河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。
全ログ0013まで修復済161024

2251- ルドルフ・ビング、オリジナル・フォト

2016-12-28 11:50:38 | met

1971年10月31日、ジョフリー・バレエ、シーズン初日
シティ・センター、ニューヨーク

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2249- MET2017カレンダー

2016-12-27 19:48:43 | met

2017年版が送られてきましたので貼り付けておきます。

横型、2016年も横型でした。その前は縦型でしたのでどうも使い勝手が良くなかった。改善されています。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2023- エヴァ・マルトンはファン・ポンスのエルボーであごがはずれてもトスカを最後まで歌った、1986.10.20

2015-11-25 23:42:32 | met

今、新国立ではトスカを上演中、その初日に行きました。感想は感想として、別のことを思い出しました。昔の話しを再アップしておきます(長いです)。


1986年10月22日(水)のニューヨーク・タイムズ一面トップは二日前のメトのハプニングで彩られました。
トスカ上演中、演技が過剰になったのか、スカルピア役のファン・ポンスのエルボーでトスカ役のエヴァ・マルトンのあごがはずれてしまった。

これは10月20日(月)のことで、河童はこの日のサブスクリプションを持っておらずそれを見ることはできませんでした、残念というか。
この日、相手役のマリオのドミンゴはどうしてたのかしら、というところもありますね。
マリオ・カヴァラドッシはドミンゴ、パヴァロッティ、両方観たことありますので、ゼッフィレルリのプロダクションの面白い話しはまた別の機会に、ということで。

とりあえず、マルトンのあごの話し。

以下は拙訳です。
1は一面のヘラルド・ショーンバーグ。(拙訳)
2はインサイド・ページのドナル・ヘナハン。(拙訳)
3は河童感想です。

記事中、2幕の歌に生き恋に生きのうつ伏せ歌唱に関しての話しもでます。ソプラノのマリア・エリッツァのことですね。

エヴァ・マルトンのあご1

エヴァ・マルトンのあご2

エヴァ・マルトンのあご3

以上、記事の意訳なんですが、2006年にアップしてからいろいろとコピペいただきました。某、本にもしっかりいただかれました。
特にこだわりありませんので、
ありがとうございました。
おわり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1790-1/4 メトロポリタン・オペラ上演回数28116回、全順位 (初日から2013-2014シーズンまで)

2015-04-16 23:19:53 | met

2013-2014シーズンほぼエンドまでの合計です。
全部で28116回!!
1000回越え!!が2演目。圧倒的なのは何と言ってもボエームとアイーダ。
1000回に迫る勢いなのが、カルメン、椿姫、トスカ、リゴレット、蝶々夫人。
ワーグナーは12位にローエングリンが顔を出します。27位にパルジファル295回。このうち20回弱は観るほうで参加。
86位のラクメなんて一番最近の上演が1947年。
数字を見るだけでも歴史がわかる。
ボエームの初演が1896年、メトが出来たのが1883年、それにしてもすごい。

日付は、MM/DD/YYYYです。


1-80
82-158
162-223
236-308

順位 回数   演目 初日 最近
1位 1259   La Bohème 11/09/1900 04/18/2014
2位 1132   Aida 11/12/1886 12/28/2012
3位 985   Carmen 01/05/1884 03/01/2013
4位 984   La Traviata 11/05/1883 04/06/2013
5位 937   Tosca 02/04/1901 12/28/2013
6位 863   Rigoletto 11/16/1883 12/07/2013
7位 855   Madama Butterfly 02/11/1907 05/09/2014
8位 752   Faust 10/22/1883 04/05/2013
9位 712   Pagliacci 12/11/1893 04/10/2009
10位 671   Cavalleria Rusticana 12/04/1891 04/10/2009
11位 637   Il Trovatore 10/26/1883 01/24/2013
12位 618   Lohengrin 11/07/1883 05/06/2006
13位 607   Il Barbiere di Siviglia 11/23/1883 01/05/2013
14位 591   Lucia di Lammermoor 10/24/1883 06/19/2011
15位 538   Don Giovanni 11/28/1883 12/20/2012
16位 537   Die Walküre 01/30/1885 05/06/2013
17位 471   Tannhäuser 11/17/1884 12/18/2004
18位 458   Le Nozze di Figaro 01/31/1894 11/17/2012
19位 455   Tristan und Isolde 12/01/1886 12/20/2008
20位 417   Die Zauberflöte 03/30/1900 01/04/2014
21位 409   Die Meistersinger von Nürnberg 01/04/1886 03/13/2007
22位 384   Der Rosenkavalier 12/09/1913 12/13/2013
23位 329   Roméo et Juliette 04/16/1884 03/26/2011
24位 325   Otello 11/23/1891 03/30/2013
25位 297   Un Ballo in Maschera 12/11/1889 12/14/2012
26位 296   Turandot 11/16/1926 01/10/2013
27位 295   Parsifal 12/24/1903 03/08/2013
28位 287   La Gioconda 12/20/1883 10/09/2008
29位 284   L'Elisir d'Amore 01/23/1904 02/01/2014
30位 273   Boris Godunov 03/19/1913 03/17/2011
31位 271   Siegfried 11/09/1887 05/08/2013
32位 266   Manon 01/16/1895 04/23/2012
33位 264   Hänsel und Gretel 11/25/1905 01/07/2012
34位 256   Les Contes d'Hoffmann 01/11/1913 10/19/2010
35位 236   Götterdämmerung 01/25/1888 05/11/2013
36位 230   Fidelio 11/19/1884 04/13/2006
36位 230   La Forza del Destino 11/15/1918 03/23/2006
38位 226   Samson et Dalila 02/08/1895 03/02/2006
39位 223   Die Fledermaus 02/16/1905 02/22/2014
40位 215   Manon Lescaut 01/18/1907 02/23/2008
41位 209   Don Carlo 12/23/1920 03/16/2013
42位 187   Così Fan Tutte 03/24/1922 05/08/2014
43位 185   Andrea Chénier 03/01/1921 04/12/2014
43位 185   Falstaff 02/04/1895 01/11/2014
45位 168   Das Rheingold 01/04/1889 05/04/2013
46位 157   Salome 01/22/1907 10/16/2008
47位 156   Norma 02/27/1890 11/01/2013
48位 154   Der Fliegende Holländer 11/27/1889 05/14/2010
49位 148   Eugene Onegin 03/24/1920 12/12/2013
50位 139   Simon Boccanegra 01/28/1932 02/05/2011
51位 138   Gianni Schicchi 12/14/1918 12/12/2009
52位 135   Don Pasquale 12/23/1899 02/19/2011
53位 129   Les Huguenots 03/19/1884 04/26/1915
54位 116   Martha 01/04/1884 02/03/1968
55位 114   Pelléas et Mélisande 03/21/1925 01/01/2011
56位 110   Mignon 10/31/1883 05/18/1949
57位 109   La Fille du Régiment 01/06/1902 01/06/2012
58位 104   La Fanciulla del West 12/10/1910 01/08/2011
59位 101   Elektra 12/03/1932 12/29/2009
60位 99   Le Prophète 02/12/1884 10/26/1979
61位 98   Macbeth 02/05/1959 04/09/2012
61位 98   Orfeo ed Euridice 04/11/1885 05/14/2011
63位 94   Ernani 01/28/1903 02/25/2012
64位 91   Ariadne auf Naxos 12/29/1962 05/13/2011
65位 86   Luisa Miller 12/21/1929 04/01/2006
65位 86   The Bartered Bride 02/19/1909 02/20/2011
67位 81   La Sonnambula 11/14/1883 04/01/2014
67位 81   Werther 03/29/1894 03/15/2014
69位 80   Il Tabarro 12/14/1918 12/12/2009
70位 74   Suor Angelica 12/14/1918 12/12/2009
71位 73   Adriana Lecouvreur 11/18/1907 02/28/2009
71位 73   Thaïs 02/16/1917 01/08/2009
73位 71   Africaine 12/07/1888 02/24/1934
73位 71   L'Africaine 12/07/1888 02/24/1934
73位 71   L'Italiana in Algeri 12/05/1919 03/17/2004
73位 71   Peter Grimes 02/12/1948 03/24/2008
73位 71   The Queen of Spades 03/05/1910 03/26/2011
78位 70   La Juive 01/16/1885 12/19/2003
79位 69   Wozzeck 03/05/1959 03/22/2014
80位 68   Die Entführung aus dem Serail 11/29/1946 05/07/2008
80位 68   Le Coq d'Or 03/06/1918 05/03/1945



1-80
82-158
162-223
236-308

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1789-2/4 メトロポリタン・オペラ上演回数28116回、全順位 (初日から2013-2014シーズンまで)

2015-04-16 23:17:12 | met


1-80
82-158
162-223
236-308

順位 回数   演目 初日 最近
82位 67   Idomeneo 10/14/1982 12/09/2006
82位 67   Mefistofele 12/05/1883 02/26/2000
84位 66   L'Amore dei Tre Re 01/02/1914 01/15/1949
85位 65   Die Frau ohne Schatten 10/02/1966 11/26/2013
86位 63   Lakmé 02/22/1892 05/01/1947
87位 58   Arabella 02/10/1955 04/24/2014
88位 57   Dialogues des Carmélites 02/05/1977 05/11/2013
88位 57   I Puritani 10/29/1883 05/10/2014
88位 57   Nabucco 10/24/1960 11/17/2011
91位 55   L'Oracolo 02/04/1915 01/20/1933
91位 55   Oracolo 02/04/1915 01/20/1933
93位 54   La Périchole 12/21/1956 05/27/1971
93位 54   Porgy and Bess 02/06/1985 12/06/1990
95位 52   Louise 01/15/1921 02/05/1949
96位 49   Verdi Requiem Mass 02/17/1901 09/18/2008
97位 47   Billy Budd 09/19/1978 05/12/2012
98位 46   Die Königin von Saba 12/02/1885 04/16/1906
99位 45   I Vespri Siciliani 08/23/1967 12/11/2004
99位 45   Jenufa 12/06/1924 02/17/2007
99位 45   La Clemenza di Tito 10/18/1984 12/10/2012
102位 44   Les Troyens 10/22/1973 01/05/2013
103位 43   Francesca da Rimini 12/22/1916 03/22/2013
104位 39   Königskinder 12/28/1910 04/18/1914
104位 39   Rise and Fall of the City of Mahagonny 11/16/1979 12/09/1995
106位 38   Khovanshchina 02/16/1950 03/17/2012
106位 38   La Cenerentola 10/16/1997 05/10/2014
108位 36   Lulu 03/18/1977 05/15/2010
109位 35   Fedora 12/05/1906 05/01/1997
110位 33   Giulio Cesare 09/27/1988 05/10/2013
110位 33   La Rondine 03/10/1928 01/26/2013
112位 31   L'Enfant et les Sortilèges 02/20/1981 03/28/2002
112位 31   Le Rossignol 03/06/1926 02/21/2004
112位 31   Les Mamelles de Tirésias 02/20/1981 03/28/2002
112位 31   Parade 02/20/1981 03/28/2002
112位 31   William Tell 11/28/1884 12/05/1931
117位 30   Der Freischütz 11/24/1884 04/19/1972
118位 28   Semiramide 03/22/1892 01/16/1993
119位 27   Rusalka 11/11/1993 02/15/2014
120位 26   La Damnation de Faust 02/02/1896 11/17/2009
120位 26   The Merry Widow 02/17/2000 01/17/2004
122位 25   La Favorita 11/29/1895 06/09/1978
123位 24   Bluebeard's Castle 06/10/1974 05/21/2000
124位 23   Oedipus Rex 12/03/1981 02/21/2004
124位 23   Stiffelio 10/21/1993 01/30/2010
124位 23   Stravinsky 12/03/1981 02/21/2004
124位 23   The Rake's Progress 02/14/1953 05/03/2003
124位 23   Zazà 01/16/1920 04/22/1922
129位 22   Le Sacre du Printemps 12/03/1981 02/21/2004
129位 22   Peter Ibbetson 02/07/1931 04/04/1935
129位 22   Rodelinda 12/02/2004 12/10/2011
132位 21   Rienzi 02/05/1886 02/26/1890
132位 21   Rinaldo 01/19/1984 06/27/1984
134位 20   Sadko 01/25/1930 04/16/1932
135位 19   A Midsummer Night's Dream 11/25/1996 10/31/2013
135位 19   Iphigénie en Tauride 11/25/1916 03/05/2011
135位 19   Kát'a Kabanová 02/25/1991 01/01/2005
135位 19   Madame Sans-Gêne 01/25/1915 04/08/1918
135位 19   Prince Igor 12/30/1915 03/08/2014
135位 19   The Siege of Corinth 04/07/1975 01/24/1976
141位 18   Alceste 01/24/1941 02/11/1961
141位 18   Der Barbier von Bagdad 01/03/1890 01/08/1926
141位 18   Der Zigeunerbaron 02/15/1906 05/31/1960
141位 18   The Makropulos Case 01/11/1996 05/11/2012
141位 18   Vanessa 01/15/1958 04/13/1965
141位 18   War and Peace 02/14/2002 01/03/2008
147位 17   Hamlet 02/21/1884 04/09/2010
147位 17   The Enchanted Island 12/31/2011 03/20/2014
147位 17   The King's Henchman 02/17/1927 03/28/1929
150位 16   Iris 12/06/1907 04/09/1931
150位 16   Petrouchka 02/06/1919 04/17/1926
150位 16   The Last Savage 01/23/1964 05/24/1965
153位 15   Armida 04/12/2010 03/05/2011
153位 15   Death in Venice 10/18/1974 02/26/1994
153位 15   Lady Macbeth of Mtsensk 11/10/1994 03/30/2000
153位 15   Mârouf 12/19/1917 05/27/1937
153位 15   The Emperor Jones 01/07/1933 04/05/1934
158位 14   Die Ägyptische Helena 11/06/1928 04/07/2007
158位 14   Il Segreto di Susanna 12/13/1912 04/27/1922
158位 14   Le Comte Ory 03/24/2011 02/05/2013
158位 14   Satyagraha 04/11/2008 12/01/2011



1-80
82-158
162-223
236-308

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1788-3/4 メトロポリタン・オペラ上演回数28116回、全順位 (初日から2013-2014シーズンまで)

2015-04-16 23:16:04 | met


1-80
82-158
162-223
236-308

順位 回数   演目 初日 最近
162位 13   Capriccio 01/09/1998 04/23/2011
162位 13   Dido and Aeneas 02/17/1973 03/09/1973
162位 13   I Gioielli della Madonna 12/12/1925 02/12/1927
162位 13   Oberon 12/28/1918 01/06/1921
162位 13   Philémon et Baucis 11/29/1893 01/27/1903
162位 13   Syllabaire pour Phèdre 02/17/1973 03/09/1973
162位 13   The Ghosts of Versailles 12/19/1991 04/21/1995
162位 13   The Nose 03/05/2010 10/26/2013
170位 12   Anna Bolena 09/26/2011 02/04/2012
170位 12   Die Tote Stadt 11/19/1921 02/26/1923
170位 12   Four Saints in Three Acts 02/20/1973 03/10/1973
170位 12   La Cena delle Beffe 01/02/1926 01/11/1927
170位 12   La Navarraise 12/11/1895 01/09/1922
170位 12   La Ventana 11/06/1967 12/30/1967
170位 12   Moses und Aron 02/08/1999 12/23/2003
170位 12   The Bat 05/20/1936 04/06/1938
170位 12   The Blue Bird 12/27/1919 04/02/1921
170位 12   The First Emperor 12/21/2006 05/17/2008
170位 12   The Great Gatsby 12/20/1999 05/11/2002
170位 12   The Voyage 10/12/1992 04/11/1996
182位 11   Der Trompeter von Säkkingen 11/23/1887 02/24/1890
182位 11   I Lombardi alla Prima Crociata 12/02/1993 05/13/1994
182位 11   Le Cid 02/12/1897 04/04/1902
182位 11   Mourning Becomes Electra 03/17/1967 12/28/1967
182位 11   Skyscrapers 02/19/1926 01/21/1927
182位 11   Snegurochka 01/23/1922 04/16/1923
182位 11   The Gambler 03/19/2001 04/12/2008
189位 10   Anima Allegra 02/14/1923 03/28/1924
189位 10   Attila 02/23/2010 03/27/2010
189位 10   Boccaccio 01/02/1931 04/06/1931
189位 10   Erwartung 01/16/1989 02/21/1989
189位 10   Esclarmonde 11/19/1976 12/20/1976
189位 10   Euryanthe 12/23/1887 02/26/1915
189位 10   Loreley 03/04/1922 01/08/1923
196位 9   Armide 11/14/1910 02/11/2012
196位 9   Cleopatra's Night 01/31/1920 02/23/1921
196位 9   Cyrano de Bergerac 05/13/2005 03/16/2006
196位 9   Doctor Atomic 10/13/2008 11/13/2008
196位 9   Don Quichotte 04/03/1926 12/21/1926
196位 9   Fra Diavolo 12/24/1902 04/23/1910
196位 9   Germania 01/22/1910 02/06/1911
196位 9   Il Pirata 10/21/2002 02/08/2003
196位 9   La Vestale 11/12/1925 01/04/1927
196位 9   Lodoletta 01/12/1918 02/15/1919
196位 9   Manru 02/14/1902 04/19/1902
196位 9   Merry Mount 02/10/1934 04/12/1934
196位 9   Sly 04/01/2002 05/04/2002
209位 8   An American Tragedy 12/02/2005 12/28/2005
209位 8   Antony and Cleopatra 09/16/1966 12/01/1966
209位 8   Benvenuto Cellini 12/04/2003 01/01/2004
209位 8   Die Puppenfée 01/08/1890 02/21/1905
209位 8   Donna Juanita 01/02/1932 02/10/1932
209位 8   Il Maestro di Cappella 12/09/1909 04/20/1910
209位 8   La Campana Sommersa 11/24/1928 12/20/1929
209位 8   Le Donne Curiose 01/03/1912 03/20/1913
209位 8   Linda di Chamounix 03/01/1934 03/25/1935
209位 8   Maria Stuarda 12/31/2012 01/26/2013
209位 8   Mazeppa 03/06/2006 03/30/2006
209位 8   Samson 02/03/1986 03/06/1986
209位 8   The Robin Woman: Shanewis 03/23/1918 04/04/1919
209位 8   The Tempest 10/23/2012 11/17/2012
223位 7   A View from the Bridge 12/05/2002 12/28/2002
223位 7   Amelia Goes to the Ball 03/03/1938 01/30/1939
223位 7   Ariane et Barbe-bleue 03/29/1911 03/02/1912
223位 7   From the House of the Dead 11/12/2009 12/05/2009
223位 7   Jonny Spielt Auf 01/19/1929 04/04/1929
223位 7   L'Heure Espagnole 11/07/1925 01/08/1926
223位 7   Lobetanz 11/18/1911 02/09/1912
223位 7   Mona Lisa 03/01/1923 02/18/1924
223位 7   Robert le Diable 11/19/1883 04/15/1884
223位 7   Schwanda, the Bagpiper 11/07/1931 12/30/1931
223位 7   Susannah 03/31/1999 04/22/1999
223位 7   The Canterbury Pilgrims 03/08/1917 04/21/1917
223位 7   Two Boys 10/21/2013 11/14/2013



1-80
82-158
162-223
236-308

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1787-4/4 メトロポリタン・オペラ上演回数28116回、全順位 (初日から2013-2014シーズンまで)

2015-04-16 23:14:29 | met


1-80
82-158
162-223
236-308

順位 回数   演目 初日 最近
236位 6   Alessandro Stradella 02/04/1910 02/25/1910
236位 6   Cyrano 02/27/1913 04/23/1913
236位 6   Doktor Faust 01/08/2001 01/29/2001
236位 6   L'Amico Fritz 01/10/1894 12/22/1923
236位 6   L'Attaque du Moulin 02/08/1910 03/09/1910
236位 6   La Serva Padrona 02/23/1935 01/14/1943
236位 6   Le Roi d'Ys 01/05/1922 03/06/1922
236位 6   Le Roi de Lahore 02/29/1924 04/19/1924
236位 6   Le Villi 12/17/1908 03/03/1909
236位 6   Madeleine 01/24/1914 03/25/1914
236位 6   Madonna Imperia 02/08/1928 04/07/1928
236位 6   Masaniello 12/29/1884 02/19/1887
236位 6   Nixon in China 02/02/2011 02/19/2011
236位 6   Saint Elisabeth 01/03/1918 03/13/1918
236位 6   Tiefland 11/23/1908 01/09/1909
236位 6   Zar und Zimmermann 11/30/1909 04/06/1910
252位 5   Asrael 11/26/1890 01/02/1891
252位 5   Dinorah 11/18/1891 02/03/1925
252位 5   Ero e Leandro 03/10/1899 03/14/1903
252位 5   Fra Gherardo 03/21/1929 04/12/1929
252位 5   Giovanni Gallurese 02/19/1925 03/24/1925
252位 5   Goyescas 01/28/1916 03/06/1916
252位 5   Il Carillon Magico 12/02/1920 01/01/1921
252位 5   Il Signor Bruschino 12/09/1932 01/24/1933
252位 5   Julien 02/26/1914 04/08/1914
252位 5   La Fille de Madame Angot 12/14/1909 02/23/1910
252位 5   La Notte di Zoraima 12/02/1931 01/12/1932
252位 5   La Reine Fiammette 01/24/1919 03/18/1919
252位 5   La Vida Breve 03/06/1926 04/05/1926
252位 5   Merlin 01/03/1887 02/11/1887
252位 5   Phoebus and Pan 01/15/1942 03/04/1942
252位 5   The Dance in Place Congo 03/23/1918 04/26/1918
252位 5   The Fair at Sorochintzy 11/29/1930 01/15/1931
252位 5   The Man Without a Country 05/12/1937 02/17/1938
252位 5   Versiegelt 01/20/1912 04/12/1912
252位 5   Violanta 11/05/1927 12/22/1927
272位 4   Crispino e la Comare 01/18/1919 02/10/1919
272位 4   Das Goldene Kreuz 11/19/1886 12/22/1886
272位 4   Dresden China 01/30/1891 03/06/1891
272位 4   Fernand Cortez 01/06/1888 01/14/1888
272位 4   Il Vassalo di Szigeth 12/12/1890 12/27/1890
272位 4   L'Amore Medico 03/25/1914 04/17/1914
272位 4   L'Histoire d'un Pierrot 12/28/1909 01/26/1910
272位 4   La Giara 03/19/1927 04/14/1927
272位 4   La Habanera 01/02/1924 03/04/1924
272位 4   La Wally 01/06/1909 02/04/1909
272位 4   Le Preziose Ridicole 12/10/1930 01/15/1931
272位 4   Les Pêcheurs de Perles 01/11/1896 12/13/1916
272位 4   Messaline 01/22/1902 02/07/1902
272位 4   Mireille 02/28/1919 04/16/1919
272位 4   Mona 03/14/1912 04/01/1912
272位 4   The Island God 02/20/1942 03/12/1942
288位 3   I Compagnacci 01/02/1924 02/16/1924
288位 3   In the Pasha's Garden 01/24/1935 02/13/1935
288位 3   La Dame Blanche 03/12/1885 02/13/1904
288位 3   Messiah 12/22/1895 01/19/1902
288位 3   Salammbô 03/20/1901 03/26/1901
288位 3   The Legend 03/12/1919 04/04/1919
288位 3   The Legend of Azyiade 12/20/1910 01/06/1911
288位 3   The Pipe of Desire 03/18/1910 03/31/1910
288位 3   The Polish Jew 03/09/1921 03/25/1921
288位 3   The Taming of the Shrew 03/15/1916 04/13/1916
288位 3   The Temple Dancer 03/12/1919 04/04/1919
299位 2   Apollon Musagètes 02/04/1938 02/16/1938
299位 2   Caponsacchi 02/04/1937 02/10/1937
299位 2   Der Wald 03/11/1903 03/20/1903
299位 2   Diana von Solange 01/09/1891 01/12/1891
299位 2   Elaine 12/17/1894 01/05/1895
299位 2   Errante 03/12/1936 03/20/1936
299位 2   Il Matrimonio Segreto 02/25/1937 03/05/1937
299位 2   Swan Lake 12/19/1911 12/26/1911
299位 2   The Warrior 01/11/1947 01/31/1947
308位 1   Cecilia Valdes 07/17/1965 07/17/1965
308位 1   Die Lustigen Weiber von Windsor 03/09/1900 03/09/1900
308位 1   Gallia 04/09/1922 04/09/1922
308位 1   Lucrezia Borgia 12/05/1904 12/05/1904
308位 1   Messe Solennelle 04/04/1920 04/04/1920
308位 1   Mors et Vita 04/08/1917 04/08/1917
308位 1   St. Francis Assisi 04/15/1917 04/15/1917
308位 1   The Happy Prince 08/21/1967 08/21/1967
308位 1   The Telephone 07/31/1965 07/31/1965
合計 28116       2013~2014まで



1-80
82-158
162-223
236-308

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1394- メトから来るのは寄付の催促とブックマークだけ。(ラジオ放送とライブヴューイング2012-2013)

2012-10-10 00:43:33 | met

メトから送られてくるのは、寄付のお願い。

Scan10639

おまけは、ブックマーク(笑)。

このブックマーク一応少し役立ちます。

表には、毎週土曜マチネーのブロードキャスト・スケジュール。(ラジオ生放送)

そのうち、ライヴヴューイングされるものもわかるようになってます。

裏は、ライヴヴューイング・スケジュール。

ブロードキャストは23回。

ライヴヴューイングは12回。

Scan10640_7



Scan10641_13




人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0024- エヴァ・マルトンのあご -3-

2006-07-22 16:03:06 | met

一般紙を意識した興味を抱かせる内容、また品位と節度のあるショーンバークに対して、ドミンゴやゼッフレルリをばっさり切りつけてみせる手厳しい評論のヘナハン。それでも過去や現在から何かを学び、将来の指針を示してくれているようでもある。

エヴァ・マルトンは幸せであると、河童は思う。そして、ニューヨーク・タイムズの第一面に別にどうってこともなく芸術論評を載せ、彼らの記事を読める人たちはやはり幸せであると思う。これがマンハッタンの素直な日常であるとともに、芸術のことも素直に前面に押し出され、文化がはぐくまれる素地となっている。

アメリカの芸術の場は基本的にフランチャイズである。MLBと同じである。各都市にそれぞれ素晴らしいオケとコンサート・ホール、オペラ・ハウスがある。豊かな国である。その頂点がメットやニューヨーク・フィルであることは事実だが、他の都市の実力も看過してはいけない。どこか一つの都市に着目し追いかけてみることを是非勧める。アメリカ音楽、ヨーロッパ音楽に対する間口の広さ、オケの腕、高レベルのオペラ、に驚くはずだ。世界観、視野、が大きく広がる。ヨーロッパ偏向でもよい。でもアメリカを知ることにより音楽の世界観が圧倒的に広がる。広がれば、価値判断基準が多様化し、結果として選択肢が広がり、自分なりの豊かな文化を享受できる。

