《河童》の旅メモ

   ちょこっと東京

ちょこっと東京「浅草寺のお話し」

2017年07月27日 | Weblog

飛鳥時代の話。この辺りに住む漁師の兄弟が網にかかった仏像を町の長に見てもらったところ、
観世音菩薩とわかりお堂にお祀りしたのが始まり(秘仏)。
また「観音さま示現の日(菩薩が現れる)一夜のうちに千株ほどの松が生じ、
三日過ぎると天から松林に金の鱗を持った龍が下った」とされており、
後に山号「金龍寺」の由来になった。と言うのが浅草寺のHPに。
よくある起源の話である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょこっと東京「ここはかつ... | トップ | ちょこっと東京「焼失はしな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL