碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

夏に比べたら(笑)豊作といえる「秋ドラマ」

2016年10月31日 | メディアでのコメント・論評


産経新聞の取材があり、「秋ドラマ」について解説しました。

ヒロイン話題 豊作の秋ドラマ

地上波テレビの秋の連続ドラマが出そろった。テレビ朝日系が「相棒」「ドクターX」といった人気シリーズの新作を放送する一方、日本テレビ系「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」やTBS系「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」など、キュートでデフォルメ感のあるヒロインを描いたドラマが話題を集めている。季節の通り、ドラマ界も「実りの秋」を迎えているようだ。(三品貴志)

 ■ファッションに注目

 日テレ「地味スゴ」(水曜午後10時)は、出版社の「校閲」をテーマにしたお仕事ドラマで、石原さとみがおしゃれ好きでポジティブなヒロインを好演している。

 同局によると、初回(5日)はリアルタイム視聴率12・9%、タイムシフト(録画)視聴率9・7%。第2話(12日)はリアルタイム11・2%、タイムシフト10・1%と推移し、リアルタイムでも録画でも好調を維持している。

 日テレの同じ枠では7月期、北川景子主演「家売るオンナ」が放送。同じ「お仕事もの」の好調な流れを引き継いだことに加え、「地味スゴ」では、1話の中でめまぐるしく変わる石原の豊富なファッションに視聴者の関心も集まっているようだ。

 ■「恋ダンス」話題に

 一方、TBS「逃げ恥」(火曜午後10時)は、男女の奇妙な契約結婚生活を描いたラブコメディーで、新垣結衣と星野源が、互いにどこかズレた“夫婦”役を好演。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、出演者が踊りを披露する通称「恋ダンス」がSNSなどを通じて話題になり、無料見逃し配信での再生数が110万回に達した(「TBS FREE」「TVer」「GYAO!」の合算)。

 また、同局によると、初回(11日)のタイムシフト視聴率は10・6%で、リアルタイム視聴率10・2%を上回った。編成幹部は「以前もミステリーなど複雑な構成のドラマは録画でじっくり見られる傾向があったが、『逃げ恥』のようなライトコメディーでは初めての経験」と驚く。

 ■「今期は豊作」

 上智大の碓井広義教授(メディア論)は「今期のドラマは豊作」とした上で、TBS「逃げ恥」について「現状で今期のナンバー1。キャスティングが絶妙で、男女の奇妙な同居生活を新垣さんと星野さんが生真面目に演じることで、コメディーでありながら、不思議なリアリティーとスリリングさが生まれている。今まで見たことのなかったものを見たような『出現感』のあるドラマ」と称賛する。

 また、碓井教授は、「逃げ恥」や「地味スゴ」のヒロインの魅力を「よく練られたせりふや脚本、そして自在な演出が下支えしている」と指摘する。例えば「地味スゴ」では、題材となった校閲の文字が画面上に縦横無尽に登場。「逃げ恥」では、「情熱大陸」や「サザエさん」などテレビ番組のパロディー演出も目立ち、登場人物のひねくれたやり取りが笑いを誘う。


 ■バラエティーに富む作品群

 一方、今期はテレビ朝日が「相棒シーズン15」(水曜午後9時)、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(木曜午後9時)などの人気作を放送し、高視聴率を獲得。定番の強さを発揮している。

 また、フジテレビは亡くなった平幹二朗さんも出演していた月9「カインとアベル」(月曜午後9時)や、学校給食をテーマにした天海祐希主演「Chef~三ツ星の給食~」(木曜午後10時)など幅広いラインナップ。テレビ東京は、市川海老蔵主演の時代劇「石川五右衛門」や、カルト的人気を誇る「勇者ヨシヒコと導かれし七人」などを編成し、異彩を放っている。

 作品のジャンルもいつも以上にバラエティーに富む今期。視聴者の好みが分散している傾向をとらえているともいえるが、中盤から後半にかけて化けるドラマが出現するかもしれない。

(産経ニュース 2016.10.30)
『テレビ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ついにやったね! 祝!! ... | トップ | 「家族」をキーワードに、「... »
最近の画像もっと見る

メディアでのコメント・論評」カテゴリの最新記事