唐子のつぶやき

空回りの多い日々のなか、ぼちぼちと人形を作っています。お暇な時にでも覗いて下さいね。

台風とともに・・

2017-08-09 21:55:47 | 日々つれづれ
8月10日(木) 曇り

一か月以上更新が滞ってしまいました。

こちらは台風時の浅野川大橋からの眺めです。

もう少しで遊歩道に届きそうな勢いです。



あくる日の様子ですが、大きな木がどこから流れてきたのでしょうか。



それでこちらの犬山城です。

台風を侮り、母を連れて名古屋に住む甥っ子の赤ちゃんに会いに出掛けた時の模様です。
もうこの日を逃すとお盆になりますしね。
フェーン現象か、名古屋は35度の実際の気温より体温に近く感じました。
その中を弟と高齢の母と共に犬山城内部に登ったのですから、
今考えても無謀なことをしました。

母はさすがに天守閣手前でリタイヤし涼んでいたのですが、
案内してくれた弟と共に天守閣を一周したことは景色と共に一生忘れないことでしょう。
何せ、私は高所恐怖症なので死ぬ思いで柱にしがみつきながら
傾斜に足元をとられ慎重に歩きましたが、今でも夢に出てきそうです。



そしてこちら、寂光院入口のケーブルから見た風景です(京都ではないです)
ここはもう一度紅葉時に出掛けたい場所となりました。

気温も2度は違うんじゃないかと思われるくらい
風もあり過ごしやすく、自動運転の小さなケーブルがまた、けなげで可愛いのです。
頭上にはボタン式クーラーもあり、長い階段もこれさえあれば高齢の母も楽々山頂までOkでした。

ところがここまでで、あくる日の朝は小雨だったため、
弟のお嫁さんと一緒にデパート巡りをしていたのですが、
調子に乗り、外がどんな様子か分からず楽しんでいたのです。
それで、指定時間となり外に出ると暴風雨でしらさぎ3便は運休の文字が・・
もうこうなったら賭けです。
新幹線で米原まで行き、そこから米原発のしらさぎに運良く乗ることができました。
関西へいき、そこからサンダーバードに乗り換えたほうが良いのか、
運転士さんと相談しながらも、何とも言えないと言われながら
まあ、結果は本当に良かったです。

途中、駅まで迎えに来る予定の父は
米原で動けなくなったら車で迎えに来てくれるつもりだったと後から聞き驚きました。
85歳ですからね(笑)
まったく両親が元気でいてくれるというのはありがたいことですね。

しばらくぶりの更新が新鮮で、ついつい長くなってしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打ち出の小槌 | トップ | 四万六千日(しまんろくせん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々つれづれ」カテゴリの最新記事