クレジットカードほのぼの日記

クレジットカードがテーマで、思いついたことやクレジットカードのニュースなどをほのぼのに日記にしました。

北洋銀行→福井銀行→続く雑談

2017-01-13 | クレジットカードにちなんだ雑談
【北洋銀行】  

北海道は札幌市に本店を置く第二地方銀行です。

第二地方銀行でありながら北海道最大ともいわれたりする銀行です。

ルーツは1917年設立の無尽会社・北海道無尽です。

1951年には株式会社北洋相互銀行になりました。

1989年に普通銀行となり北洋銀行になりました。

1998年には破綻した北海道拓殖銀行から北海道内の営業を譲渡されました。







【福井銀行】 

1899年設立以来様々な銀行を合併・買収してきています。

明治には越前商業銀行など。

大正にも三国商業銀行や若狭商業銀行、高浜銀行、大七銀行、石川銀行など。

昭和に入っても数々の銀行を合併・買収してきたのでした。

1973年には東証と大証の一部に上場しました。

なんだか順調な道のりですね。






【JCB GOLD EXTAGE】  

JCBの20代向けのゴールドカードです。

ゴールドカードなのに、初年度は年会費無料なんだとか。

もちろん空港ラウンジサービス等、ゴールドサービスが充実しています。

旅行傷害保険も充実していますし、海外旅行にもやはりもってこいかも。

ゴールド会員専用デスクも心強いのでした。







【徳島銀行】  

吉野川へのアドプトプログラムに参加したり地域貢献でも知られます。

徳島県の徳島市に本店がある第二地方銀行です。

キャッチフレーズは「つきあえば、とくぎん、徳島銀行」。

イメージキャラクターは犬の「トクベ~」です。

インターネットバンキングは「れいんぼ~Net」と呼ばれます。






【金利のタイミング】  

申し込み時点の金利から、融資開始までの間に金利がアップする可能性もあるんだとか。

これって返済計画上困った問題になりかねないです。

特に長期返済の場合、思った以上に響いてくることも。

申込み時点の金利で安心はできないのかもしれないです。

金利が下がる分にはいいんですけどね。


この記事をはてなブックマークに追加

第二地方銀行→北國銀行→続く雑談

2017-01-07 | クレジットカードにちなんだ雑談
【第二地方銀行】  

地方で営業展開する銀行で、一般社団法人第二地方銀行協会の会員です。

第二地銀などとも呼ばれます。

相互銀行から普通銀行に転換したものが最も多いようです。

ちなみに第二地方銀行から都市銀行となった銀行もあります。

吸収合併により姿を消した第二地方銀行もあります。






【北國銀行】 

石川県民をのぞくと、どのくらいの人がこの銀行を間違えずに読むことができるのでしょうか。

「きたぐに」ではなく「ほっこく」が正しい読みです。

金沢市に本店を構える石川の地方銀行です。

2014年には本店を新築移転しており、金沢駅西口になりました。

石川銀行が2001年に破綻してからさらに存在感が大きくなったのでした。







【LiSA CARD】  

LiSAは日本の女性歌手です。

デビュー以降、数々のアニメ主題歌、劇中歌で知られます。

そのLiSAが、ライフカードとコラボしたクレジットカードです。

ファンには欠かせない一枚かもしれませんね。

さまざまな特典が見落とせないですからね。

