《河童》の旅メモ

   ちょこっと東京

ちょこっと東京「道具って面白いっ」

2017年06月17日 | Weblog

パニクッてしまったが、無事に部屋に入ることが出来てた。
慌ただしく見学をした今日の東博見学を振り返ってみる。
一番印象に残っていたのは、初めて目にした古墳時代6世紀に群馬県の古墳から出土した「鉄鋏」だった。
刃の部分は後付けされているが現代の和バサミの原型だろうか。
鉄の反発力を利用した「バネ」の応用は1500年以前にあったのだ。何かの本で読んだが、
「鑿(のみ)」は青銅器時代、鋸は約1500年前のエジプトの遺跡から発見されている。
1543年に火縄銃が種子島に入ってきたとき日本には「螺子(ねじ)」の概念がなく同じ物が作れなかったとか。
螺子はワインのコルクの栓抜きから発展したが、ナットはまだなかったとか。
以外なのはボタンの発明は13世紀と言われている。
「人類は道具を作り、使いこなし、さらに発展させる能力を持ち、
これによって複雑な文明を形作ってきた(Wikipedia)」。
必要があって生まれた道具って面白い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょこっと東京「オートロッ... | トップ | ちょこっと東京「転ばぬ先の杖」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL