か ら け ん


ずっと走り続けてきました。一休みしてまわりを見ます。
そしてまた走ります。

그렇게까지해서 넌 가야되나?

2016年11月07日 08時26分50秒 | 思想

日本に来て暴力スリを働いても、帰国すれば、ただのいいお父さんだ。刺し方は皆上手だ。2~3年人殺しの練習ばかりしていたのだから日本人の比ではない。(兵役)

技を習ったが僕は人を刺すなんて相当頭に来なければしない。韓国の刑務所は施設がわるくめしはドッグフードにおとる。

 

事務所にチャヂャンミョンをとる。ソウルの中心部は吉野家やらスタバができ、労働者はそこへ出向くスタイルが定着した。だが韓国の99%は事務所に配達させる。

韓国はどこへでも配達する。公園の上の電話ボックス。プールサイド。デパートの屋上、大学のキャンパスのベンチ。そのまま食ってほったらかしににていればいい。後で無免許カブがとりに来る。古墳のうえで昼寝をする。昼寝代、30円。

明日を信じた靴磨きが昼寝の邪魔をする。「社長、ちょっと靴を貸してください。そういってスリッパを置いて立ち去る。30分すると見違える靴が来る。

彼の心の中はめらめら燃えている。今に見いていろ。僕は好きだな。こういう牙を持った人間は。やがて絶望したっていいじゃないか。

日本の青年みたいに小さくまとまって無難にそつなく貧乏を楽しむ、それは好かんな。いやだ。荒野を目指す青年はいなくなった。

 

絶望はそこらじゅうにはびここり希望のカケラも無い町だ。靴屋が靴墨まみれで参考書のページを何枚めくっても 現代重工業に採用されたりしない。

日本の同様な状況に置かれたものは、しばし自分の現状を忘れて韓国を非難する。日本人よ。オマエの給料いくらだ。立場は韓国人と同じかやや劣るのに。

500万取ってから人を貧乏といえ。べントレーに乗ってからフィットを馬鹿にしろ。

状況が同一である半島と島の庶民はいがみ合うことは無いはずだ。わがことのようにいきり立って興奮するのは哀れだ。どうせお前は兵として死ぬ。将軍なんかになりゃしない。

 

一ヶ月交代で韓国生活をしていたが、どうも風雲急を告げている。韓国に行き生(なま)の崔順実と韓国の行方を確かめたい。今度は大事だぞ。

この娘がいれば、言うとおりにするんだけどな。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 극비수사(極秘捜査)韓国映... | トップ | ウソはしきりと絶叫する   23 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思想」カテゴリの最新記事