日本人、日本の評論家、はいまでもヨーロッパ大好きである。別にヨーロッパを否定はしない。クラシック音楽はヨーロッパ・オンリー。テレビ、エンタメはアメリカのパクリ。といった構図は過去の遺物というわけでもない。

亡国の、ときのエンタメ総理の目を覆いたくなる下品な振る舞い、公私混同、プロデューサーに支配された喜劇のプロダクションのタイトルロール。支持率の高さは、曲が終わる前に拍手を始める人たちのその行為とオーバーラップする。音楽的側面からこの誤謬を指摘できる文化的節度をもった評論家などいない。評論家の創造性とは?

 

 

1986-10-20()

トスカ:エヴァ・マルトン

カヴァラドッシ:プラシード・ドミンゴ

スカルピア:ファン・ポンス

サクリスタン:イタロ・ターヨ

 

人気blogランキングへ

Banner2_1 人気blogランキングへ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0023- エヴァ・マルトンのあご -2-

2006-07-21 00:00:15 | met

Forup2_1








ヘナハンはいつもどおりの冷静な論評である。文章は限りなくわかりづらい。

THE NEW YORK TIMES  19861022()

インサイド・ページ

Opera:Marton Sings‘Tosca’ With Domingo

By DONAL HENAHAN

どのような状況においても、トスカは最も暴力的なオペラの一つである。しかし、メトロポリタン・オペラ今シーズン最初のトスカの公演がおこなわれた月曜日夜は特に過激なものであった。ハンガリーのソプラノ、エヴァ・マルトンが第2歌に生き、恋に生きを歌う直前のところで、彼女にとって強姦犯である極悪スカルピアから逃げようともみ合ううち、あごにひじを受けてしまった。休憩時間に、マルトンのあごがはずれていると舞台裏で声があがった。アクシデントは第2幕でマルトンが、このヴェリズモ・オペラで不誠実なローマの警視総監の役を演じているがっしりしたバリトンのファン・ポンスともみ合いになったときにおきた。手抜きなしの力で床に投げつけられたあと、マルトンはそこに横たわりおなかをつけたまま、トスカの有名な信念と絶望のアリア 歌に生き、恋に生き をむせび泣くように歌い始めた。実際のところ、このアリアのための伏せた形と言うのは、このオペラの歴史の初期段階でマリア・エリッチアがそのようにして以来、多くのトスカによって採用されてきた。おそらく、マルトンはエリッチアのように歌うつもりであった。いやたぶん違う。ポンスのひじが論点を未解決にした。歌のナンバーの途中、トスカが重要な局面で見捨てないよう神に祈るためにひざをあげた。アリアが終わり、自分の足を元の位置に戻そうとした。うっかりして見落としてしまい「オペラティック・カラテ」をしてしまったことを悔やんだのは疑う余地は無いが、そこでポンスは彼女にたくましい腕を差し出した。

終幕の前、舞台からのアナウンスが不安感を和らげた。いや、それは正しくない。あとで怪我であったことが判明したが、それでも彼女の独特なエキサイティングな衣装の計画を止めることは出来なかった。サン・アンジェロの城壁からの投身自殺の場面、いつもやられているような単に手すりを越えていくことをしなかった。壁の一番高いところに登り、明らかに楽しそうに身を投げた。これがこのオペラハウスが初めてのマルトンのトスカであった。この役が彼女にとって理想的であることを証明し、さらに純粋な歌唱力と燃えるような気質と言う点で最も顕著であると証明した。彼女の演技は信頼できるし、いつみても素晴らしい。知ってのとおりプッチーニのヒロインはローマの偉大な女優であり、マルトンのこの華々しい方法は誰も疑いを持たなかった。

心理的に複雑な研究があったわけではないが、このアクションは人の心をつかむ劇場においては役にたった。トスカたちの生涯において、例えば、私たちはまっすぐ突進して残忍に突き刺されるスカルピアを決してみることはないと思う。なぜなら、この暴力を受けたトスカは自分の犠牲者となるポンスに、トスカ自身がその舞台に夢中になることが出来るということを知らせたかったからに違いないからだ。確かに、彼女の印象的な歌に生き、恋に生きには、負傷している、というヒントになるものはなかった。(おそらく、メットは今後のトスカに、あごがはずれるという契約条項を明記することを考えなければならない。) 葬式の最後の場面を終わって何か制約があったようにも見えなかった。おそらく、トスカの彼の前で、全てのローマが震えるは、大雑把で浅はかというのではなくむしろ単調に唱えられた。しかし、それはマルトンの演技と調和しないというものではなかった。

トスカはしばしば、ふさわしい力量に欠けるソプラノにより試みられることがある。しかし、この夜はそのような問題はなかった。先シーズンのオープニング・ナイトのこの壮大なフランコ・ゼッフレルリのプロダクションの公演は劇的な失敗であった。しかし、多数のキャストの変更が、トスカが生きるか死ぬかといったある種粗野で荒れるようなエネルギーをもたらしてくれたことに感謝する。プラシード・ドミンゴの良く知られた声の大きなカヴァラドッシはしっかりと人をひきつけるものというわけではないが、いまだ聴衆を刺激する。もし彼が最近の星は光ぬで歌にツヤがなく、詩的なものが欠けているというのなら、アリアを昔のように普通でないドラマティックな悲嘆なものに変えることにより、今回は部分的に補った。終幕でゼッフレルリの空中に浮く地下牢に閉じ込められている一方で、以前のように星空を省略した。この幕は風景がまるでエレベーターのように上がったり下がったりするので、聴衆は楽しみを継続できる。しかしながら、プッチーニのオペラで最も感情を喚起させる間奏曲において、自分のために拍手を欲しがる人間というのはどのような種類の監督なのか?(河童注:舞台が上下するとき、誰も歌を歌っていないのに、その装置のすごさに聴衆から自然に拍手が湧くことを皮肉って言っていると思われる。)

メットで初めてスカルピアの役を演じたポンスは、もの柔らかに、力強く歌った。そしてマルトンのトスカに勇敢に立ち向かった。警視総監にふさわしく見える堂々とした紳士で、役にふさわしく決して残忍さや脂ぎった邪悪さを表に出さない。第一幕フィナーレでは他のスカルピア役よりも、オーケストラに負けず頑張っていた。しかしながら、ここは優秀な当公演の指揮者ガルシア・ナヴァーロがスコアをもう少し巧みなペース配分でやることが出来たはずだ。教会の移動のクライマックスで(スカルピアの後ろの行列のなかで、回転するセンサーがテンポを示している。)、ナヴァーロはゆっくり着実に移動させることをせず、あまりに早く盛り上げた。その結果、歌手たちは引き揚げること以外何もすることがなかった。Michael Smarttは他のアンジェロッティ役よりも朗々と歌った。イタロ・ターヨは再び軽妙なサクリスタンであった。アンドレア・ヴェリスは抑制のきいた、しかしはっきりとした卑劣なスポレッタ役をこなした。Matthew Dobkinは羊飼いの歌を甘く流した。舞台進行中エキストラを前屈みになったりまっすぐにさせたりするゼッフレルリの主張によってその効果は弱められてはいたが。事実いたるところで、このプロダクションは歌のない配役がドラマから気を散らさせる。第一幕の典礼の群集の場面は単に無駄使いだ。このプッチーニのスコアは、十分にぎやかで野卑なものが潜在しているので、監督は自分自身の主張に入れ込む必要はない。

 

人気blogランキングへ

Banner2_1 人気blogランキングへ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0022- エヴァ・マルトンのあご -1-

2006-07-19 00:45:14 | met

Forup1_1






19861020()

メトロポリタン・オペラ・ハウス

トスカの公演で事件は起きた。

タイトルロールのエヴァ・マルトンが第2幕で、スカルピア役のファン・ポンスにひじうちをくらいあごがはずれた。それでも歌い続けた。

22()のニューヨーク・タイムズは、フロントページにハロルド・ショーンバークの記事を載せ、音楽面にドナル・ヘナハンの論評を載せた。

ショーンバークは、この夜のことや過去の同じような事例、思い出話を書いてある。ヘナハンは通常通りのレビューである。

それにしてもショーンバークの読みやすい言葉に比べて、ヘナハンのはかなり疲れが出る硬い文体・表現だ。吉田秀和 対 吉井亜彦 みたいだ。

河童は月曜シリーズは持っておらず、あごのはずれる瞬間は見逃してしまった。この二人の論評に耳を傾けてみよう。

THE NEW YORK TIMES  1986
1022() フロント・ページ

Marton’s Tosca Down but Not Out at the Met

ノックダウンしたがノックアウトはしなかった。

By HAROLD C.SCHONBERG
 

「今はじめて。」エヴァ・マルトンは言った。「ボクサーがノックアウトされたときどう感じたかわかったわ。」

月曜夜、メットのトスカに出演中の国際的に有名なドラマティック・ソプラノはあごをはずされグロッギー状態になったが、彼女は’show-must-go-on’という伝統にそって、その役をうまくやり終えた。

バリトンのファン・ポンスのひじがマルトンのあごをとらえたのは、劇中の彼らの小競り合いのときだった。彼らは二人ともに大きい。マルトンは172センチ7.2ミリで強固。ファン・ポンスは195センチ5.8ミリでかなり重い。舞台でフロリア・トスカを追い回すスカルピア役のファン・ポンスのアクションは少し過剰であった。彼らは自分たちの役どころをかなりシリアスにとらえていたようだ。

‘A New Way of Singing’

「殴られたとき、なにかが起きたことはわかったわ。何か音をたてて割れたように思えました。」昨日の午後マルトンが話した。「(オー・マイ・グッドネス。) 独り言を言った。(口の開閉が出来ないわ。) しばらくの間は痛くもなかったの。でも、唇と口が反応しなかったのです。」

彼女の大変なアリア“歌に生き、恋に生き”が迫っていた。彼女はその歌を慣習通り床にうつぶせになりながら歌った。「母音の言葉づかいが良くなりました。」と彼女は言った。「それで、急に新しい歌唱法を考えつかなければならなかったのです。」

休憩時間に、彼女はこのまま続けるかどうか訊かれた。「わからないわ。わからない。」彼女は自暴自棄的に言い続けた。外科医である彼女の夫は診断をして、おそらく小骨が折れているだろうと思った。夫は彼女に演技を続けることに反対するようアドヴァイスした。指揮者のガルシア・ナヴァーロはそこではじめて彼女に何があったのかを知った。彼は2年前に車庫のドアが顔に当たってあごを怪我したことがあったのだ。

休憩で、予備出演者のパトリシア・クレイグが準備をした方が良いかもしれないと言われるまで、ナヴァーロは何が起きたかわからなかったわけだ。彼はマルトンのドレッシング・ルームに行った。「歌うわ。」マルトンはナヴァーロに言った。「もし私が歌うことをやめたとしても、指揮はとにかく続けて下さい。」彼女はやり終えた。ナヴァーロは敬意を表して言った。「私は彼女のことをとても賞賛する。」彼は続けて言った。「彼女は最後の幕はとても素晴らしかった。」

ナヴァーロが言うには、ポンスはかなり動揺していて、終わってからマルトンに遺憾の意を表した。

何故、マルトンは続けようとしたのか。

「私はこの役を2年間待ったの。」マルトンは言った。「私はトスカを世界中でたぶん140回ぐらい歌ったの。だからメトロポリタン・オペラでのトスカを諦めるわけにはいかなかったのです。それは、私が何年も望んでいたことだったし、全ての準備は出来ており待っている、今がそのとき。続けなければならない。馬鹿なことですが、続けなければならないのです。」

彼女は自分のキャリアでチャンスをつかんでいることを知っていた。もし骨が折れ、腱が伸びてしまっていたら、取り返しのつかないダメージが結果として残ったであろう。しかし、終幕ではハイCと声量を魅せつけた。

「全てが緊張しているときこそ、そこに大事なことがあるの。」彼女は言った。「痛みは必ずしも否定的なものではなくて、エリキサのように刺激的に振舞うことも出来るのよ。」

昨日の朝、マルトンはX線検査を受けた。骨折はなかった。医師にあごがはずれていると言われたが、自然にもとの位置に戻っていた。彼女が言うには、一晩中激痛が走っていて、起きたとき固形物は噛むことが出来なかった。午後、だるくてずきずき痛みがあった。

マルトンは土曜日にトスカを歌うことになっている。「夫が言うには、顔はたぶんそれまでに元通りになっているはずだ。しかし、私たちは見守る。金曜日まで歌唱はしない。歌うことが出来ると感じたらそうする。ですって。」

うつぶせの位置から歌う歌に生き、恋に生きのスタイルは、第一次世界大戦少し前、マリア・エリッチアのはじめてのウィーンでの歌から始まっている。プッチーニ自身そのプロダクションを見ている。ドレス・リハーサルでエリッチアは自分のガウンにつまづき床に転んだ。指揮者は既に拍をとっていたので、彼女はその伏せた位置から歌った。彼女が歌い終えたとき、プッチーニは舞台に駆け登り、「素晴らしい。素晴らしい。神からの授かりものだ。ここはいつもこのようにあるべきだ。」と言った。それ以来、ほとんどのソプラノはそのようにして歌う。

Sang in a Sling

マルトンの災難な出来事はどこのオペラ・ハウスでもたびたびおきている。以前、ばらの騎士において、不器用なオックス男爵への苛立ちでリーゼ・スティーヴンスがワイングラスを割る場面で、破片が目につきささったことがあった。それを取り除くためにルーズベルト病院へ駆け込んだ。うつ伏せのアクシデントほど目立ったものではなかったが、スティーヴンスは肩をはずしたこともあるし、カルメンのテノール役に押されて手を捻挫したこともある。スティーヴンスがビゼーのオペラで怪我をした唯一の歌手ではない。第一次世界大戦期のある公演の終幕で、カルーソがGeraldine Farrarを乱暴に扱ったため、彼女はカルーソを激しく叱りつけた。普段彼らはいい友達であったが、この出来事では、幕が降りたあと聴衆は彼らが大声で怒鳴りあっているのを聞いた。

Breath Control

公演が不快な方へ向かい、またコメディのようになってしまうのは、双方の歌い手がお互いに嫌がっているときである。ビルギット・ニルソンとフランコ・コレルリがプッチーニのトゥーランドットで一緒になったとき、彼らは決まってハイCユニゾンの長さを競い合った。コレルリはいつもニルソンより早く息が切れてしまっていた。ある公演でコレルリは激情にかられてニルソンをつかみ耳を噛んだ。

ニルソンは翌日、ルドルフ・ビンクに電話をして、今後の公演の歌は歌うことが出来ないと言った。「何故?」と、ショックを受けた興行主は訊いた。そして、「狂犬め。」

コレルリはいつも気が短かった。1958年ローマでヴェルディのドン・カルロのリハーサル中、コレルリは、ボリス・クリストフが自分に背を向けるようなアイデアが浮かんだ。彼は自分の剣を抜き、狂気の目でこのバス歌手に向かった。クリストフは身を守る為に自分の剣を抜いた。舞台係が彼らを分けるまで、本当に突き刺し、攻撃を交わすようであった。クリストフは指を怪我し出演から降りた。彼は戻るよう頼まれなかった。バス歌手は偉大なテノールより簡単に代替がきく。

メトロポリタン・オペラの記録で一番有名な平手打ち事件は1905ローエングリンでおこった。偉大なEmma Eamesとオルトルード役のKathie Sanger-Bettaque が第2幕で両翼に登場して言い合う場面である。Eamesは特に冷静であり、演技面で決して過剰な振りをしないコントロールのきいた歌い手であった。彼女には激情が欠けていたと想像される。しかし、Sanger-Bettaqueが言うには、何かが彼女を激怒させ、平手打ちをくらった。そのあと突然Sanger-Bettaqueを訪れたレポーターたちに言葉が行きかった。だがレポーターたちの期待にそう言葉ではなかった。彼女が言うには、「でも、私はマダムEamesから激情の名残を見てうれしかったわ。」

人気blogランキングへ

Banner2_1 人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加