落葉松亭日記

ニュース・評論スクラップ、凡夫の日々雑感、山歩記など

「サラミ」&「キャベツ」戦術

2016年09月18日 | 政治・外交
今や南シナ海は中国の思うがまゝと云う感じだ。
九段線とやらで南シナ海は俺様のものといい、着々と軍事施設を建設している。
オランダ・ハーグ仲裁裁判所は周辺国の主権を侵害していると判断したが、中国は「茶番」と一蹴した。

 インターネット画像より

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成28年(2016)9月18日(日曜日)通算第5026号
http://melma.com/backnumber_45206/

「サラミ」から「キャベツ」へ
   中国海軍戦略は「両刀使い」ゆえにややこしい


 サラミからキャベツへ。
 冗談ではなく、米軍関係者の間でいわれている符丁。いまや国際常識である。
 中国海軍の尖閣諸島ならびに西砂、南沙諸島でも軍事作戦は「サラミ」と「キャベツ「の両刀が行使されている。

 南シナ海の珊瑚礁を、最初は掘っ立て小屋で、漁民の避難場所だと装い、気がつけば島を埋立、さらに米側の偵察衛星や偵察機が写真を撮影すると、いつのまにやら軍事施設に滑走路、兵舎にミサイル配備となって、世界がおどろくことに中国は南シナ海を事実上乗っ取っていた。

 このように少しずつ少しずつ、既成事実を積み上げ、米国の顔色を見ながら、国際世論の反応を伺いながら、巧妙に静かに、しかし着実にスカボロー礁は、フィリピンが手も足も出ないことになった。
これが「サラミ戦略」である。

 他方、キャベツ戦略とは、キャベツの外側を一枚ずつ?いていけば、最後の残留がキャベツの芯であるように、一番の内側を中国漁船を偽装する海上民兵が漁業水域で活動し、その一枚外側を海監の巡視艇などが巡回して監視し、その外側を中国海軍の艦船が守るという仕組みである。

 なぜ、こうした長期的で、一軒悠長にもみえる戦術を行使するかといえば、オバマの優柔不断を見越してのことであり、米国との正面衝突を避けるためになされている。

 いま一つの目的は、「相手が手を先に出した」ということにしたいためである。そのために繰り返し尖閣諸島では、海上保安庁を「挑発」している。

 こうしたおりにペンタゴンの委託研究でランド研究所は、報告書を作成し、発表した。それは「20126年2025年までに米中戦争が起こる可能性がある」とするもの、在日米軍が攻撃されるから、日本は当然、米中戦争で重要な役割をはたすだろう、としている。

 正念場が来た。レンコンだの自民党除名だのと騒いでいる場合か。

中国は経済崩壊が近いと云われながらも、このような軍事拡張に励んでいる。

参考
■ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる JBpress 8月24日(水)6時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00047680-jbpressz-int
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日も菊水山 | トップ | 健康チェック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治・外交」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL