落葉松亭日記

ニュース・評論スクラップ、凡夫の日々雑感、山歩記など

101歳でスカイダイビング

2017年05月18日 | 世相
101歳と云えば、当方にとっては親の世代です。
いまや長寿100歳以上はどこにでもおられる時代になりましたが、健康でなければ楽しくないですね。
101歳でスカイダイビングに挑戦、これはすごいことだと思いました。
101歳男性がスカイダイビング、世界最高齢記録更新 英 2017.05.16 Tue posted at 13:40 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35101215-2.html

(CNN) 101歳の男性がこのほど、英イングランドでスカイダイビングに挑戦し、世界最高齢の記録を塗り替えた。

14日にインストラクターと一緒にジャンプするタンデムスカイダイビングを行ったのはブライソン・ウィリアム・ヘイズさん。1年前、100歳の誕生日を記念して生涯で初めてのスカイダイビングを体験し、「もう1度やりくなった」とコメントしていた。
今回のダイビングも前回と同じくらい堪能した様子で、無事着地した後に感想を聞かれ、「それはもう、素晴らしかった」と振り返った。
これまでの記録保持者だったカナダのアーマンド・ジェンドローさんは2013年、101歳と3日目に、高度1万フィートからダイビング。ヘイズさんは高度1万5000フィートからのダイビングで、最高齢記録もジェンドローさんを34日上回った。

この日のダイビング体験には、ヘイズさんの息子のブライアンさんや孫のロジャーさん、ひ孫のジョーさん、スタンレーさんなど家族8人も加わった。
義理の孫のイアン・ホナーさんは、「祖父は何年も前から挑戦したがっていたが、妻が許してくれなかった」と打ち明ける。「祖父はちょっとした向こう見ずを自認していて、90歳の時にグライダーを体験したけれど、それ以降、この種のことはやっていなかった」
今回が最後の体験にはならないことも確信しているという。「1年以内にもう1度やったとしても驚かない。(空中で飛行機の翼に乗る)ウイングウォーキングのことも話しているので、医学的に可能かどうか調べる」とホナーさんは話す。
ヘイズさんは、退役軍人を支える慈善活動のため、これまでに2400ポンド(約35万円)を集めてきた。父親は第1次世界大戦に従軍し、ヘイズさん自身も第2次世界大戦に従軍している。

ビデオ

着地も素晴らしい

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小学校同窓会 | トップ | 初夏 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しょうた)
2017-05-23 12:07:04
私も大変興味があります。
子供のころから空に憧れて予科練に志願したのですが、
操縦ではなく、通信へ回されたのでした。
でもパイロットになろうと決心し、予科練に入る前の中学生時代、
グライダー部に入って空を飛んでいた頃が懐かしいです。
Unknown (しょうた様)
2017-05-23 16:55:08
高いところから空中に飛び出すなんて、とても私にはできませんが、101歳の挑戦と行動力に感動しました。

グライダーで意のままに空を飛べるのは気持がいいでしょうね。
私はできないので、山の上から展望して、想像しております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL