追いやられた日々の綴り

一週間の内に2~3日、更新できるように頑張ります。
でも、多分無理です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『青い記憶』 佐野洋

2012年06月05日 22時33分27秒 | 読書感想文

『青い記憶』  佐野洋

 

あらすじ

刑事を息子に持つ未亡人が遭遇した、奇妙な事件の意外な結末(「通話記録」)。LSDを試した女が、不気味な絵を描き残して死んだ。錯綜する自他殺論議の末のどんでん返し(「赤い蝶・青い猫」)―日常的犯罪の謎を、透徹した現実観察者の目で鮮やかに解く、傑作短編推理11編。オリジナル文庫第3弾。(amazonより引用)


初・佐野洋。

11篇のタイトルは順番に『赤い蝶・青い猫』 『密告』 『細い橋』 『九回裏二死満塁』 『重苦しい空』 『赤い時計』 『二年ぶりの街』 『通話記録』 『暗い偶然』 『脱がされた』 『青い記憶』 となっています。文庫版の解説を大日向謙さんという方が書いてらして、解説を読む限りだとどうやら編集者のようです。そして、そこで佐野洋のことを日本のO・ヘンリだと評しています。僕はO・ヘンリを読んだことが無いため、どこがどう似ているのか分かるだろうか、と思い読み進めていきましたがなるほどなんとなく言わんとすることが分かるような気がします。読後感がだいぶあっさりしていて、ミステリとしての僕の好みとは違いました。それもそのはずで、僕の好きな(というか今のミステリの主流)のような派手さがある作品を佐野洋は嫌っていたようで、なるべく平明な文を書こうとしたらしいです。

まぁ好みは人それぞれでしょうが、サクっと読めたので、また機会があったら他の佐野洋の本を読んでみようかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の便り

2011年04月14日 16時59分27秒 | 日記

今日、犬の散歩で外をぶらぶらっと歩いていました。そのときに、犬がくんくんとある空き地で立ち止まったので僕もふとその空き地へ目をやりました。するとそこには数十本ともいえるツクシが生えていました。

毎日通っているはずのその道だったのに、今日、初めてそのことに気が付きました。

そしてそのことが子供の頃のある記憶を呼びもどさせました。

 

あれも今日のような朗らかな春の日のことでした。その数日前に『クッキング・パパ』でツクシを食べられる、という情報を知った僕は、姉と一緒に父親に頼みツクシを調理してもらうことにしたのです。ザルを片手に近所の空き地のツクシを姉と一緒に1本1本丁寧に摘んでいきました。

ザル一杯になったツクシを父親に持っていくと、父親は「まだだ」と言って新しいザルを僕に渡します。すこし面倒くさいと思いながらも僕はこれから食べれるツクシの味に想像を膨らまし、なんとか父親が首を縦に振るまでツクシを摘みました。

そこからがまた長かったのです。

大量のザル一杯に入ったツクシの節を丁寧に取っていかなければならないのです。それだけでもう2~3時間くらいかかりました。そしてそれを茹でて甘辛く煮付けるとまあ萎れること萎れること。あんだけたっぷりあったツクシがなんとお皿一枚分になっちゃったのです。しかもそこまでおいしくない。

あのとき、子供ながらにコストパフォーマンスの重要さを理解しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親に・・・

2011年03月18日 17時46分42秒 | 日記

母親に趣味で書いてた、性癖満載のえろぉーい絵が見られました。

悪いとは思ってない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新・鉄人兵団

2011年03月09日 20時06分57秒 | 映画鑑賞

なに、毎日更新って?それおいしいの?

ということで、早速毎日更新という約束をすっぽかしました。空管弦楽です。ぬるま湯/茶葉モンキー(これで正式名称です。ぬるま湯さん、だとか茶葉モンキーさん、とか縮めて言うのは失礼ですのでやめましょう)さんのやっていらした平仮名戦争みたいな企画をやってみたいなー、と思っていましたが、そんな企画力は持ち合わせていないので、結局ネタ不足なり更新が遅れてしまいました。。。

すみません。

まぁタイトルを見ていただければ分かるとおりに、実は今日ドラえもんの映画を観てきました。面白かったですよー。是非見て欲しいです。

ただそれだけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善き人のためのソナタ

2011年03月03日 19時51分34秒 | 映画鑑賞

 

1984年・・ベルリンの壁が崩壊する前の監視国家東ドイツ、国家保安局シュタージのヴィースラー大尉は劇作家のゲオルク・ドライマンが反体制である証拠を見つけ出そうとし、彼の家に盗聴器を仕掛ける。しかしドライマンを監視していく中、ヴィースラーの心に次第に変化が現れる・・・。他人の生活に触れた彼が感じた事とは一体何なのか・・・?第79回アカデミー最優秀外国語映画賞受賞作品。

という作品です。

・・・感想かいてたら全部消えちゃった・・・・・・。だから一言だけ、面白かったよ!オススメだよ。今更だけど。実は一昨日NHKのBSでやってたんでもう一回みたら、やっぱ面白かった、っていうことで記事のネタにしてみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加