ニュース・評論スクラップ、凡夫の日々雑感、山歩記など

トランプ・蔡英文 電話会談

2016年12月07日 | 政治・外交
2日、トランプ次期米大統領と蔡英文台湾総統が電話会談を行った。
中国は米に抗議をした。
トランプ氏と蔡総統の電話会談、中国が米国に厳重抗議 2016年12月04日 11:07 発信地:北京/中国
http://www.afpbb.com/articles/-/3110113

【12月4日 AFP】中国政府は3日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領が数十年にわたる自国の外交慣例を破って2日に台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統と電話で会談したことについて、米政府に抗議した。

 現時点ではトランプ氏と蔡総統の電話会談が、米政府が取ってきた「一つの中国」という原則を堅持する立場からの方針転換を意図したものかどうかは明らかではない。しかし、トランプ氏は国際問題を即興的に扱っているという危惧の念は高まった。

 電話会談を受けて中国政府は断固とした対応を取った。中国外務省は「わが国はそれ(トランプ氏と蔡総統の電話会談)についてすでに米側の関係者に厳重に抗議した」「世界には『一つの中国』しか存在しないことをはっきりと示さなければならない。台湾は中国の領土の不可分の一部である」と述べた。

 また、中国は米側の関係者に対し、台湾関係問題の慎重な取り扱いと、米中関係全般への不必要な干渉を避けるための配慮を要請した。(c)AFP
第二次大戦後、台湾は中国共産党によって統治されたことはなく事実上主権国家。
「台湾は中国の領土の不可分の一部である」は空しく聞こえる。
米は台湾関係法によって台湾との外交関係を維持し、軍事的な支援もしている。
鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第257号(12月6日)
http://melma.com/backnumber_190875/

米中激突

 先月21日、米原子力空母ロナルド・レーガンが母港、横須賀に帰還した。6月20日に米空母ステニスとフィリピン沖で演習し、6月30日には南シナ海を航行し中国海軍を牽制し、9月からは北朝鮮危機に備え主に日本海、黄海周辺を遊弋していた。
 そして横須賀に帰港し乗組員は感謝祭の休暇に、船体はメインテナンスに入った3日後の25日、中国空軍の戦闘機スホイ30、2機が宮古海峡を、また爆撃機H6、2機、偵察機Tu154を含む中国空軍機4機がバシー海峡をそれぞれ突破し、西太平洋で合流した後、宮古海峡を通過して大陸に帰還した。

 宮古海峡は台湾の北東、バシー海峡は台湾の南にあることから明らかな様に、中国の作戦の意図は台湾の包囲であり、台湾侵攻の準備である。今月2日にトランプ次期大統領は台湾の蔡英文総統と電話で会談し、台湾防衛の意思を明確にした。
 トランプは既にマティス元米中央軍司令官を国防長官に指名しており、狂犬の異名を持つマティスは海兵隊出身である。海兵隊の本来の任務は上陸作戦であり、台湾が中国に軍事占領された場合、これを奪還するための上陸作戦を実施するには最適の人物であろう。
 更にトランプは4日、ツイッターで「中国は南シナ海の真ん中に巨大な軍事施設を建設していいかと(米国に)尋ねていない」と中国の南シナ海進出を認めない姿勢を示した。狂犬マティスに任せれば南シナ海の中国軍基地など木端微塵に吹き飛ばせると息巻いているのである。

 中国は南シナ海と東シナ海への侵略を加速しているが、台湾は二つの海の中間にあり、台湾を軍事的に獲得しなければ両海の支配権は確立しない。そもそも、台湾併合は毛沢東以来の中国の悲願であり国是でもある。今さら諦められるものではない。
 今までは両岸繁栄で潤ってきたから現状維持で良かったが、経済不況に苦しむ現在では、かつて香港返還が経済成長の起爆剤になったように、台湾併合を実現して経済の起死回生を狙う本音も見え隠れする。
 米中激突の発火点は台湾となりそうである。


1日、田母神裁判、検察による被告人尋問があった。
https://www.youtube.com/watch?v=f3oV51O2TsQ&t=2493s

軍事ジャーナリスト 鍛冶俊樹(かじとしき)
1957年広島県生まれ、1983年埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊、主に情報通信関係の将校として11年間勤務。1994年文筆活動に転換、翌年、第1回読売論壇新人賞受賞。2011年、メルマ!ガ オブ ザイヤー受賞。2012年、著書「国防の常識」第7章を抜粋した論文「文化防衛と文明の衝突」が第5回「真の近現代史観」懸賞論文に入賞。
動画配信中:「地政学入門」第1回無料
http://www.nicovideo.jp/watch/1475838508
上記動画のテキスト本
「領土の常識」(角川新書)
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321212000089

動画配信中:「地図で見る第二次世界大戦」第1回無料
http://www.nicovideo.jp/watch/1441391428
上記動画のテキスト本
文庫「図解大づかみ第二次世界大戦」
http://www.kadokawa.co.jp/product/321502000376/

動画配信中:「現代戦闘機ファイル」全編無料
http://www.nicovideo.jp/watch/1411697197
上記動画のテキスト本「イラスト図解 戦闘機」
http://www.tg-net.co.jp/item/4528019388.html

動画配信中「よくわかる!ミサイル白書」全編無料
http://www.nicovideo.jp/watch/1383640409
上記動画のテキスト本「超図解でよくわかる!現代のミサイル」
http://www.tg-net.co.jp/item/486298102X.html?isAZ=true

その他の著書:
「国防の常識」(角川新書)
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=201203000167
「戦争の常識」(文春新書)
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166604265
「エシュロンと情報戦争」(文春新書、絶版)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【山】イヤガ谷東尾根・妙号... | トップ | 開戦記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治・外交」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL