河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。
全ログ0013まで修復済161024

634‐ようやくメータが出てきた。NYP 1983.10.11 その2

2008-07-06 20:48:04 | 音楽

19831984シーズン聴いた演奏会のことですが、ちょっと間隔があいてしまいました。

631-の続きです。

.

といっても、演奏の翌日のニューヨーク・タイムズにのった評です。

書いてるのは言わずと知れたドナル・ヘナハンの限りなくわかりにくい文章。あいもかわらずですが。。

全訳はあとで暇なときにアップします。

.

音楽監督のズービン・メータがオープニングの棒も振らず、一か月ほどしてからようやくこの日、今シーズン初振り。イスラエル・フィルとのツアーの優先度が高いものなのか、あまりよろしくは書いてません。

それでも冷静なヘナハンのこと、この日の演奏についてはあまり感情をはさまず、淡々と評を書いているのが印象的です。

マーラーの5番が巨大な曲に変わりはありません。昔と違い昨今はマーラーが日常茶飯事で、やるほうも聴くほうも普通になってしまいましたが、技術と泣き節だけの演奏が大半をしめてしまった昨日今日の演奏はプラケースにはいった豆腐のようで、なにか味気ない。

音楽そのものの推進力、リスクをおかすに値するもの、そのようなものがなくなってしまったような気がします。以前のスリリングな様が消えるとき表現は陳腐になります。

ヘナハンはあくまでもこの曲を巨大な難物として評を下している。

人気blogランキングへ

Banner2_1 人気blogランキングへ

2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加