落葉松亭日記

ニュース・評論スクラップ、凡夫の日々雑感、山歩記など

菊水山〜イヤガ谷東尾根

2016年10月16日 | 散歩・山歩き
神戸市北区 菊水山〜イヤガ谷東尾根 2016年10月15日(土) 快晴

今日のコース:約8km、3時間半
自宅==鈴蘭台==(管理者道)==菊水山==(南斜面)==旧菊水山駅==イヤガ谷東尾根==自宅

快晴の土曜日、多くの登山者で賑わっていた。

(中略)

旧菊水山駅からイヤガ谷東尾への道は、送電線の点検路で往来する人は少ない。
屡々、蜘蛛の巣が張っているが、払ってばかりではクモ君になんだか悪いような気がしてきた。
よく見ると、見事な編み目。






 山歩記


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「風に吹かれて」 | トップ | あやふやな事は知らないでい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しょうた)
2016-10-19 18:07:24
‟小学校教員・生徒が1人3銭ずつ出し合い・・・„
昭和10年ころの3銭と言えば、今の金額にすると50円位かな?
当時は、子供の小遣いは1銭が普通でした。5銭も貰うことは、めったにありません。
1銭貰って近くの店へ行くと、直径1,5センチくらいの飴玉が5個買えました。
遠い昔の懐かしい思い出です。

綺麗な蜘蛛の巣ですね。
わが家の近辺でも時どき見かけますが、昔は家の周りにたくさん張り巡らされていました。
子供の頃は、蜘蛛が尻から糸を出しながら巣作りをしているのを、何時間も観察したことがあります。
今回の写真の通り、出来上がると蜘蛛は巣の中心に鎮座していました。
しょうた様 (落葉松亭)
2016-10-19 19:20:06
>当時は、子供の小遣いは1銭が普通でした。
そうでしたね、私らの頃になると50銭とか十円札でした。

菊水山の碑はそう古い感じはしないのですが、戦前の建立だったのですね。神戸に引っ越してきて30年あまり、何遍も来ていながら気がつきませんでした。

蜘蛛の巣、近くで見ると木漏れ日に光って見事でした。設計図があるでなし、クモの頭の良さに感心します。この後は、できるだけ屈んで通るようにしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL