河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。
全ログ0013まで修復済161024

1351- さまよえるオランダ人 オペラパレス、新国立劇場2012.3.17

2012-03-21 22:41:24 | インポート

120317_132001

2011-2012シーズン聴いたコンサート観たオペラはこちらから。
2011-2012シーズン
.
2012年3月17日(土)2:00pm
オペラパレス、新国立劇場、初台
.
ワーグナー さまよえるオランダ人
.
演出、マティアス・フォン・シュテークマン
ダーラント、ディオゲネス・ランデス
ゼンタ、ジェニファー・ウィルソン
エリック、トミスラフ・ムツェック
オランダ人、エフゲニー・ニキティン
マリー、竹本節子
舵手、望月哲也

指揮、トマーシュ・ネトピル
東京交響楽団
新国立劇場合唱団
.
先月のボエーム以来の初台。この日はお初の指揮者。
序曲は昨今の若手指揮者の例にもれずにディテールにこだわるスローなテンポ。造形よりも見えなかったところに光をあてる、オペラなので造形は重視せずでこれはこれで悪くありませんが流れが悪い。昔は別にスピード感が無くても、グワグワ押してくる指揮者が多くいた。下り坂道のカーブで遠心力の限界でかろうじて持ちこたえるワクワク棒、晩年のクレンペラーとかベームの逆方針の指揮者たちですね。それが最近の指揮者というのは、まるで直線の上り坂を歩くように振る。カメ速だとたしかに右左いろいろなものがよく見えることは見える。でも遅すぎて造形がくずれたらバランスを失い転ぶ。下り坂ではなく上り坂で転ぶ、老人でもないのに。
それとも時間軸が構造物の一つの大きな要素であるということをやめてしまったのかな。
ここ1年ぐらい聴いた棒で言うと、上岡は構造物を崩壊に追い込んでいる。先般聴いたマーラーの4番は完全に崩れていて何を言いたいのか不明。今頃来たロマンチック街道なら表現のバリエーションの幅を自ら狭めているとしか言いようがない。目障りな棒さばきは横に置くとしてもトップオケの席を手中におさめるには音楽を造形芸術としても見るような視野が必要だろう。インバルは昔のような危ない橋を渡ることをやめてしまったがそれでもフォルムの認識はいまだに強いと思います。日本では迎合の誘惑に惑わされていると思います。ご本人のしたいこと、つまり昔のような棒が出来なくなりつつある焦燥感とは関係なく、日本で完全にブレークしている、このズレがあるように思います。ミスターSは昔から快速指揮者で今もそのコンセプトは変わらない。オケ含めた周りの尊敬の眼差しが局所的なものではなく、いたるところにあるようになった。それは、力、実力の認識、が広く伝播してきているからだと思う。それが演奏にあらわれていて快速でいて演奏者の高め合う力、つまり演奏そのものともうひとつ演奏者が自分自身を高める、その双方がシナジーして心地よいテンポでふくよかな名演がだいたい生まれるこのごろ。
ということでこの日はシンフォニーではないのでこちらもあまりひきずられないで聴いてはいられるのだが。

序曲はキッチリ一回終わり指揮者は聴衆に振り向きごあいさつ。今回のプロダクションは第1幕のあと休憩がある。第2、3幕は連続演奏。つまり曲が計2回途切れるというわけだ。第1幕から第2幕へ激しく舞台転換があったわけでもないので、よくわからない。昔、3幕ともきっちり一度終わるというのを見たことがあるが、曲想的な盛り上がりも中途半端で、とりあえず休憩しましょ、っていう感じでしたね。今回の第1幕のエンディングもそんな感じです。
それで、ダーラントとかオランダ人やエリックの歌を聴いていると、大向こうをうならせるというよりは、ピッチに目配り(耳配り)し、楽器と同じように正確に歌う。下から上までおしなべてまんべんなく正確。昔の東ドイツのオペラハウス専属歌手のような錯覚に陥った。演技性は比べ物になりませんが、歌唱といいますかそのような全体的なスタンスを感じました。まずは正確でなければ話にならないでしょうといったところか、でもその先はあまり見えない。
棒の影響なのか歌い手のせいなのか何かを特定するような話ではないのかもしれませんけれど、スローで双方ディテールを正しく演奏、斉唱する。悪くないですが、ヘビー級と正反対なものも割ともたれたり疲れたりするもんです。少し間延びしていたように思います。
第3幕終結に向かうゼンタとオランダ人の二重唱は正確性の勝利ではあったのかもしれません。押し寄せるワーグナーのトレモロ、それに乗る二重唱は現代感覚的な冷静な興奮をもたらしたと思います。
それでそのゼンタですが昔風の、巨体は馬力なり、といったところで、見た目ゼンタ像から少し離れてしまいましたが、それはそれとして声の伸びが素晴らしくハウスに響き渡る。特にクライマックスに向けて自然とドラマチックな盛り上がりとなる。このオペラは肩透かし風にあっというまにクライマックスになだれ込みますが、彼女の声は劇的で思わずその中に飛び込める。彼女も覚悟を決めて歌っている。
ゼンタは船に乗り込み絶唱、オランダ人は地上でうつ伏せながらもがく白熱の演技、構図としては救済には覚悟の死がいると説いているのか。伏せず直立して茫然自失でゼンタを見ながらエンディングというほうがこのプロダクションとしては説得力が増したような気もしました。
結局、聴後感としては全体的にコンパクトにまとまっている感じ。それから舞台については、道具、舞台そのものを割と頻繁に動かす。昔みたいにゴトゴトガタガタ音がせずスムーズでいい。思い通りの動かし方が出来ていると思います。初台ならではの舞台装置のおかげ。
今回、舞台そのものの遠近感はあまりでませんでしたが、歌い手が舞台のかなり前の方に出てきて歌う局面が多発。正確性と声量は反比例するのだろうか。前に出てきてもらった方が確かによく聴こえてはくる。

伴奏は東京交響楽団でした。この前観たボエームも確か同じだったと思います。シンフォニーオケの几帳面な造りの音で余計なものがとれたきれいなサウンドで新鮮でよかったと思います。
オーケストラの音は平土間(オーケストラと呼ばれる一階席)と天井桟敷とではかなり異なっていて、だいたいいつも良い悪いの感想がまちまちになる。
天井桟敷はオケの音がピットから上方にストレートに上っていき、そのダイレクト音を聴くことになるのでだいたい粗い感じがする。極端にいえばホルンの音を後ろから聴いているような感じです。粗い音はブレンドされておらず角もとれていないのでざらざらしていて街場できく素の騒音みたいなチープ感があります。
高価なウィスキーでもボトリングされたら年貢の納め時ですけれど、その上澄みだけグラスに注いでもらいすぐ飲むのと、ちょっと置いてから飲むのとではだいぶ味や風味が異なってきます。あっちこっちばらばらに向いていた風味(分子構造の向き?)が、置くことにより同一方向に揃ってくるといった話を聞いたことがあります。本当かどうかわかりませんがなんとなくうなずける。これと同じです。
天井桟敷の音はダイレクトで迫力がありますが、荒々しくていろんな音がいろんな方向を向いている。まだ落ち着いていない。しっくりと馴染んでいない。
一方、オーケストラ席(平土間席)で聴くサウンドは、オケピットから上に向かった音が天井にぶつかり、下に降り注がれるような感じになります。ちょっと荒々しかった音、シングルカスクの分子構造の向きが、ホールの空気になじみブレンドされ角がとれた良い響となる。
うまくなくてもデフォルメされてうまく聴こえてくると言われればそれまでですけれど、たしかにウィスキーは、腐っても鯛」ではありませんね。
年を取ったら角が取れるという言葉がありますが、あれは嘘で、年をとったら角が多くなりすぎて遠くから見たら丸く見える、ということにすぎないと思っております。時間を置いた音は角が取れて丸くなるのか角だらけになるのか、物理的な作用とは別に、それはもはや聴き手の耳に任せられているのかも。それはそれで楽しい事ではあるのですけれど。
あっち、こっち、いろんな席に座って確かめるのもいいかもしれません。初台には本格的なドレスサークルはありませんが、だいたい音はよくないですね。全体キャパが無い分、ダイレクトサウンド系だがデッド感はそんなに強くないといったところだと思います。
それと、この日の指揮者、いろいろありましたけれどこの音楽芸術を広めなければならないという気概が感じられる情熱と真摯さがまざったいい指揮者でした。
壮年期のベームはこのオペラ、バイロイトでは飛ばしていましたね、2時間20分あまり。押す一手でドラマチック。クナとかはそもそもこのオペラは振ってません。
今日の指揮者ももっとドラマチックな展開が出来るように今後に期待します。この四半世紀、オペラは演劇性がきわめて強くなり、演奏の方はつられてディテールへのこだわりが出てきているのかもしれませんけど。
シンフォニーなどオーケストラ演奏のディテールへのこだわりはまた別の話しだとは思いますよ。
おわり

.

