河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。
全ログ0013まで修復済161024

2300- ベンジャミン・ブリテンの世界、2017.3.26

2017-03-26 21:34:45 | リサイタル

2017年3月26日(日) 3:00-5:30pm 石橋メモリアルホール、上野学園

ブリテン 作曲

5つのワルツより、第2曲、第5曲  2′3′
  ピアノ、加藤昌則
トーク(加藤) 7′
組曲、休日の日記Op.5より、第2曲出帆、第3曲移動遊園地  6′3′
  ピアノ、三浦友理枝
トーク(加藤、三浦) 7′
無伴奏チェロ組曲第1番Op.72より、無窮動と第4の歌  3′
  チェロ、辻本玲
トーク(加藤) 5′
オヴィディウスによる6つのメタモルフォーゼOp.49より、
  オーボエ、荒絵理子
   1. パン 2′
トーク(加藤) 1′
   2. フェートン 2′
トーク(加藤) 1′
   4.バッカス 2′
トーク(加藤) 1′
   6.アレトゥーサ 3′
トーク(加藤、荒) 3′
2つの昆虫の小品 バッタ、スズメバチ  3′2′
  オーボエ、荒絵理子 ピアノ、加藤昌則
Int
トーク(加藤、鈴木) 3′
ミケランジェロの7つのソネットOp.22
  第16,31,30,55,38,32,24番  2′1′4′2′1′2′3′
  テノール、鈴木准
トーク(加藤、鈴木、辻本) 15′
チェロ・ソナタハ長調Op.65 7′2′5′2′2′
  チェロ、辻本玲 ピアノ、三浦友理枝
トーク(加藤) 4′
夏の名残りのバラ  3′
 テノール、鈴木准
 ピアノ、三浦友理枝
 オーボエ、荒絵理子
 チェロ、辻本玲

(encore)
トーク(加藤) 2′
フォギュー・デュー 2′
テノール、鈴木准
 ピアノ連弾、三浦友理枝、加藤昌則
 オーボエ、荒絵理子
 チェロ、辻本玲
トーク(加藤) 1′
グリーンスリーブス 3′
 テノール、鈴木准
 ピアノ連弾、三浦友理枝、加藤昌則
 オーボエ、荒絵理子
 チェロ、辻本玲

東京春音楽祭2017の企画もの、ベンジャミン・ブリテンの世界Ⅰ、来年以降2021年までⅡⅢⅣⅤと続くようです。
今日の企画構成はピアノの加藤昌則さん。
トークショーのような感じであまり楽しめなかった。お話が盛りだくさんで長すぎ。果てはメタモルフォーゼでは曲毎にトーク。
普段聴いている演奏会と同じと思ったのですけれども冗長でちょっとうんざり。
トークを長々とやるより、作品の断片ではなく全曲を演奏して欲しかった。

後半のソネット、チェロ・ソナタこれは大いに楽しめましたね。
ソネット7曲はプログラムとは別にリブレットがあり聴き応え十分。特に3曲目の30番が印象に残りました。
全般にわたり陰影がありそこはかとなく人のあやが浮き出てくる。いい歌でした。鈴木さんは譜面無し。
チェロ・ソナタの辻本さんはオーケストラのほうで毎度拝見しておりますし、辻本さんワールド、オールマイティ、凄さがさらに良く分かったひと時でした。
おわり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2299- シベリウスVn協、サラ... | トップ | 2301- 神々の黄昏、ヤノフス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。