かっぱらぱ編集室 つれづれ

かっぱら編集長がつづる日常のあれこれ。

2016年9月17日のかっぱら広場「お好み焼きをつくって食べよう」

2016-09-19 10:23:22 | かっぱら広場

今回の企画は、かっぱら初挑戦の「お好み焼きづくり」です。

狭い空間に、子どもたちがぎっしり

「明日、老人会で焼き肉をやるから、その下ごしらえをしたいので、
集会場を半分使わせてほしい」と前日に老人会の方に言われ、
今回は半分のスペースで広場をスタートしました。

老人会の方たちの多くがかっぱら広場に賛助金をくれています。
お互い譲り合って仲良く活動しています。
 

お好み焼きの企画が良かったのか、
今回はスタートからたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。


中学を卒業して定時制に通っているKくんが
いつも子どもたちの面倒を見にきてくれます。
ありがたいことです。(^^)

積み重ねたカップをみんなで倒さないようにもっています。
あっちふらふら、こっちふらふらで大騒ぎです。

今年度、イオンのイエローレシートでいただいた賛助金で
シルバニアファミリーのオモチャを追加しました。
女の子たちが、どれにしようかと迷いながら楽しそうに遊んでいます。
午後は、小学生の男の子たちがこれで遊んでいました。(^^)

さぁ、お好み焼きづくりの始まりです。 

 

粉に卵と水を混ぜてこねるのですが、
子どもたちが、「卵を割りたい」と言ってきました。
もちろんOKです! (^^)

今回は6年生のJくんが大活躍!
中学生やスタッフのメンバーと、ずっとみんな分を焼いてくれていました。
さすが、上級生ですね。

 

中学生のKさん。
椅子の上に座りながら、お好み焼きを焼いてくれています。
体が柔らかい~。

左のゴミ袋の中は、大量の刻んだキャベツが入っています。

おいしそ~(^^)

50枚近くのお好み焼きを焼きましたよ。(^^)

さぁ、みんなで食べよう。

老人会の人たちが、明日の焼き肉の味見用に焼いた肉をみんなに分けてくれました。
みんなでちょっとずつ分け合って味見です。 


狭い狭い。
でも、誰も文句は言いません。
ソースやマヨネーズもみんなで仲良くまわして使います。
えらいな~。

結構お腹に溜まるし、みんな大満足です。(^^) 

お昼過ぎに、やっと半分が空きました。

広々したところで、早速プラレールを作り始めました。

どんどんレールがつながっていきます。

午後、スタッフの机の位置もいつもの場所に戻しのんびりしていたら、
体育祭帰りの中学生が寄っていってくれました。 

話をしながら、残っていたお好み焼きをぺろりと平らげます。
さすが、頼もし~。 


ただただお好み焼きを食べてみんなで遊んでいた一日ですが、
安心してのんびりゆっくりできることが、
慌ただしい毎日を過ごしている子どもたちにとっては、
とても大切な時間なのではないかと思います。
 

次回は、10月22日(土)を予定しています。
子どもたちに人気の「海辺工房ひとで」に来てもらって工作をします。
楽しみ楽しみ。(^^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度 お母さんのた... | トップ | 2016年10月22日のか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かっぱら広場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。