碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

ギャラクシー大賞を受賞した、Nスペ「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」とは!?

2017年06月02日 | 「ヤフー!ニュース」連載中のコラム



6月1日、放送批評懇談会が主催する、第54回「ギャラクシー賞」の贈賞式が行われました。

この日に発表された、テレビ部門の「大賞」に輝いたのは、NHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」でした。


日本人警官はカンボジアでなぜ“戦死” したのか?

NHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」が放送されたのは昨年の8月です。扱われていたのは、1993年5月、カンボジアでPKO(国連平和維持活動)に参加していた日本人警察官が殺害された事件でした。

当時、カンボジア内戦の停戦を踏まえ、UNTAC(国際連合カンボジア暫定統治機構)の主導で民主的選挙が実施されました。この時、日本政府は自衛隊と警察官を派遣します。戦闘は停止されていたはずでした。

しかし、警察官たちはポル・ポト派とみられる武装ゲリラに襲撃され、高田晴行警部補(当時33歳)が命を落としたのです。

この番組では、生き残った警察官たちが、23年を経て初めて「何があったのか」を証言していました。彼らが体験したのは、停戦合意も戦闘停止も単なる建前に過ぎず、自分たちが標的となる“戦場”だったのです。

しかも当時、UNTACも日本政府も、この事件をポル・ポト派の仕業とは認めませんでした。あくまでも「正体不明の武装集団」であるとしたのです。また、この事件の後も、「要員の撤収も考えない」と明言しました。

番組で初公開された、現地で撮影された映像や警察官の日記は、カンボジアPKOの実態をよく伝えていました。戦うために行ったわけではない高田警部補ですが、その死は、まさに“戦死”だったのです。

戦後の安全保障政策は、現政権下で、すでに大転換を遂げています。“戦死”が特殊な出来事とは言えなくなる社会にならないためにも、今、私たちが23年前の“真相”から学ぶことは、とても多いと思います。

今回の受賞を機に、この番組があらためて再放送され、多くの人に視聴してもらうことを願います。それは高田警部補に対する、ささやかなご供養にもなるはずです。
『テレビ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« オトナの男が楽しめるハード... | トップ | 産経新聞で、「2時間ドラマ... »
最近の画像もっと見る

「ヤフー!ニュース」連載中のコラム」カテゴリの最新記事