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1350- やっぱり空気が変わった!ミスターS、読響、DS1、AB3、2012.3.7

2012-03-09 00:09:11 | インポート

2011-2012シーズン聴いたコンサート観たオペラはこちらから
2011-2012シーズン
.
2012年3月7日(水)7:00pm
サントリーホール
.
ショスタコーヴィッチ 交響曲第1番
ブルックナー 交響曲第3番
(1889年稿に拠るノヴァーク最終版をもとにして、ミスターSが自身の独自アイデアを盛り込む・版)
.
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ 指揮
読売日本交響楽団
.
まるで何十年も厳格トレーナーのもとにでもいたかのように透明で引き締まった響きが冒頭から出現。いつものこととはいえミスターS88才、驚異の耳による練習だけではなく、やっぱりメンバーの気持ちに直接作用する何かがあるのだろうか、個々の力の頂点の結集をまいど魅せつけられる、素晴らしい演奏でした。
このショスタコーヴィッチの1番は音の響きで最後の15番と親近性を感じさせる。もともとサラサラした響きが多く2番から14番までとは別世界。透明で凝縮された演奏は圧倒的でした。また言葉を弄してもよいなら、第16番の世界のように聴こえてきた。何たる不思議!
ミスターSは1番派なのかなと思った時もありました。クルト・ザンテルリンクはそれこそ執拗に15番を追い続け振りぬきましたね。かたやミスターSは1番の方向なのかなと、両巨匠の方向感の違いが面白いと思った時もありました。でも、ミスターSはショスタコーヴィッチに関しては14番までは存在しなくて、かつ、第15番を越えた次の解釈を示したような気がします。この日の1番は響きの充実度透明感で圧倒的であり、ミスターSが振ると形式が丸裸にされてしまうので恐ろしいのですけれど、あえてその奇妙で無骨とさえいえる形式まで一つの魅力にしてしまいました。
ザンテルリンクはいきつく先、到達点としての15番であり、執拗な演奏回数を誇るマーラーの10番も同じスタンスだと思います。かたやミスターSの1番というのは、終わりから始まる、といった感じで19歳の交響曲とは思えぬ手応えありの演奏解釈であったと思います。1番のピアノが15番のパーカッションの延長のように聴こえてくる。
ピアニシモによる静謐なパーカッションの饗宴で15番が締めくくられる、そのあと確かに今一度、1番のCDを手に取りたくなりました。オケの実力的にはザールブリュッケンなど凌ぐ読響の腕ですから、イメージとしてはこの日のような1番のCDを手に取って聴きたいと思います。でもこれほど見事な演奏のCDを見つけ出すのは簡単ではないと思います。
.
後半のブルックナーは、この指揮者のスタイルとして基本的にインテンポを貫きます。第1楽章の主題群が一通り済んだ後の展開部におけるブラス主題など突進状態ですからもう一段アクセルを踏みなおした感のあるド迫力。彼からすると最近の若者指揮者のやたらとディテールにこだわりをもった微にいり細にいりの流行はなんだろうなと思っているのではないかと推測しますね。ブルックナーの美しい構造物をぶち壊しにするような惰演は誰が流行らせたのか、チェリは胃が持たれたが構造物としての美形がギリギリのところで保たれていたような気がしましたのでそのあとの時代ですかね。CDの録音とかがツルツルによくなったので細かいところまでゆっくり聴くことができるような配慮でしかないような演奏が多いよ、Sがそう思っているのかどうかは神のみぞ知る。とにかくSが振るブルックナーは圧倒的な構造物になるわけです。7番などあまりに完璧な造形物演奏で第4楽章の弱さが露骨に出てしまうという痛し痒しの演奏になったりもします。(7番