カードフェイスのデザインもおしゃれです。






【西京銀行】 

山口県の周南市に本店がある第二地方銀行です。

周南地区の地域経済活性化や子供支援活動を目的とする月刊雑誌・企画であるMIRAIを応援しているようです。

地元大学である私立徳山大学とも提携して講座を行っています。

地域に根差した銀行みたいですね。

邦銀初の女性副頭取などでも話題となりました。







【フラット35の審査期間】  

ローンの審査があるので、フラット35も申込みから借り入れまでに時間がかかります。

だいたい2週間ないし1か月かかる場合もあります。

申込む金融機関によってもその期間は違うようです。

審査は必ず通るとも限らないですし、十分余裕を持った時点で申し込むことが大事です。


この記事をはてなブックマークに追加

沖縄銀行→富山銀行→続く雑談

2017-01-01 | クレジットカードにちなんだ雑談
【沖縄銀行】 

沖縄県那覇市久茂地に本店がある地方銀行であり、信託併営なんだそうです。

「金銭信託ゆとり」という名称で取り扱ってます。

設立は1956年と戦後ですが、「戦後地銀」の制度に基づいて設立されたわけではないです。

ちなみにかつては大阪支店を開設していたが廃止したそうです。






【富山銀行】 

1954年に、富山産業銀行として開業されました。

いわゆる戦後地銀の一つとなっており、規模の小ささでもよく知られるところです。

本店は富山市ではなく、高岡市にあります。

本店が赤レンガの建物であることから、「赤レンガの銀行」と親しまれています。

富山銀行に行名を変更したのは1967年のことです。






【SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールド】 

プリンスポイントと永久不滅ポイントがダブルでたまるクレジットカードです。

一度の買い物で2つのポイントが貯まるって素敵ですね。

PASMOオートチャージサービスも利用できて、すごく便利な一枚です。

ショップサイトでの利用も、西友などのでの利用もお得で便利なのでした。






【もみじ銀行】  

広島総合銀行と、せとうち銀行が合併したことで生まれた第二地方銀行です。

本店が広島市中区に置かれています。

ところで広島総合銀行は1989年に普通銀行になるまでは広島相互銀行でした。

響き的にはあまり変わらない、微妙な改名だったようです。

一方、せとうち銀行は呉相互銀行からの改名で、こちらは思い切ってますね。







【フラット35の金利】  

金利を35年間も固定で借りられる、フラット35は、計画的に返済するうえで心強いです。

でもフラット20など返済期間が短いローンよりは若干金利が高いかもしれないです。

長期になるほど金利の変動の影響を受けやすいので、仕方のないことかもしれないです。

ローンは短いほどお得ということですね。



なんとなく気になる話題。自動車を買い替えるときに意外と見落としがちなのが愛車の価値です。ネットの一括査定が愛車の価値調べを簡単なものにしているのに、気づかないままではもったいないです。ブルーバードシルフィ買取の新常識の方法も参考になるはずです。車の買い替えで値引き交渉にだけ夢中になっている場合ではないです。車離れなど販売店の厳しい時期に大きな値引きは期待できないと考えたほうがいいのかも。

この記事をはてなブックマークに追加

琉球銀行→北陸銀行→続く雑談

2016-12-26 | クレジットカードにちなんだ雑談
【琉球銀行】  

沖縄県那覇市に本店を構える沖縄の地方銀行です。

地元では「りゅうぎん」と呼ばれています。

歴史を振り返ると、1948年に米軍が51%、自治体が残りの株式を持つことで設立された特殊銀行でした。

1972年の沖縄の日本復帰に伴って株式会社となり普通銀行になりました。







【北陸銀行】 

北陸銀行の歴史は、1877年の金沢第十二国立銀行開業に始まるそうです。

その後、富山第百二十三国立銀行も合併し、高岡・中越・富山とも合流して1943年に北陸銀行が設立されました。

富山市に本店をおき、富山・石川・福井の北陸三県を地盤とする地方銀行です。

通称は「ほくぎん」です。






【MUFGプラチナ・ビジネスAMEX】  

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが正式の名前のようです。

長いですね。

たとえばプラチナ・コンシェルジュサービスは、急な出張の場合にも国際便の紹介・予約・変更とか、宿泊先の予約などもカバーしてくれるみたい。

クレジットカードは決済だけのものではないということです。






【トマト銀行】  

「にんげん大好き」をコーポレートスローガンに掲げる銀行です。

岡山の第二地方銀行であり、岡山市に本店があります。

旧・山陽相互銀行から1989年に普通銀行に転換してこの名前になりました。

斬新なネーミングで当時の流行語大賞にもノミネートされました。

もちろんマークもトマトです。







【フラット35のメリット】 

長期固定金利をウリにしたローンで、住宅金融支援機構が支援する民間金融機関のローンです。

変動金利のように返済額が増える心配がないので、安心して返済計画が立てられることがメリットです。

フラット35には「買取型」と「保証型」があり、保証型のほうが新しく、有利になるケースもあるみたいです。


この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島銀行→八十二銀行→続く雑談

2016-12-20 | クレジットカードにちなんだ雑談
【鹿児島銀行】 

鹿児島市に本店を置く、鹿児島県の地方銀行です。

ちなみに1879年設立の第百四十七国立銀行をルーツにしています。

名前が鹿児島銀行になったのは1952年の事です。

振り返ると過去にはムーミンをイメージキャラクターとしていた頃もあり、懐かしく感じる人もいると思います。






【八十二銀行】 

「はちに」と呼ばれる長野市に本店を構える地方銀行のことです。

地銀の中では財務体質の優良さで知られるそうです。

長野県だけでなく他県にも支店を複数持ちます。

四角形4個のシンボルマークは1991年のロゴ変更からです。

2002年には破綻した上田商工信用組合の一部店舗の営業を譲受ました。







【JCB CARD EXTAGE】  

学生や10代、20代のためのJCBのクレジットカードです。

Apple Payも使えます。

Oki Dokiポイントがたまりお支払も楽しめます。

年会費無料というのがすごく気軽に作れるポイントでもあります。

インターネットショッピングでも、海外旅行での利用にも便利な一枚です。







【島根銀行】 

島根の第二地方銀行で島根・鳥取に支店・出張所があります。

本店は松江市にあります。

松江相互貯金株式会社として1915年に設立しました。

すぐに松江相互無尽に名前を変えて無尽会社になりました。

1951年に相互銀行に転換し、1989年に普通銀行に転換し、現在の島根銀行に落ち着きました。






【変動か固定か】 

もしも低金利が長期間続くのであれば、変動金利のほうがいいのかもしれないです。

でも金利が上がるタイミングを正確に知ることはできないので、無難に固定金利にしておくという考えがとられます。

固定金利なら返済額を事前に計算することができますからね。

変動金利は得する可能背もある反面、損する可能性もあります。


この記事をはてなブックマークに追加

ラポート→山梨中央銀行→続く雑談

2016-12-14 | クレジットカードにちなんだ雑談
【ラポート】  

インターネットバンキング専用セキュリティ対策ソフト「Rapport(ラポート)」というのがあります。

銀行のホームページからダウンロードできるので安心して使えそうです。

日本アイ・ビー・エムの提供なんだとか。

市販のウィルス対策ソフトとの併用も可能なようなのでまずは使ってみたほうがよさそうですね。






【山梨中央銀行】  

山梨県の銀行といえば山梨中央銀行です。

甲府市に本店があり、山梨県内では誰もが知る銀行です。

本業とは違いますが、実業団チームとして女子9人制バレーボール部で名をはせた銀行でもあります。

ちなみに9人制バレーボールは2010年を最後に国体競技から除外されてます。







【ライフカード Stylish】  

ライフカードによるリボ払い専用のクレジットカードです。

年会費は永久無料ということで安心して持ち続けることができます。

オートリボということで、1回払いにしても自動的にリボ払いになるんだとか。

充実の会員サービスや、嬉しいポイントプログラムもあります。







【みなと銀行】 

1999年に阪神銀行と、みどり銀行が合併してできた銀行です。

兵庫県では店舗も多く存在感の大きい銀行です。

本店を神戸市中央区に構える第二地方銀行です。

みどり銀行の前身の兵庫銀行は、くしくも阪神淡路大震災があった1995年に銀行として戦後初めて破たんしたのでした。






【はんはんプラン】 

高金利の時は変動金利、低金利の時は固定金利みたいなかんじで、両方の特徴を併せ持つプランなんだとか。

何がメリットで何がリスクなのか、これだけでは分かりにくいです。

組合せというのはいいようで、分かりにくい面もあるので、理解しにくい場合は避けたほうがいいのかも。


この記事をはてなブックマークに追加

宮崎銀行→北越銀行→続く雑談

2016-12-08 | クレジットカードにちなんだ雑談
【宮崎銀行】  

宮崎市に本店がある宮崎県の地方銀行です。

1932年に設立の日向興業銀行がルーツです。

1962年に改名して宮崎銀行となりました。

宮崎といえば東国原英夫知事でも知られます。

またCMソングが秘密のケンミンSHOWで話題となりました。

「みやぎんほっと」は個人特化型の店舗なんだそうです。







【北越銀行】  

1878年開業の第六十九国立銀行が前身のルーツとなっています。

1872年の国立銀行条例に基づいて開設された銀行の一つです。

中央銀行である日本銀行が開設されたのが1882年なのでそれより古いです。

数々の銀行を合併して、現在の北越銀行となっていったのでした。







【SEIBU PRINCE CLUBカード 】  

西武グループでのお買い物が有利になるクレジットカードです。

としまえん等のゆうえんち、プリンスホテル、ゴルフコースなど特典も多様です。

セゾンとのコラボなのでお得になるのは西武だけではないです。

期限を気にすることなく貯められる永久不滅ポイントも便利です。






【大正銀行】  

香川銀行や徳島銀行なども傘下におくトモニホールディングスの傘下にある銀行です。

大阪市に本店がある第二地方銀行の一つです。

なおトモニホールディングスとの経営統合は2016年のことでした。

名前の由来は大正時代創業にも関係しているみたいです。

歴史を示す名前でもあるのですね。






【ローンと変動金利】  

金利は社会情勢の影響を受けてもともと変わるものです。

金融機関の住宅ローンとか、借り換えローンなどでも変動金利を採用するところは多いです。

とはいえ、猫の目のように毎月返済額に影響するような変動をさせるわけではないです。

一定のルールのもとに驚嘆な増がないような形で反映される仕組みになっています。


この記事をはてなブックマークに追加

大分銀行→第四銀行→続く雑談

2016-12-02 | クレジットカードにちなんだ雑談
【大分銀行】 

大分の地方銀行で、大分市に本店を構えています。

旧本店の建物は国の登録有形文化財となっています。

日本銀行本店や国技館なども手掛けた辰野金吾の設計によるものなんだとか。

現在では赤レンガ館と呼ばれるそうです。

1877年設立の第二十三国立銀行と、1893年設立の大分銀行がルーツです。







【第四銀行】 

国立銀行条例に基づいて設立された銀行です。

俗に言う「ナンバー銀行」の一つで、ナンバーを残す銀行では最古ともいわれます。

本店は新潟市中央区にあり、新潟県におけるリーディングバンクとして知られます。

第四というだけあって、歴史は古く、設立は1873年のことです。







【MUFGカード・プラチナ・アメックス】 

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードでアメックスもコラボしています。

この上ない上級感ですね。

旅行もエンターテイメントも自由自在に快適に楽しめそうです。

補償や保険サービスも充実で安心です。

ポイントプログラムも嬉しいのでした。






【関西アーバン銀行】 

大阪府内や滋賀県内に主に店舗がある第二地方銀行です。

本店は大阪市中央区にあり、心斎橋アーバンビルです。

もともとをたどると、1922年設立の京都市の山城無尽に辿り着きます。

2010年には、びわこ銀行との合併も話題になりました。

ちなみに幸福銀行より営業を譲り受けた関西さわやか銀行とも合併してます。






【固定金利選択型】  

ローンには変動金利と固定金利があります。

金利はそもそも社会情勢に合わせて変動するものなので、長い期間ローンを固定にするのは難しいことです。

とはいえ、変動金利では払う側の計画が立てにくいので困ります。

そこで、3・5・10年など期間を区切って固定金利とするローンもあるのでした。



近頃なるほどなと思った話題や情報。自動車の任意保険の更新時期は年に一度の大きな節約チャンス。自動車保険の見積比較は簡単です。愛車ミニカトッポの任意保険比べて節約が今どきの常識になっています。知らないままでは残念すぎます。自動車保険の常識は昔とかなり違っています。

