(株)カプロラクタム-blog

果たしてココは何処なのだろうか・・・
否!ココは(株)カプロラクタム代表取締役兼社員αのweblogである!

アルファ碁祭

2017年05月24日 | 時事
囲碁AI、初戦は最強棋士に勝利=中国・柯潔九段と3番勝負―「弱点まったくなし」
昨年韓国のトップ棋士イセドル9段に4勝1敗と勝ち越したアルファ碁が、今回ついに世界ランク1位のカケツ9段を下した模様です。

と言っても既に非公式対局では今年の正月にマスターと名乗って世界のトップ棋士延べ60人に60勝無敗という無双を繰り広げ、その中に日中韓トップの井山・カケツ・パクジョンファンも含まれていましたから、今回の公式戦の結果は驚きというより「ついにこの日が来たか」といった感じですね。丁度将棋でも先週左藤天彦名人が2連敗を喫し、AIの完全勝利宣言となりましたから、時を同じくして囲碁も人類が抜き去られてしまったということですな。まあこちらはあと2戦あるのでまだ分かりませんが、棋譜を見てみると確実に勝つために中盤以降はぬるいというか、もうリードを守りきるだけの打ち方をしている感じだったので、結果は半目負けですが、だから惜しかったのではなく、これは「永遠に覆らない半目」だという印象を受けました。

もう少し詳しく説明すると、囲碁は陣地が1目でも多い方が勝ちなのですけど、打っていてちょっとリードしたなと思っても、この先追いつかれるのが心配とか、相手をねじ伏せてやろうとか(笑)様々な気持ちから守って勝ちと言う局面でももう少し得をしようと攻めすぎてしまい、逆に隙をつかれて大きく取られ逆転負けということがよくあります。しかしこの「守って勝ち」も中々難しく、守り過ぎると今度は相手に得をされ追いつかれることもあるわけです。さらに言えば、例えば高段者と置き碁で打ち、石が多い分のリードを守りきって数目勝ったとしても、「この手はヌルイ」とか「もっとこう打つと得だった」「こうすれば石が取れた」などと、さらに得をするためのご指導を受けることになります(笑)つまり、勝ち碁にも数多の反省点というか議論の余地が生まれてしまうのが囲碁というゲームであり、また終盤ヨセ次第で同じ1目勝ちになるルートだけでも無数にあるので、王将さえ取ればそれ以上追及の余地がない将棋に比べて、勝ち碁にも負け碁にもああだこうだと意見がつきやすいゲームだと言えるでしょう。今回の対局でもいくつか疑問手が指摘されているようですが、例えばある地点でうまくいけば最大10目勝ちがあった場合、人間だとそのまま10目勝ちを目指してしまいますが、AIはどうやら多少損しても負ける可能性がより少ない手を選んでいるようなそぶりがあり、「最大限の差をつけて勝つ」でなく「最低でも半目勝つ確率」を最大にして打っている感じがしますね。こういう冷静な計算はやはり欲や不安を感じないAIならではなのでしょう。
カケツにしてみれば自分に勝機があったのか気になるところでしょうけど、残念ながらAIには検討機能がありません。ギリギリの半目なのか、それともギリギリを演出されたのか・・・もし明日も半目なら後者の可能性もありますね。考えたくありませんが、もう人類最強に「わざと半目勝負で勝つ」余興ができるくらいの実力差はあるのかもしれません。

ところで今回のアルファ碁はカケツとの3番勝負だけでなく、トッププロ5人の相談碁VSアルファ碁とか、アルファ碁とプロがそれぞれペアを組み、それぞれ交互に打つAIペア碁対局も予定されているらしいです。まさにアルファ碁祭ですな。最後のはどっちが勝っても人類の(半分)勝利と言えますし(笑)グーグルもこれで囲碁攻略はもう一区切りとしてしまおうとする意図を感じます。ただし、今回は中国で開催されているのですが、現地では報道規制が激しく、中国国内では対局の様子も一切生中継されなかった模様です。イセドルの時はネットやTV中継はもちろん街頭テレビでも全部流すほどの注目ぶりでしたけど、アメリカに負ける(かもしれない)のを中継するのは問題だったのでしょうか。やはり自由のない国は怖いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国城攻め記4 竹田城跡