でもだからといって誇張はない。誇張はバランスを一時的に生むが最終的には人工的であるがゆえに壊れてしまう。まさに昨今の日本人指揮者をはじめとするブルックナーをまともに振れない連中が雁首そろえてお手本にするべき演奏がここにあるわけです。聴衆も支持してます。なのになぜディテール演奏が流行るのか、もはや素人にはなにもわかりません。
濃い第2楽章。この味わい深い清涼感は前半のショスタコーヴィッチを思い起こさせるに十分なものがある。清らかに流れる音楽は美しい。これ以上素朴になる素材はないのではないかと思えるようなフレーズをものの見事に操っていきます。
ホルンは他オケの人だと思いますが、このブルックナーでは全楽章各所で出だしが決まらず不安定。ノンビブは魅力的ではあるのですけれど、周りを引っ張っていくような雰囲気がなく、残念。
シンプルイズベスト朱肉印的構造の第3楽章、骨組みを支える微妙な陰影はもはや言葉が見当たらない。彫の深さ、スピード感、全てが圧倒的。
終楽章はだいぶ改変しているように聴こえた。ミスターSの編曲でさらに強固な構造物となる。3主題間の明白な区切りよりも、提示部から展開部へ、そして再現部、さらにここからコーダです、という感じで非常に明確な輪郭。決してシームレスなスタイルではなくて、やはり大型船ではなくそびえたつスカイスクレイパーの強固な地盤のような感じ。そしてこれ以上ない妥当なテンポ感覚。末梢神経的な演奏を繰り返す若者指揮者たちには見習ってほしいものだが、その前にまともに3番など振れないだろう。
抑制のきいたコーダの解放感は、それまでのプロセスに応じた見事な解決であり決してバランスを見失うことのないミスターS一流の表現と称したい。
.
ミスターSは譜面台を何に使うのだろうか。いつ倒れてもいいように支えにしているだけだろう。冴えた頭の中にはオタマと進行する芸術の構造物の構築方法とその表現方法がしっかりとおさまっているのだろう。
おわり

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1349- ジャン・クリストフ・スピノジ 新日フィル 新世界2012.3.2

2012-03-06 20:55:45 | インポート

2011-2012シーズン聴いたコンサート観たオペラはこちらから。
2011-2012シーズン

2012年3月2日(金)7:15pm
すみだトリフォニー
.
モーツァルト 魔笛、序曲
モーツァルト 交響曲第35番ハフナー
ドヴォルザーク 交響曲第9番 新世界より
.
ジャン・クリストフ・スピノジ 指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団

前半のモーツァルトは譜面台なし、後半ドヴォルザークはしっかりと第1楽章提示部繰り返し用の折れ目を付け直したりしながら、スコア全般にポストイットだらけでわりと見ながら振りまくる。
前半の古典派オペラ系を得意にする指揮者のように見受けられたが最も印象にあるのは後半のドヴォルザーク。リタルダンドとか脇目も振らず、作曲家特有のシンコペ的なアクセントを強烈に押しながらひたすら前進あるのみ。超名曲であるがゆえに振っているようにも見える棒と解釈は、めったに振らないが振れば爆発するバーンスタインの新世界を思い起こさせるに十分なものがある。若きバーンスタイン以上に体が飛び跳ねそうだが、軽そうな割にはいやみのない棒。観て聴いている方もうきうきしてくる。ぶ厚いオーケストラサウンドをこのようにドライブする指揮者の才覚。オーケストラのだいご味は、とんでもない巨大なサウンドが右に左に自由自在に動くことであり、それは当然指揮者の力量しだいだ。この演奏の対極の解釈は誰だ、このような妙な質問があるとすれば、この日の演奏以外は全て対極だ、そんな感じのワンダフルな演奏でした。
.
前半のモーツァルトは最初の魔笛序曲の振りをみればわかるとおりいつまでもこの曲を振っていたい感じ、つまりこのオペラに通じていて序曲は、さてオペラが始まる、結末は?みなさん最後まで聴いて。そんな感じのオペラ大好き指揮者のように見受けられる。いやいやだんだん尻上がりの棒ではなく、最初からのりのり。雰囲気よくわかります、今、充実の棒なんだろうと思う。また、上っ面で流すようなことがなく彫りの深い表現で殊の外かみしめて聴く様なモードにさせられる。このスタイルならこのマジックフルート、最後まで聴きたくなってしまう、長いが。
序曲が終わり拍手に引っ張られて2回目に出てきて拍手を制止、トロンボーンらがあわてて退場するまもなくハフナーが始まりました。序曲との調性の関係なのか、ハフナーの冒頭の音には違和感を持ちました。序曲とは離れた調で、こんな場合はやっぱり一呼吸おいてから演奏を始めてほしいと思います。
ハフナーも流暢に流れるような棒でありながら彫りの深い演奏表現でどんどん突き刺してくる。流暢で流れる棒のように一見するとそうみえるが実は全く違う棒だと思う。新世界でもそうですがこのモーツァルトも非常にダイナミックなアクセント、ときにはどぎつすぎるのではないのかと思えるぐらい強烈な垂直への押し。それでいて重苦しくなく楽しげな音楽の花火になっているのはもはやこの指揮者の特質そのものだと言わざるを得ない。棒も実は深い。
フランスの若いサラリーマンが会社の帰りに背広姿のままで振っているような(なんてさまになっているんだろう!)、重くならないのは、粋、だからなんですよ、きっと。
おわり

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加