この記事をはてなブックマークに追加

肥後銀行→横浜銀行→続く雑談

2016-11-26 | クレジットカードにちなんだ雑談
【肥後銀行】 

「肥銀」とか、「肥後銀」などと呼ばれる熊本県の地方銀行です。

熊本市に本店があります。

第百三十五国立銀行として創業したのが始まりのようです。

途中、九州商業銀行や熊本銀行なども経て、肥後銀行となったのは1928年の事です。

安定している銀行というイメージが高いようです。






【横浜銀行】 

日本最大の地方銀行との呼び声も高い銀行です。

みなとみらい地区にある本店ビルは銀行の本店ビルとしては日本一の高さなんだとか。

約150mもあるそうです。

もともとは1920年設立の横浜興信銀行でした。

様々な合併を経て、横浜銀行になったのは1957年のことです。

さらに横浜みなとみらい21地区に本店ビルができたのは1993年です。







【JCBゴールド】 

日本発の国際ブランドJCBのオリジナルのゴールドカードです。

空港ラウンジサービスやグルメ優待サービス等いろいろな特典があります。

さらに、海外旅行傷害保険も充実しており、海外旅行には欠かせない一枚かもしれません。

20歳以上の人で、さすがに学生はNGです。






【第三銀行】  

三重県や和歌山県で知られる第二地方銀行の一つです。

その本店は三重県の松阪市にあります。

利用明細票に運勢が表示されるおみくじ機能を持つ現金自動預払機で話題となりました。

伊勢市のおかげ横丁出張所に設置されています。

ちなみに旧国立銀行っぽい名前ですが、違います。






【景気と金利】  

景気と金利は関係が深いです。

景気が悪いと金利が下がることが多いです。

景気を良くするためにお金を借りやすくする意図が働くためです。

逆に景気がいい時は金利が上がる傾向にあります。

長期返済のローンを組むときは、借りるタイミングによって金利が変わることに注意が必要です。


この記事をはてなブックマークに追加

親和銀行→東京都民銀行→続く雑談

2016-11-20 | クレジットカードにちなんだ雑談
【親和銀行】  

長崎県佐世保市に本店を置く地方銀行です。

創業は1897年で、第九十九国立銀行としてスタートしました。

佐世保銀行に改名し、佐世保商業銀行と合併して親和銀行となったのは1939年だそうです。

親和銀行としての歴史も結構長いですね。

JリーグのV・ファーレン長崎のスポンサーとしても知られます。






【東京都民銀行】 

東京の地方銀行で、戦後銀行の一つでもあります。

設立には東京都と東京商工会議所の支援がありました。

また利用で耳にする「しゅとねっと」とは、東京都民銀行と東日本銀行、八千代銀行の間のATM・CD利用についての提携のこと。

サンリオのシナモロールでも知られます。







【ライフカード Stella】  

女性のためのライフカードです。

女子の健康を応援するとして、子宮がん・乳がんの検診無料クーポンなどの特典があります。

女子旅のための特典もあります。

健康Q&Aサイトのカラダメディカも無料で使えるそうです。

いろいろ充実したクレジットカードみたいです。






【中京銀行】  

名古屋市に本店をおく第二地方銀行の一つです。

本店は中区にあります。

前身は1928年設立の三重県の三重殖産無尽なんだとか。

最初は上野市が本店で、その後、津市、名張市と本店を移動してきました。

1951年に相互銀行となり、1964年には名古屋市に本店が移されました。

1989年に普通銀行となって中京銀行となりました。






【借り換え費用】 

借り換えの審査が通ったら、金融機関との手続きのほか、担保物件の抵当権に関する登記の手続きなどもあります。

何かと手続きに手数料もかかります。

保証料や税金なども含めると80万円前後の費用は見越しておいたほうがいいみたいです。

それでも借り換えのメリットがある場合ってすごいですね。


この記事をはてなブックマークに追加