2017年05月23日 | Weblog
厳密には中国地方ではありませんが、気になりついでに行って来ました。

絶景の雲海に浮かぶは!
・・・ごめんなさい嘘つきました(笑)ココは過去に訪れた白川郷と白山を結ぶホワイトロード上で偶然撮った写真です。思うにこういう写真は季節や天候、時刻にすらも左右されるので、ある程度霧が発生する条件が揃いやすい土地柄としても、休日等に狙って撮影するのは余程の運がないと無理ですな。竹田城跡や備中松山城も「天空の城」として有名ですけど、条件さえ整えば岐阜城も年に1回くらいシャッターチャンスがあるもので、たまに地元紙に載ったりもしますからね。というわけで、おそらく別の山から望むであろう写真は諦め、普通に登ってくるだけにしました。

城崎温泉よりまっすぐ50kmほど南下したところにありました。標高は354mの山ですが駅の無料駐車場辺りがすでに山なので、標高差は備中松山城と同じく230mほどしかないようです。その点岐阜城は標高10mより334mまで登りますから結構な山なのですよね。ここは城跡なので下から見える部分は限られていますし・・・あれ?やっぱり岐阜城最強じゃね?(笑)
登山道は駅の真裏にある道が一般的のようです。およそ900mなので、20分ほどで料金所まで着きました。日本のマチュピチュとも言われるように、山頂をしっかりした石垣が周囲をぐるっと取り囲んでいる様子はまさに圧巻ですね。

2006年に「日本百名城」に選ばれ、その後カメラマンが雲海に浮かぶ有名な写真を紹介したことで徐々に知名度が上がり、12年頃からCMや映画に使われて一気にブームに火がついたようで、観光客はその10年で一気に20倍に膨れ上がったそうです。そのため元々の山肌がむき出しの状態だった通路が観光客が歩く度にどんどん削られてしまい、崩落の危険があったためこの写真の奥側の道のように、黒い謎の素材を土嚢のように敷いてカバーしている模様でした。しかしこれ、結構デコボコして歩きにくかったですし、かなりの面積が真っ黒に敷き詰められているので景観も余り良くないように感じました。まあ将来的には手前にある3通りの舗装方法のどれかになるようで、試験的に導入して踏み応えを試してもらい、今後どうするかを予算と相談しながら決める模様です。
いつものように団体さんのガイドの声に耳を傾けつつ(笑)自由気ままに散策してきました。おそらく雲海スポットであろう対面の山は結構距離があったので、例の写真を狙うには雲だけでなくそれなりの望遠機能が必要なのかもしれません。帰りは急な階段が続く最短コースで下山。ちなみに山腹にも駐車場があり、そこから歩きやバスという選択肢もあるようです。整備計画は着実に進んでいるようですね。ブームがいつまで続くかは分かりませんが・・・

城攻めは以上ですが中国記はしばらく続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国城攻め記3 松江城

2017年05月22日 | Weblog
山陰まで抜け、2年前に国宝指定された松江城も悔いが残らないように回ってきました。

7年前に山陰を旅行した時、車窓から撮ったのがコレです。というわけで国宝五城については以前既に制覇宣言を出しましたが、実は「近くを通って城の写真を撮った」という基準であり、「お金を払って天守に登った」と言う意味でのクリアを目指すにはあと姫路城と松江城が残っていました。ちなみに彦根城はいつか忘れましたけどダッシュで行ってきた記憶はあり、以前の記事を書いた後でパンフを都道府県別に整理していた所、2006年版の城内地図とともに入場券が発掘されたので(笑)間違いなく1度は入城している模様です。当時はデジカメがなく、結局携帯画像とかにも城の内部の写真は見つかりませんでしたけどね・・・松本城と犬山城は2年前に行っており、今回の旅で姫路城と松江城に行くことで、晴れて国宝については「五天守制覇」となったわけです。

ここ松江城は、実は過去に一度国宝指定されたものの戦後重要文化財に格下げされ、65年ぶりに再び国宝になったという数奇な運命を辿っています。「いつ建てられたか証明するものがない」というのが理由だったそうですが、過去の記録にかつて慶長16年(1611年)と書かれた祈祷札が存在したけど行方不明なっていたことが分かり、懸賞金をかけてその行方を捜したそうです。その結果、近くの神社で2枚発見されましたがそこに肝心の松江城の文字がなく、今度は「その札が松江城についていた証拠がない」と一蹴されてしまったとか。そこで職員総出でその痕跡を探したところ、地下一階にあたる場所の柱に釘の跡が見つかり、調べてみると2枚の祈祷札の釘の跡とピッタリ一致したため、「松江城が慶長16年に祈祷を受けた(即ちその年に建てられた)」ことが証明されたわけです。法律関係は論理の積み重ねなので少々まどろっこしいですな(笑)重要文化財と国宝ではその保護にかけてもらえるお金も大分違ってくるそうですし、やはり「世界に誇れる日本の宝」と認定される価値はプライスレスでしょう。地元の執念を感じさせますね。

