《河童》の旅メモ

   ちょこっと大阪

古今和歌集にある滝

2016年10月11日 | Weblog

奈良県天理市・布留川の上流にある落差23㍍の「桃尾の滝」。
古今和歌集において後嵯峨天皇や僧正遍照(桓武天皇の孫)が「布留の滝」と詠んだ滝と言われている。
石上神宮の元宮とも言われており毎年7月の第三日曜日には、石上神宮による滝開きの神事がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらがなの自治体にある滝 | トップ | 逃がした魚は大きい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL