プラマイzero 私の半自叙伝

私がバイリンガルになるずっと前‥

プラマイzero 29 先生

2016-10-17 21:09:25 | 日記
ほぼ毎晩研修。
夢だった英語の先生になるため仕事より激しい研修に通う。

背の高いベテランのインストラクターだけではなく、他のインストラクターによる研修も始まった。

生徒のレベルに応じ五段階の設定があるのだ。
もちろん低いレベルから始まりだんだん高くなる。

各インストラクターが繰り返し言うのは

1、喉を大切に。

2、風邪は引かないこと。


この二つだった。

研修が始まったのは10月末。
ちょうどこの季節になると思い出す。


カバンには、うがい薬、喉スプレー、マスク。
マストアイテム。
風邪には用心した。

仕事が終わったらその足でバス停へ走る。
バスの中でカロリーメイトをかじる。
まもなく研修会場のビルへ着く。

エレベーターで10階へ。
ギリギリ6時に間に合う。
そして6人が揃い、研修が始まる。

ある日の研修はアナウンサーか劇団員を目指すかのような内容だった。
早口言葉、声の大きさ、話すスピード、滑舌の良さなどなど。
また指摘がかなり厳しい(泣)


そしていよいよ模擬レッスンの段階に入った。

インストラクターがワンレッスンを分割してデモンストレーションする、

そしてランダムに当てられ、それを真似し「先生の練習」をするのだ。

一言一句聞き逃さず、その場で再現する。
想定外の質問への対応、生徒への褒め言葉、言ってはNGな言葉、とにかく細かい。

毎晩ヘトヘトになり、夜9時過ぎのバスに乗る。
なぜかいつも満員。
みんな遅くまで働いている、みんな頑張ってるんだと自分を励ます。

10時前帰宅、夜食を取る。

研修の最中は緊張が続くので、お腹はあまり空いていないがパワーがなくなっているのか、フラフラになる。

本当は夜遅くに食事はしたくなかったが、体が悲鳴を上げそうなので、太ってもいいやと諦めて食べた。

思いのほかハードだったのか、研修が始まり一か月が過ぎる頃、2キロ痩せていた😅

もうすぐ一度目の見極めだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラマイ zero 28 研修 | トップ | プラマイzero 30 信念 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。