ここがその祈祷札があった場所です。というかバッチリ左右にかかっていますね。まあ明らかに江戸時代のものにしては新しいのでレプリカでしょう(笑)本物の解析写真も展示されているのでとても分かりやすくなっていました。姫路城のように城自体を修繕したわけではないのに、国宝だと認められただけでかなりの集客効果があった模様です。天守には国宝に認定された証明書が展示されていました。よほど嬉しかったのでしょうね(笑)晴れていたので宍道湖がとてもきれいに見えました。

ただ、こう短期間に3つも城に登ったので些か食傷気味です。そのうちドコがドコの記憶か混ざってしまいそう・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国城攻め記2 備中松山城

2017年05月21日 | Weblog
続いては岡山県高梁市にある備中松山城です。

現存天守十二城は、外観を写真に収めたレベルの達成度でいうとこれで11城目になります。国宝五城に加え四国の四つ(高知・松山・宇和島・丸亀)、福井の丸岡城とココで11ですね。あとは青森の弘前城ですが、今は曳屋工事中で天守が石垣の上じゃなく広場にあるらしいので、直ってからにするか迷う所ですな。ちなみにここは十二城中唯一の山城であり、標高430mは当然現存天守の中で最高峰と言えます。

どこだ?
我らが岐阜城も山城ですが、市内のほぼ全方向から金華山の上にそびえ立つ城を見ることができます。しかしここ備中松山城は少々山の中に埋もれた感じで、最初はどの山に城があるのか、町の下から探してもよく分かりませんでした。写真は山の上の方を拡大しています。ちなみにちゃんとした登山道も駅の辺りから伸びているようですけど、とりあえず車で五合目に当たる城見橋公園の駐車場まで行き、そこから車道を歩いて登って行く感じがベストのようです。8合目まで行けるシャトルバス(400円)に乗せようと画策する(笑)整理係の方に1時間かかると脅されましたが、お城まで約2km、標高差でいうと200mちょっとのようなので、自分の足では30分で余裕で着くことができました。

近くで見ると立派なお城ですね。NHK大河ドラマ「真田丸」のOPシーンでこの城がCG加工され使われたようで、撮影スポットの紹介もありました。内部には城の中としては珍しく囲炉裏があり、相当寒かっただろうことが伺えます。一時期は歴史から忘れられた城だったそうで、昭和になって地元に赴任した中学教師が再発見し脚光を浴びたのだとか。まあ山城なんて戦争が終われば不便なだけですし、写真でも分かる通り木が伸び放題になっていれば町からもちょっと見えそうにないですしね(笑)その後、現存天守としてきれいな状態に蘇らせようと復興事業が始まり、地元の中学生も手伝って皆で屋根瓦を運んだという話を聞いたことがあります。雲海ブームに便乗し、今でこそ「竹田城跡をしのぐ天空の城」との呼び声も高いですが、中々に数奇な運命を辿ったお城のようですね。

ただ、やっぱ岐阜城が山城の美しさでは日本一だと思うけどなあ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国城攻め記1 姫路城

2017年05月20日 | Weblog
というわけで、GWは中国地方を縦断してきました。

1日目は姫路城です。世界遺産であり国宝五城でもあり現存天守十二城でもあります。まあ日本の城の代表というか、少なくとも3本の指には入る天下の名城ですな。姫路は青春18切符で旅行すると米原から乗る終点に当たるので何度か行っているのですが、実は未だ入城はしていなかったのですよね・・・ちなみに今回電車ではなくは車中泊の旅です。
真っ白に生まれ変わったのが2年前で、それに合わせて入場料も千円になってしまったので、いずれ行きたいとは思いつつ今まで躊躇していました。一応11年前に堀を渡った広場で写真を撮ったのが今までで一番のニアミスでした。まあ白い城を見たいだけなら別に入城する必要はないのですがね(笑)
 
左が11年前、右が今回撮った写真です。天候やカメラの性能にもよりますが(笑)やはり右の方がより白い印象ですね。ただし、やはり2年経ったからか、近くで見上げるともう若干黒ずみらしきものが発生しているようでした。まあその辺は仕方ないでしょう。内部はやはり人も多く、松本城ほどの大渋滞ではありませんでしたけど、門や通路などは中々人を避けて写真を撮るのは難しい状況でした。つーか中国人って本当ドコでも座ってるよなあ・・・流石世界遺産orz
天守の最上階には長壁神社がありました。確か妖怪伝説があったのでしたっけ?そういえば外には夜な夜なお皿を数える声がすると噂のお菊の井戸もありました。ここは霊感スポットとしても有名なのかも?入口に戻ってきたあとは西ノ丸百間廊下へ。240mという長い廊下が続いています。ここで雑巾がけレースとかしたら楽しそうだよなあ(笑)段差があるので難しいかもしれませんが・・・

平山城ながら非常に広いので2時間くらい堪能できました。これならまあ千円も納得かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国内最古の人骨

2017年05月19日 | 時事
石垣島で国内最古の全身骨格 日本人の起源解明に光
港川人よりさらに5千年も遡るのだとか・・・しかも19体とか大発見ですな。

火山国である日本列島は土壌が基本的に酸性なので、骨などは微生物に分解されるまでもなく溶けてしまうそうです。ただし沖縄を初め南西諸島は主に珊瑚礁の島ですから、琉球石灰岩というアルカリ性の土壌であり、昔の骨が残りやすいのだとか。それにしてもこうして全身骨格が残るというは世界的にも珍しいそうで、今後色々な発見がありそうですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひき逃げの罪

2017年05月18日 | 時事
ひき逃げ事件、現場に財布落とし発覚…無免許の19歳少年逮捕 大阪府警
身分証を残して逃走とか・・・コナン君なら逆に疑わないケースでしょうね(笑)

ひき逃げ自体は救護義務違反なので、10年以下の懲役または100万円以下の罰金、さらに違反点数が35点、3年間免許停止が通常の交通違反に加算されてしまう重罪です。また飲酒運転がばれないように逃げたとなれば危険運転致死傷罪の対象となってしまい、さらに罪が重くなってしまいます。普段から事故を起こさないよう気をつけておくのはもちろんですが、万が一事故をしてしまった場合、罪を重ねないよう誠実に対応しないといけませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンプ200万部割れ

2017年05月17日 | 時事
「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ ピークの3分の1以下に
時代の流れとはいえ、最盛期の3分の1まで落ち込んでしまった模様です。

まあ20年ほど前と比べて子どもの数も減っていますし、電子化も進んで紙ベースのマーケット自体が全体的に縮小傾向にありますから、ジャンプだけに限った話ではありませんけどね。集英社側もこち亀が終わった時点でおそらく覚悟していたでしょう。昨年は長年ジャンプを支えてきたNARUTOやブリーチ、トリコ、暗殺教室といったメディアミックス作品も続々と終了し、それでなくとも新連載が定着しない状態も最早常態化していましたからね・・・かく言う自分も昨年卒業した組ですが、あれから半年、新連載は特別追いかけないようにしていたので読みたい作品も半分以下になり、もう立ち読みで余裕になってしまいました(笑)まあじっくり読まないと頭に入らないような作品はハンターハンターくらいしかないですからね・・・6月復活という噂は本当だろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眞子様ご婚約

2017年05月16日 | 時事
眞子さま 同級生とご婚約へ
大変おめでたい話ですが、まだ婚約なのに騒ぎすぎじゃないですかね(笑)

お相手の方は高校時代の同級生ということで、いわゆる恋愛結婚ということになるでしょう。現在25歳なので10年近くお付き合いされていたということでしょうか。もしそうだとするとここまで非常に上手に交際されていたと思います。しかしそれも今日までで、おそらく明日からはマスコミやミーハーな国民との追いかけっこの中、式までの段取りを進めないといけなくなってしまいます。眞子様はもう慣れているかもしれませんけど、一般人であるお相手の方は色々と大変でしょうね。まあそういう覚悟も含めての本日の発表だと思うので、あとは極力静かに見守って欲しいと思う限りです。

悠仁様の時はもっと大変だろうなあ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界同時サイバーテロ

2017年05月15日 | 時事
日本国内で被害2件確認=データ暗号化―世界規模サイバー攻撃で・警察庁
日本でも被害が報告された模様です。

いわゆる「身代金型」というもので、内部に侵入しデータを勝手に暗号化した後に「解除して欲しければ金を払え」と要求してくる模様です。今回の要求はビットコインらしいのですが、そんなに一般的になったのですかね(笑)まあ仮想通貨ですから足がつかないという利点があるのでしょう。ウイルスの中に日本語も含まれていたのでいずれ日本にも大規模攻撃が想定される模様です。迂闊に変なアドレスは開かないくらいの自衛策しかできませんが、相手のハッキングに対しては個人や企業レベルの自衛策はたかが知れていますからね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天才を育てた玩具

2017年05月14日 | 時事
17連勝藤井四段の活躍で在庫切れ “天才を育てた玩具”空前の売れ行き
ん?NHKが特定の商品の宣伝をしていいの?

デビュー以来目下17連勝という快進撃を続けていますが、それははっきりいって本人の努力であり、このおもちゃがよかったとかこの食べ物がよかったなんてのは全部後付け理由でしょう。何やら羽生7冠フィーバーの時の「やっててよかった公文式」のような臭いがしますね・・・まあ日本経済が活性化すればなんでもいいのかな(笑)心理学では同一化と言うのでしたっけ?好意を抱いた人物が好きだと言ったものは結構何でも好きになってしまうものです。もっとこの路線でこき使うことを考えたほうがいいかもしれませんな。

まあ来年にはもうCMでひっぱりだこでしょうけどね彼は(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄梅雨入り

2017年05月13日 | 時事
沖縄と奄美地方が梅雨入り
早っ!
年末年始に初沖縄INしたので(笑)こういう記事にも「おっ」と思いますね。確かに12月でも半袖で十分でしたし、梅雨というよりもう「雨季」といった感じなのでしょう。来年世界遺産登録を目指すそうなので自然が育まれることを期待しましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無線LAN無断使用

2017年05月12日 | 時事
無線LAN無断使用「違法です」 無罪判決で総務省見解
いわゆる公衆無線LANではなく、個人宅で契約している無線LANですね。

この裁判、タダノリ自体は無罪という判断だったので脚光を浴びたわけですが、「パスワードを解析して侵入」し「個人情報を盗み取って不正送金」した罪の後者の方はしっかり有罪判決が出ています。いくつか罪を重ねた場合、総合的に判断して軽い罪の方は問わないということもあり得るようなので、今回のもそんな感じだったのではないでしょうか。例えば家に強盗に入ったとき、窓ガラスを割った(器物破損)とか住居侵入とかまでイチイチ問わないように、既に8年の罪が確定しているのにさらに1年増やすとか罰金を科すまではないだろうという、極めて日本的な温情判断が下されただけだったのではないかと思います。

ただし、裁判はやはり判例が全てなので、地裁の判断とはいえ初めてタダノリが無罪と判断されたことは今後非常に大きな影響を及ぼしそうですね。家で無線LANを使う時に最初にパスワードを入力しますが、それが古い暗号タイプの場合、一般的に出回っているツールを使って簡単に解析できてしまうそうです。新しいものを使っていれば問題ないのですが、この先「古いのを使っている方が悪い」ということになっては困りますね。例えばパスワードを解析して侵入し、個人情報を盗み見たり悪用・流出・不正な送金や買い物等を行えば別ですが、公衆無線LANのように適当にネットサーフィンだけするというような場合だと、契約主にとっては家族が1人ネットをしているようなものなので何の実害もないわけですし、ともすれば「タダノリ」に気づきもしないでしょう。しかし、タダノリしている人は現に契約料を払わずにネットをしているわけです。やはり何らかの法律に引っかかるようにしておかないといけない気がしますね。

公衆無線LANも道の駅や公共施設、チェーン店などで増えてきましたが、制限なく自由に使えるという状況ではありませんし、まだまだ各家庭のネット使用は有料というのが一般的です。正直者が馬鹿を見る世の中ではいけませんな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽サイン

2017年05月11日 | 時事
宮崎キャラ絵入りサイン「まねて作った」男逮捕
このご時勢、偽者を作るのも簡単であればバレるのも簡単だと・・・

しかしまさか作者が直接偽者を指摘する世の中だとは・・・「君の名は。」じゃなくて「僕の名が。」か(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブックオフ窮地

2017年05月10日 | 時事
ブックオフ、高級路線へ フリマアプリに押され連続赤字
そういや本当に行かなくなったなあ・・・

中学か高校の頃はマンガ集めに利用していましたが、最近は欲しい漫画も大体そろっていますからね。経済力がつけば新刊で買いますし、たまに立ち読みに行くくらいでした(笑)本当は活字の本ももっとあれば良いと思うのですけど、ああいうのは場所を取る上に需要も少ないのかもしれませんね。そもそも立ち読みOKがウリの店なので、分厚く立ち読みしにくい本は最初から余り買い取っていないのかもしれませんな。
他にも古着とかハードオフとかも展開し、運動会で赤組応援用に着るための真っ赤な服とか(笑)昔憧れていたタイプのバドミントンのラケット(定価2万)を2千円で買ったことがあります。まあ状態が余り良くなかったのですぐに折れてしまいましたけどね・・・今はネット通販もあるので、品質に拘らなければ欲しいものを探して安く買うのは専らそちらに顧客が奪われてしまっているようです。店舗が要らない分商品は在庫の状態で置いておけますしね・・・やはり時代に乗り遅れてはいけないということでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加